スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 与えること

2008-07-21

わかってほしい

愛してほしい

振り向いてほしい

察してほしい

ほしい

ほしい

ほしい

ほしい……

そう思い続けていた間

心はどんどん乾いていった

カラッカラに乾いても

まだ、どんどん乾いていって

胸が締め付けられ

心の痛さが止まらない


望んでも得られないなら

何も望むまい

そう決めた後でさえ

渇きは止まらなかった

なぜなら

そう決めた後も

望む気持ちを

ただ 抑え込んでいただけで

本当は望んでいたから…


知らなかったんだ

宇宙の真理

知らないところで流れている

自然の法則


不思議だけど

与えることで与えられる

求めるだけでは痛みはとまらない

知らなかったけど

ある時本当に偶然に見つけた


望んでいる場合ではなく

今はもう与える側だと考えたとき

それを心から納得したとき

望む気持ちが止まった

そうしたら

心が自由になって満たされた

初めて心の痛みが止まって

穏やかになれた

不思議だと思った

不思議だと思ったけれど

ずっと長い間

自分は逆のことをしていたのだと知った

神様が作った世界は巧妙だ


巧妙だけど

愛することで満たされる

愛は別のところから与えられる

不思議な仕組み


みんなが一つになれる可能性を

与えられていると思った








ここからは、アニメ『エヴァンゲリオン』を知っている方だけ、分かる文章です。
最近ちょびっとアニメにもハマり込んでいまして、とうとう「エヴァンゲリオン」も観てしまいました。
見終わった後、レビューを読むと感想が見事に分かれている稀有の作品だと思いました。
宮崎駿氏の論評も手厳しかったようです。

私個人の感想もハマるというわけにはいかなかった。
主人公の心の葛藤はわかるし、怪物のように自分の上に君臨する父親を慕いつつ憎む心境もとてもよくわかるけど、映画版を観たところで人類補完計画がなんとも陳腐なものに感じてしまったのです。
どうやら物語のベースには旧約聖書がからんでいるようで、言うなれば最後、主人公のシンジがアダムの役割を担うことになったのだなと思いました。
その人類補完計画をゼーレという組織が自分たちの崇高な使命とともに推し進めたわけだけど、深読みすると、どうやらシンジの父は自分がアダムになるつもりでいたような気もする。
人類補完計画そのものが、とても陳腐なものに見えるので誰がアダムになろうと同じって感じですが、とてもとても気になったのはエヴァンゲリオンという作品全体の根底に不信と憎悪を感じてしまうこと。

この作品を見て『大変良かった』と評する人の多くは、この作品を通して心の内面を見るようになったということを挙げています。
それ自体は良いと思います。たまには自分の内面を検証することは大事です。
ただ、確かに心の内面の一部分は『これでもか!』というぐらいに表現されているのだけど、心の宇宙という観点から見ると、それは点でしかない『部分』だと思いました。
その『点』だけを見て『これが人の本性だ』としてしまったら、人を心から愛することなど、とうてい出来ないだろうと思いました。
私から見れば心の領域の狭い狭い袋小路に入り込んで抜け出し方が分からずにもがいてる…そんな風に見えました。
主人公のシンジがそこでもがいてる分にはかまわないのです。
14歳で、まだわからないことだらけで、過酷な戦いを強いられて、自分の方向性を模索する年齢ですから仕方ないかと思える。
大体において背景は南極の氷が溶けて人類の多くが命を失った後の世界なので、ほとんどの人間が何らかの痛みを背負っている世界です。
親がいなくても当り前な感じだし、使徒という正体不明の怪物が襲ってくる世界なので子供でも戦わなければいけない時は戦わなければいけない。
実社会でもかつて、そんな時代がありました。
でも実社会でのかつての若者たちはシンジのように脆弱ではありませんでした。
子供なりに状況を理解し、自分がなすべきことを考える者が多かったからです。
でも、中にはシンジのような子供もいたでしょう。
それはそれでいいのです。

とてもとても気になったのは「作者のモノの見方」でしょうか…。
まるで分厚いビンの底のようなメガネを通して世界を見ている…と思いました。
分厚いレンズではないのです。
ただの度のない分厚いビンの底です。
見るもの何でもが歪んで見えるし、綺麗なものも綺麗には見えない。
『点』をすべてだと思い込むと、そんな見え方になるでしょう。
仏教で『象のたとえ』というのがあるのですが、目の見えない人が数人で象の体を触りながら「これは何ですか?」と問います。
ある人は象の足を触って、ある人は象の鼻に触れて、ある人は象の体に触れて同じ問いをするのです。
そして教えられた答えは「それは象です。」
しかし教えられた方はいろいろな感想を持つのです。
「象というのはクネクネしている。」「象というのは大きくて両手にも余る。」「象というのは太くてゴツゴツしている。」
尻尾を触った人なら「小さくてパタパタ動く。」になるでしょうか。
この通りの話ではありませんが、一部を見て全部だと思い込むということのたとえであったと思います。

