スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 生命の重さ

2007-04-29

何年か前『人間の命は地球より重いんです』と言った人がいましたが、私は頭の中に?マークがポコポコ湧きまくったのでした。
その背景には学校のイジメ問題で人を死においやったり、自殺したりという問題があったので言った人の気持ちはわからなくもなかったですが(冷静さを欠いた、錯乱した言葉だな…)と思いました。
そりゃ人を死に追いやるのは断固許せんけれど、単に極端な言葉にしか聞こえなかったのです。
冷静に事実を考えれば人間の命は地球より尊いものとは思いません。
地球は万物の生命を生かして存在する、すべての生命にとってなくてはならないものです。
でも、人間は地球は自分たちだけのものと考えて、好き放題にしてきました。
環境破壊に気づいてもそれを止めることも出来ないで、他の生き物ばかりか自分たちまで窮地に追い込んでいく進み方をしていると思います。正直に言うと私の目には人間が地球上で今一番愚かな生き物に見えます。勿論、人間は好きです。
好きだけど、せめてもう少し万物の霊長らしい振る舞いができないものかと歯がゆい思いをします。
すべての生物の頂点に立つ者の態度ってものがあるだろう…と考えてしまうのです。
一国の王様が自分が一番偉いのだからと、ふんぞり返って他人の迷惑顧みず好き放題したらどうなるか。
一会社のトップが社員の日頃の努力も顧みず好き放題したら、その会社は発展できるのか…。


どんな生命も他の生命の犠牲の上に成り立っています。
肉食獣は草食獣を食べ、草食獣は植物を食べ、植物は朽ちた生物や光を栄養に育ち、そんな風にしてすべての生物は他の生物に支えられて存在しています。それを単に弱肉強食という一言で表現してしまうと自然の姿は正しく伝わらないと思っています。
別の表現をすれば『与えあい』とか『支えあい』とかの言葉になるでしょう。多分そんな言葉だときれい事にしか思えないという人もいるだろうと思います。
確かに目に見える様子では奪い合いにとれる。でも、どんな獰猛な猛獣でも満腹の時は草食動物を追わないのです。昔TVで見たのですが、満腹のライオンをガゼルがからかっている姿が撮られていました。
ガゼルはライオンが満腹で動けないのを知っていて、わざとライオンのそばまで行き、挑発するような態度すらとるのですがライオンは見向きもせず、ただチョロチョロするのがうるさいので苛立ちを声にするだけです。その時はガゼルもピョンと後ろに跳び退るのですが、またからかうようにちょっかいを出す映像でした。
それを見て『ああ、こんなお調子者人間にもいるよな~』と思ったのでした。


ちょっと話はハズレるのですが、私が17~8歳の頃、ある日突然『私が生きているうちに天変地異は起こるな…』と思った時がありました。
別にそのようなことを特に考えていたということもないのです。
ただ突然湧いてきたのです。
そして、それをキッカケに考えたのでした。
『人類は滅亡するのだろうか?』するとなぜか心の中から答えが返ってきます。
滅亡はない)そのニュアンスでは1/3程度は助かる感じでした。
『その時、私は生き残れるのだろうか?』
……………)何も返ってきません。
『その時まで私はどうしたらいいのだろう?』
一生懸命生きることだ
その一生懸命生きることという言葉の中には多くの意味が一緒くたになっていて、要約すると自分がその時仮に死んでしまっても、生き残ってもどちらにでも対応できるように生きろということと、決して生きることを諦めてしまってはいけないが、死が決した時にはこの世にしがみつくなという感じも一緒になってでてきたのでした。
いわゆる自問自答ですが、後々になってからこの自問自答はちょっとおかしい…と気づいたのでした。まるで誰かと喋っていた感じ。
でも最近はめっきりなくなってきましたが、幼少時から折にふれてあったことなので、その時には変とも何とも思わなかったのです。
一応自分から出てきたものではありますが、ここには教訓が含まれています。

