スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 天使のあなたと悪魔のあなた(心―補足①)

2008-10-11

じつは今もちょっと、まずい詩をアップしてしまったと…ほんのちょっぴり思っています(//▽//)
そして多分そう思っている方が「悪魔の私」でしょう(笑)
こっちはだいたいいつも尻込みしまくりなのです。つい後ろ向きになりますし、隙あらば逃げようとします(爆)
で、脳天気に『誰かの役に立つかもしれないんだから行くぞー!』とやる気満々の方が「天使の私」…だろうなと思っています。こっちは脳天気すぎて先のことなど何も考えてません(爆爆)
なんというか、どっちも必要で大事な自分自身である以上、「天使」「悪魔」「良い」「悪い」で形容するのは本当は違うな~というのが今現在の自分の心の中を見た感想になります。(どっちにもそれなりに長所・欠点がある…気がする)
でも一見、そう見えるものでもあるんですよね(笑)

一体どこから話したらいいんだろうか…といろいろ考えました。
心の中に起こる現象を語るのは私には荷がかち過ぎていると思う反面、「伝えたい」と騒ぐのもいるので、本当にゆっくりと語っていく方がいいだろうなと思います。
で、そもそもの初めからしか上手に語る術が見つからんな~~~と思うので、真剣に自分の心と向き合い始めた頃から、心の中に見えてきたものについて書いていこうかと思います。
かなり抽象的になるかも知れませんが、見えたまま、感じたままを書いていこうと思います。
いや、心の中って摩訶不思議だと思います。(あんただけだというツッコミはなしでお願いしますw)
子供のころから内向していたため、わりと内省的ではありましたが、それでもきちんと自分の心を統御していこうとするようになったのは、20代半ばぐらいだったと思います。
当時はいろいろな悩み事を抱えていて、いつも何かを探していました。
そんなときに叔母に勧められて読んだ数冊の本が、なにかしら心に引っ掛かりました。
そこに書かれていたことを信じるのは「怖い」と、一瞬思ったのです。
なぜ怖いと思ったか…それは、それまで自分が当たり前として受け止めていたものが根本からひっくり返ってしまうと思ったからです。
この世を去った世界があり、人は魂修行のためにこの世に生まれ出て、やがてはこの世を生きた記憶だけを持ち帰る…。
「すべて」だと思っていた自分が立っているこの世が、修行のための仮の世であって自分が存在するべき本当の世界が別にある……何かが足元から崩れていくような、そんな怖さがありました。
それなのに、その本の中で語られている あの世の次元構造 の所を読んだとき『これ知ってる…』と思いました。
なぜ『知ってる』と思うのか分からないのに、その次元構造の部分だけが私の中では当たり前のことのようにというか、まるで最初から私の中にあったかのようにスンナリ定着してしまったのです。
それもあって、自分が今まで当たり前としてきたことは本当は違っていたかも知れないと考えるようになりました。
少なくとも否定すべきではないと思ったのでした。
そのこととどれかの本にあった『原因があるから結果がある』という一文。
今、私が信奉しているところでは縁起の理法と言われていたと思いますが(専門用語にうとい)その本の中では何と言われていたか…忘れてしまいました苦笑
ただ、その時に初めて真理というものに触れたのでした。
当時本当にいろんなことで悩んでいたので出口を探したかった私にとって『原因があるから結果がある』という一言は頭について離れない言葉となりました。
そこの本は10冊ぐらい読んだでしょうか…。
心にとって何が毒になるのか、わりと平坦な言葉で書かれていたと記憶しています。
責め・憎悪・嫉妬・愚痴・傲慢・自己卑下…いくつか並んでいました。
そうしたものが自分の心にあるかないか見る。あったなら、なぜあるか原因を探し出す…そうしたことからスタートしました。
その当時から未だにきちんと抜け切っていないものがあるとしたら私の場合は「自己卑下」です。
少なくとも心の半分にはそれが、まだ油断すると蔓延ってきます。
当時は「責め」もありました。いろんなものを責めていました。
愚痴もよく言ってました。
「責め」については、無理に責めることを抑えるのではなく、なぜ責めてしまうのか ということを考えます。
そして、どうしたら責めないですむようになるか考えます。初歩的な反省でしたが出来るだけ自分の心を整理していきました。
きちんと整理できてきたら自然と愚痴は言わなくなります。
救いは「憎悪」と「嫉妬」と「傲慢」と思えるものは見当たらなかったことでしょうか。
「責め」は沢山ありましたが、それはどれも突きつめていくと全部、愛情の裏返しでした。
心が素直でないために、ねじくれていたのでした。
そんな風にして日々、自分なりの「反省」の真似ごとをするようになりました。
『原因があるから結果がある』という一文は反省にとても役立ちました。
「今自分にとって好ましくない現象が起こっているとしたら、それにも原因があって、その原因の部分を取り去らないと解決しない」当時、そのように解釈して始めたのでした。
そうすることは自然と自分の心を掘り下げていくことに繋がったのです。
心を掘り下げてくということは「自分を知っていく」ということでもありました。
本当の自分を知っていく旅――そんな風に思いました。
ねじくれているものは真っ直ぐに、なるたけ素直な自分の思いを拾っていくこと、そんな感じでもありました。
私は自分の心の中にあるものを出来るだけ有りのままに受けとめようと思いました。
時には自分の心の中に怪物のような醜いおぞましいものが見え、気持逃げかけましたが(笑)踏ん張って、その醜いものも自分なのだと受け止めることにしました。
それだけが自分のすべてではないと自分に言い聞かせながら(爆)

瞑想中
この写真は本文とは関係ありません(`・ω・´)