だから、この作品を見た人が普段積極的に見ようとしなかった自分の内面のとある部分を認識できたとしたら、それは良かったかもしれないなとは思うのですが、心の未熟な人がというか…ちょうど、この作者と同じようなものの見え方をしている人にとっては、どうなのだろうかと考えてしまうのです。

この作者が人を信じたり愛したりできるのか心配になってしまいました。
絵的には大変完成度の高い作品で、最初はワクワクして観たのですが、最後の方は使徒がどっから来たのかも不明なまま、人類補完計画が遂行されてしまったので、私は使徒もゼーレが仕組んだのか? とか思ってしまいます(笑)

で、上に書いた詩は、この作品に対する私なりの答えとなります。
要するに、人類補完計画は必要ではないよ! と(笑)


(ここからちょっと継ぎ足し)
人類補完計画というのは、観た結果から言うと新しいアダムとイヴになるべきシンジとアスカという両名を残して、後の人間をすべて抹殺してしまったのです。
新たなる人類の歴史、新しい完成された人間を生み出すために、他の人類は(ゼーレの人間も含めて)すべて抹殺されたという風に観ました。
見た直後の私の突っ込みは「あほー!」でした。
誰かがレビューでオウムと変わらないと書いていましたが、(狂信的という意味では)その通りだなと思いました。
必要な人間だけ残して、あとは要らない。
ヒットラーとも通じる部分があります。
たとえゼーレの人間が自分たちも抹殺したとしても、崇高でも何でもないと思いました。


絵的な完成度が高く、視覚表現においても素晴らしいものがあるし、エヴァという素材は大変魅力的で、少年の葛藤や少年を取り巻く人々それぞれの葛藤も、あんな魚眼的な表現でなければ十分な許容範囲ですが、それをどう昇華していくかという方向に行かなかったのが非常に残念です。


Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

ミッチョンさん、また、素晴らしいです!!!
これを、人類に伝えたい~!!!
「与えるものこそ与えられる」
本当に、この宇宙の真理をみんなが知ったら、この世は愛で満たされるのにね。

漫画は、見ていないので内容は分かりませんが、色々勉強していくと、結構、色んなことがひっかかってきますよね。それはすごくよく分かります。

真実を伝える人の作品こそが、しっかりと世に出てほしいですね^^

Megiさん

ありがとうございます♪
宇宙の法則というか、心の法則というか、それを少しでも知っていこうとするならATシールドは気にならないなというのが、私の正直な感想だったりします(爆・また、わからんことを…)
このアニメ確かにいろいろ考え込んでしまうので、丁度ボヘラ~としていた頭には良い刺激となったかも知れません(笑)

芸術的とか、純文学的という意見もあったみたいですが、それは芸術とは何か、純文学とは何かという解釈で違ってくるだろうと思いました。
残念ながら私の中では、どちらにも入りません。
ただ、余分なものと欠けているものがあるとしか言えないかな…。
でも、こんな風に考えさせてくれたという意味においては観て良かったと思います。
もう、なんちゅうか、考える材料がないと考えないヤツですので(笑)

ここしばらく、お邪魔してなくて申し訳ないです。
ここんとこ、けっこう仕事でヘロヘロでして、それなのに気になったことは放っておけなくて記事だけは書いたりしてました。(あ、ブログパーツで遊んでもいましたが・爆)
またお邪魔しますので、よろしく~♪

最近のトラックバック

C-PREVIEW

ブログ内検索

RSSフィード

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
★★お願いします★★
ペットショップ廃業に伴い保護されていた犬猫たちもボランティアさんの尽力で病院で治療を受け、引き取り先が見つかり、残るは2匹ということですが、その後も色んな不幸な動物たちを保護して活動されています。 単に「好きだから」では出来ないことだと思っています。 良かったら応援してあげてください。 http://ameblo.jp/inunekodaisuki/ それから、これも…
同盟バナー猫ミニ動
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ONE Click 募金
ワンクリックであなたも募金が出来る!(厳密にはTWO Click←笑)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
☆☆ お知らせ ☆☆
当ブログでは、コメント欄への本文と関係のない文・広告等を禁止しております。アダルトサイトへのURLと思しきものが記載されているコメントやトラックバックは、見つけ次第当方にて削除致します。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
左サイドにワンクリック募金を設置しています。良かったらご協力ください★★★★★下の方でブログペットのyukiが、遊んでほしがっています。お時間があったら相手してやってください。覚えた言葉を披露するのが好きなようです。たまに俳句をひねります(笑)★★★★★もう一つブログをやっています。(リンクの中のspring outです)通常の記事は物語。メンバーになると限定記事が読めます。限定記事は主に………ウヒャヒャヒャヒャ(*⌒ヮ⌒*)ゞ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


プロフィール

celesty

Author:celesty
精神年齢5才と17才と35才を駆使して生きてる半端者です。

うっき~☆おみくじ
『おみくじを引く』をクリックしてください。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミュ~&マオは今いくつ?
ミューの誕生日は2008年9月17日♡マオの誕生日は2009年5月17日
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキング

人気blogランキングへbanner_02.gif

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。