最後まであきらめてはいけないけど、死が決したらこの世にしがみつくな。

これ、野生動物が行っている姿と同じだと思っています。
まさに肉食獣に襲われて死に臨む瞬間の草食獣。
諦めるのとはまた違う死に臨む姿。
人間のように『恨む』もなし。『自分を憐れむ』もなし。
大いなる運命に自ら従う瞬間。
肉食獣も苦しみを長引かせはしません。急所を狙って苦しみは一瞬ですむようにしています。

だから私の目には自然界は弱肉強食とは映らないのです。
今一番弱肉強食をしているのは人間だけです。
昔の人は食べ物に感謝するようにと教えてきました。
日本では食べる前に「いただきます」と言うように今でも小さい子には教えます。その「いただきます」の意味を教えたら、もっと他の生物に対しても、人間動物を問わず生命というものに対しても認識が違ってくるのではないかと、よく考えます。
日本はもともとは自然と密接に関わり合ってきた民族で、それが八百万の神を信仰する土壌となったともいいます。
自然への畏怖の念が感謝の心が、あらゆる存在物に魂を認め手を合わせる姿へと自然に発展していったのだろうと想像します。
「いただきます」はそのなごりでしょう。

「人間の命は地球より重い」なんて言葉はいりません。
せめて他の生命と同じ重さだと教えてほしいと思うのです。
どれ一つ欠けてもバランスを失う、互いに支え合って存在するものだと。

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちわ♪
地球より重いですか。私も??です。
地球が無ければ何も産まれなかったですし、何も生きてはいけないから。

私もミッチョンさんと同じような考えですが、死が決まってしまったら…怖いし、何かを怨みながら死んでいってしまうかも知れません…。

私は人間が嫌いです。でもいないと困ります。それは私が人間だから。
人間は間違った進化をしたと思っています。本当なら、知識や器用さで地球を守っていく役割があったのではないかと考えるからです。
でも、今の人間は自分の生活の「楽」を考えてばかりな気がしているからです。
それは私も同じで…。

いただきます。ご馳走様でしたは大事な言葉です。
今学校で給食を食べるのにいただきますを言わせない親がいるそうです。給食費を払ってるんだから感謝の気持ちなんて必要ないと思う親がいるそうです。とんでもないことで、いただきますの意味を間違えてるでしょうね…。

話がずれていきますが(すみません)ベジタリアンと言う人も、命を奪っていることに気づいて欲しいです。
草木も生き物であることには違いないのですから。

☆ラピスさん

コメントありがとうございます。
こういった内容のものは難しい問題ですし、私もまったく自分が正しいと確信していることでもないのでコメントを頂くのは無理な話題だなと思っていたので嬉しかったです。
また「死が決したらこの世にしがみつくな」も私自身そうできる自信ありません(笑)
その時に自分が実際にはどうするかわかりません。
私自身の感覚ではあれは私の考えではなく誰かに教えられた考えです。ただ、そう出来たらいいなとは心から思っています。
それから、エヘへ、私けっこう人間コキ降ろすけど(ここにはあまり出してませんが)、やっぱり人間好きです。好きだからコキ降ろしてしまうって方が強いです。自分も人間だし、自分もこの文明を享受しているので偉そうなことは言えないけど、人間は確かにすべての生物の頂点には立っているんだと思うんです。
そして破壊する力と同じだけの創造する力も持っているはずで、だから人間以外の存在に対しての見方を変えることがもしも出来たなら、文明の流れも変えていけるだろうなとか思ったりしてしまうんです。
自分では何もできないのにね。
それから、そうです。植物にも生命があります。
命を貰ってないと考えるのは間違ってると思います。はい。