そうしているうちに心の中で、ちょっと不思議なことが起こりました。
自分の心の中を観ていくと宇宙空間の中にポッカリと丸いものがある感じがするのですが、その丸いものは一つだとずっと思っていたのです。
ところがある日、二つに分かれてしまったのです。
しかも心を掘り下げている最中ではなく、繁華街へ遊びに行って道を歩いてる途中に、です(笑)
(な、な、なんだ?)と思いましたが、もともとちょっと(あれ?)と思うことが子供のころからあったので、(あとで考えよう)になりました(^^ゞ
道歩いてる時だったし、しょうがありません。
ただ気になって歩きながらも心の目は内面へ内面へと向いていました。

それまでも(私にはいつも本音が二つある!)と、ずっと思ってきましたが、なるたけ自分が正しいと思う方を選択してきました。
たとえそれが自分にとって不利になったり、苦しかったりすることでも、正しいと信じることを出来なかったら自分を好きでいられなくなる。
それは自分がもっとも恐れる方向だったのです。
自分をどうしても誤魔化すことが出来ない。
自分を騙すことだけは出来ない。
苦しいものは苦しいし、嬉しいものは嬉しい。
好きになれないものは好きになれない。
振りをすることはできても長続きしない。
そんな風だから自分を罵倒せずにいられない時は本当に苦しいです。
だから、半分以上しり込みしていても、そっちが正しいと思うならそっちへ行くしかなくなるのです。
そうこうしているうちに、もともとはどんな風に心の中にあったのかは知らないのですが、一つに見えていたものが二つに分かれちゃったのです。

「天使の自分」と「悪魔の自分」、単なる比喩ではなく心の中には物理的に(と、言っていいんだろうか…)存在していたようなのです。


                                  つづく \(´・ω・`) 人(´・ω・`) 

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい記事及び詩の数々にどこにコメントしようか悩んじゃいました~!
暫くバタバタしていて来てみたらもう智慧の宝庫~♪

自分の中には両極端の自分といぅのが必ずいますよね。
どちらに傾いてもバランスが取れない・・・。
そして心といぅのはその針を中心に保とうと努力しないとどうしてもどちらかに傾きがち!
そのために反省といぅ方法があるのでしょうね。
自分の魂の方向性を知るといぅのは難しいけれど、
一生を通じて淡々と行っていくべき最低限の事なのでしょう。
私も浮き沈みしながらも天上目指して中道を探りながら旅していこうと思っています。
お互い助け合いながら一緒に登っていきましょうね。

素敵な詩2本感動しました。
ミッチョンさんって本当に素敵な詩を書かれますよね。

yukoさん

コメントをありがとうございます。
まだまだ発展途上にあるので、本当はこんな話はあまり書かない方がいいのではないかと思いつつ、書いてしまいました(笑)
詩に書いてしまったとき「これでは足りない」と思ってしまったのです。
なんとか外れたことは書かずに済んだかな…と今はホッとしています(爆)

>自分の中には両極端の自分といぅのが必ずいますよね。
どちらに傾いてもバランスが取れない・・・。
そして心といぅのはその針を中心に保とうと努力しないとどうしてもどちらかに傾きがち!
そのために反省といぅ方法があるのでしょうね。
自分の魂の方向性を知るといぅのは難しいけれど、
一生を通じて淡々と行っていくべき最低限の事なのでしょう。

本当にそうですね。でも、こうしたことも、やはり真理の学びなしには傾いていることの何が悪いのか、わからないのだと思います。
自分の心のあり方が現実に形となって自分に降りかかってきたときに、初めて考えるのですが、正しい心の基準がわかってないと経験による判断も誤ることがあるのですよね。
それにあまり傾きが激しいと一度では真っ直ぐにならない(経験者は語る・笑)。
だから普段からの反省が大事なんだと改めて思いました。

>お互い助け合いながら一緒に登っていきましょうね。

はい。これからもよろしくお願いしますね。
何しろ油断すると後ろ向いてることがあるので(爆)yukoさんやMegiさんのブログで学ばせていただけることが沢山ありました。
いつか出会えるとは心のどこかで思っていましたが、私は超ラッキーだと思います♪



最近のトラックバック

C-PREVIEW

ブログ内検索

RSSフィード

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
★★お願いします★★
ペットショップ廃業に伴い保護されていた犬猫たちもボランティアさんの尽力で病院で治療を受け、引き取り先が見つかり、残るは2匹ということですが、その後も色んな不幸な動物たちを保護して活動されています。 単に「好きだから」では出来ないことだと思っています。 良かったら応援してあげてください。 http://ameblo.jp/inunekodaisuki/ それから、これも…
同盟バナー猫ミニ動
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ONE Click 募金
ワンクリックであなたも募金が出来る!(厳密にはTWO Click←笑)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
☆☆ お知らせ ☆☆
当ブログでは、コメント欄への本文と関係のない文・広告等を禁止しております。アダルトサイトへのURLと思しきものが記載されているコメントやトラックバックは、見つけ次第当方にて削除致します。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
左サイドにワンクリック募金を設置しています。良かったらご協力ください★★★★★下の方でブログペットのyukiが、遊んでほしがっています。お時間があったら相手してやってください。覚えた言葉を披露するのが好きなようです。たまに俳句をひねります(笑)★★★★★もう一つブログをやっています。(リンクの中のspring outです)通常の記事は物語。メンバーになると限定記事が読めます。限定記事は主に………ウヒャヒャヒャヒャ(*⌒ヮ⌒*)ゞ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

celesty

Author:celesty
精神年齢5才と17才と35才を駆使して生きてる半端者です。

うっき~☆おみくじ
『おみくじを引く』をクリックしてください。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミュ~&マオは今いくつ?
ミューの誕生日は2008年9月17日♡マオの誕生日は2009年5月17日
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキング

人気blogランキングへbanner_02.gif

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。