スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 この詩は.hack//現象かも!

2008-06-23

それは希望、夢、明日
何も約束はされていないけど
自分が諦めない限り続く道

君は君の道をどんな色に染めたいの?
君は君の未来を、どんな風に夢見るの?
周りを見て、すねているだけでは何も始まらない
聞きあきたかもしれないけど
何度でも言うよ

なぜなら、君が倒れようが
起き上ろうが
本当にそのことに振り回されるのは
君ただ一人だから

それは僕にも言えること
僕たちは旅の途上ですれ違うかもしれないけれど
僕の人生を君に作れないように
君の人生も僕には作れない
僕たちは支えあうことはできても
本当に自分を救えるのは自分自身だけ

誰かがやってきて、
君の人生を君のいいように作り直してくれるなんて
幻想はそろそろ捨てた方がいい(それは夢ですらない)
君は自分の足で立ち
自分の人生を作っていく
その為に生れてきたんだよ
君がただのお人形でないなら
自分の足で立とうとしてごらん
今すぐには無理でも
いつか自分で自分を支えられるように…

それで辛い時は何度でも泣いていいよ
僕は君の涙をふいてあげるよ
僕もそんな風に歩いてきたから
僕たちはみんな
そんなに強いわけじゃない
それでも生まれてきたのが偶然じゃないなら
前を向いて立ち上がるしかないよ

私は十代の頃、大人が嫌いでした。
自分の周囲の大人を見て、あんな風に自分もなりたいと思える大人がいませんでした。
そして『大人になりたくない』とジタバタもがいている子供でした。
どこにでもいる、ちょっと人生を斜めに見ているというか、未来に希望が持てない子供であったと思います。
自分の本当の悩みを人には話したことがありませんでした。
それは何故かというならば、私の場合は自分の悩みを的確に言い表せる日本語が出てこなかったからです。
単にすねているわけではなく、自分なりの理由はあったけど、それをどうしたらうまく言い表せるか、自分でも混沌としていて、きちんと外に出せないのでした。
中学二年の途中までは人と話すこと一切ができなかったけど、その後は人を怖いとは思わなくなった。
それでも、もともとの自分の言語表現がうまくいってなかったので、相変わらず大人しいと思われていました。
簡単な表面的な会話はスローモーながら出来ました。
しかし、心の奥底に淀んでいる言葉を引き出すのは、まだまだ簡単ではありませんでした。
幸い、私は中学三年ぐらいから日記をつけ始め、自分の心にあるものを文章という形で書いていくうちに、いつの間にか文章でならストレートに心の奥にあるものが引き出せるようになっていきました。
それは時には詩という形で、時にはエッセイ風に、その時々の書きやすい形態で出していきました。
そのせいか、昔書いた詩は本当にやさぐれまくっています(爆)
それは今現在の自分をつかまえるのにも必要だったし、自分が本当は何を望んでいるか知るためにも必要な事でした。
そんなことが分からないなんて、おかしいと思われるかもしれませんが、私は大まかに見て、人間は二つのタイプに大別できる気がするのです。
生まれつき自我が出来上がっている人、生まれつき自我がどこにあるのか分からない人。
自我のはっきりしている人は大抵「自分のことは自分が一番分かる」と言います。
でも自我のはっきりしてない人(私)は、いつまで経っても自分のことでも、良く分らなかったりするのです。(かえって自分以外の人の方が自分のことを的確につかんでいたりする・笑)

なんて言うのでしょう、自我を形に例えると一人一人形が違っていて、自我が出来上がっているタイプは人生経験の中では自分の自我を一旦崩して作り直す作業を何度もやっているように見えます。(姉がこのタイプ)
自我が出来上がっていないタイプはアメーバみたいなものです。
『自分はこうだ!』と言えるものがありません。

ただ、自我がはっきりしていて何らかの形のある人も、アメーバみたいにぐにゃぐにゃで形が出来ない人も、目指すところは真丸い形の我(個)であるような気がするのです。
その形を目指して魂修行していると言ってもいいのかも知れません。
自我のはっきりしている人はデコボコの修正で、自我のはっきりしていない人は何らかの形になろうとし、どちらももがく。
時に人生をそんな風に見ることがあります。
私のようなアメーバ型には目標となるお手本が必要だったりします。(逆のタイプの人も、別な理由でそうなのかも知れませんが)