追記:
ひとつ忘れてました。
学校での給食で「いただきます」を言わせない親がいるって本当ですか?
給食費を払ってるからって?
いったい自分の子供をどんな人間に育てようとしているんでしょう?
昔仕入れたネタなので今はどうか知りませんが、アメリカでは親がわが子に〝Say, thank you.〝「ありがとうと言いなさい」〝Say,please〟「どうぞと言いなさい」と、小さいうちから教えるということでした。
つまりは感謝の心と譲り合う心を親が子供に伝えていたのです。日本でも昔はそうだったはずなんですが…。
お金払ってるんだから「いただきます」と言う必要がない…?
子供が我心からそう考えることはあるかも知れないけど、そう教えてしまうってのは…びっくりです。
その子供には博愛精神なんて育たないんでしょうね。
隣人愛もあやしいな。人と人のきずなを断ちきる教育ですね。子ども自身がおかしいと気づかなければいけない。難しい…。

話はずれるかもしれないけど。。。うちの養父はありがとうをいいません 夜中私が骨折したとき病院に迎えに来てくれたので『 ごめんな ありがとう 』って言うと『 親子やねんから当たり前やろ!いちいち言わんでええ! 』って言われました 言ってることはわかるんだけど??????なのです そこの家系はどうやらそうらしい。。。おばあちゃんを病院へつれていっても『 当たり前 』なので知らん顔 夜勤で一睡もしてない私がやっても孫だから当たり前。。。 実際そんな人間が増えていると思います やっぱり親のしつけってそんなところにでるんでしょうね。。。

☆りっちへ
りっちのお養父さんの場合は教育問題とは違ったものを感じます。どちらかというと日本人に深く染み込んで、あるとさえ気づかない情のようなもの。
心の中に有難いと思う気持ちがあっても、あえて伝えることを良しとしない堅くなさ、またそれをあえて言われた時の恥ずかしさ…外国人がシャイと表現する日本人特有の感情表現みたいな気がします。
古い人間ほど感情や心の思いをなぜか出さない傾向があります。私は気だけは若いので、そこんとこの内面的なものがよくわからなくてイラ~ッときてしまう方ですが、そんなシャイさが一応はわかる年になってしまいましたね~~~。
日本人には『言わなくても解る信仰』があると昔は思っていましたからね。言われないと解らない私は随分このテレパシー能力を試されてるような言葉に反発しましたけど。
つまり、教育(子供の行く末)より今の自分たちの関係に重点がいってるんだと思います。

最近のトラックバック

C-PREVIEW

ブログ内検索

RSSフィード

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
★★お願いします★★
ペットショップ廃業に伴い保護されていた犬猫たちもボランティアさんの尽力で病院で治療を受け、引き取り先が見つかり、残るは2匹ということですが、その後も色んな不幸な動物たちを保護して活動されています。 単に「好きだから」では出来ないことだと思っています。 良かったら応援してあげてください。 http://ameblo.jp/inunekodaisuki/ それから、これも…
同盟バナー猫ミニ動
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ONE Click 募金
ワンクリックであなたも募金が出来る!(厳密にはTWO Click←笑)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
☆☆ お知らせ ☆☆
当ブログでは、コメント欄への本文と関係のない文・広告等を禁止しております。アダルトサイトへのURLと思しきものが記載されているコメントやトラックバックは、見つけ次第当方にて削除致します。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
左サイドにワンクリック募金を設置しています。良かったらご協力ください★★★★★下の方でブログペットのyukiが、遊んでほしがっています。お時間があったら相手してやってください。覚えた言葉を披露するのが好きなようです。たまに俳句をひねります(笑)★★★★★もう一つブログをやっています。(リンクの中のspring outです)通常の記事は物語。メンバーになると限定記事が読めます。限定記事は主に………ウヒャヒャヒャヒャ(*⌒ヮ⌒*)ゞ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

celesty

Author:celesty
精神年齢5才と17才と35才を駆使して生きてる半端者です。

うっき~☆おみくじ
『おみくじを引く』をクリックしてください。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミュ~&マオは今いくつ?
ミューの誕生日は2008年9月17日♡マオの誕生日は2009年5月17日
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキング

人気blogランキングへbanner_02.gif

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。