いきなり真丸にはなれない。
その時々の自分に合った目標(こんな風になりたいと思えるような人や物事)が見つかると、そこへ向かって頑張る。
そんな感じだったような気がします。
私の場合は、それが漫画の主人公だったり、シンガーだったりしました。
シンガーというより、その人の作る詩や曲だったのかも知れません。
わりと単純な造りの脳みそなので、目標が定まるともうそこしか見てないようなところがありました。
でも、そんな風に子供なりに生きていても、身近な大人を見ると、大人になることがとてつもなく汚れていくような気がして、とても嫌だったのです。
以前に家の話を書いているので言うと、両親は反面教師にするしかない存在で、そのこと自体が悲しかった。
今ぐらい年食うと『私の両親も偉かった!』と、わかるのですが、20や30ではそこまでの洞察力も理解力もありません。
ましてや10代ではまったく無理な話でした。
反発しながらも親のようにはするまいとするのが精いっぱいなのです。
心は常に不安定に揺れ動いています。

ねず吉2



そんな時に、たまたまラジオを聴いていたら、とあるパーソナリティに悩み相談の投稿があったのでした。
『大人が大嫌いだ。自分も大人になるくらいなら長生きしたくない。』そんな内容の投稿でした。(私が漠然と思っていたことと、まったく一緒だった)
そのパーソナリティは答えました。
「あなたがどんなに大人になりたくないともがいても、あなたはいつか大人と呼ばれる年齢になります。あなたの周りにいる大人を見て、嫌だと感じるなら、あなたはそんな大人にならなければいいのです。あなたは、あなたがこんな大人がいいと思えるような大人になればいいのです。」
それは「目から鱗」という表現がピッタリな言葉でした。
そんなことぐらい解って当たり前だと思う人もいるかも知れませんが、その言葉を聞くまでは、そんな風には考えられず、自分もいつか嫌な大人になってしまうのだ…としか思えなかったのでした。
この言葉を言ってくれたパーソナリティは今も尊敬しています。
それにラジオに投稿してくれた人にも感謝しています。
それがなかったら、ずっと道を探せなかったと思います。
この言葉を聞いてから、自分はどんな人間になりたいか、考えるようになったからです。

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

ミッチョンさんらしい
厳しさとやさしさを
感じられる詩だと思いました。

…ってちょっ(汗)
まじめに読んでいたのに
途中で笑わせんといてください(爆)
あれはチッチ君??

>>人間は二つのタイプ

僕はどちらかというと
“生まれつき自我がどこにあるのか分からない人。”
だと思います。
いまだに自分のことがよく分かりませんし(汗)

でも幸いなことになりたい自分像はあるので、
前進あるのみっす!

にしてもラジオのパーソナリティ
いいこといいますね~♪
共感です。

おーるっちさん

有難うございます♪
この詩は、かつての私と同じような不安や迷いを持っているかも知れない人に向けた詩です。
自分が向かっていく方向がつかめずにもがいている人宛の詩です。
本当は答えはそれぞれの人の中に隠されているけれど、それが分からずに半ヤケになっている人。
今の時代にも沢山いる気がします。
でも、かつての自分に対しても…かも知れません。
当時は苦しかったのですが、でも完全に過ぎ去った今は、何かを見つけ出すための産みの苦しみというのですか? そんな気がし、懐かしくさえあります。
むしろ、色んなことで悩めたことが良かったナ、なんて思っています。
だからこそ、くじけて欲しくないと強く思ってしまいます。
.hack//SIGNを見ていて、当時の感覚を沢山思い出したというのもあります(笑)

え~…笑かしてごめん!(爆)
これはチッチではなく1年半ほど前まで、うちで一番大きな顔をしていたユキです(笑)とにかく態度のデカい子でした(=^▽^=)
ユキの画像にこんな顔を描いたのは私の甥っこですが、なんだかユキらしい感じが出ていて気に行ってるので、時々使い回します♪

>にしてもラジオのパーソナリティ
 いいこといいますね~♪
 共感です。

こうして振り返ってみると、本当に様々な存在、人に支えられてきたなと思います。ちょっとしたことで、救われることがあるっての伝えたかったんです♪

ミッチョンさん!すっごい素的な詩です!
自分の人生は自分でしか創れない。全く同感です!!!
そして、とっても嬉しかったこと。
どうも、子供時代がよく似てるよ^^。
私も大人が嫌いでした。そして、人と話すことは超苦手、超きらいでした。
私も中学生の時は、他に友達を作ることもできず、いつも休み時間も一人ぽつんと。
寂しいと感じることもあったけれど、無理して自分を作って、他の子に合わせるよりはずっと楽でした。だから、みんなは変な子って思ってたと思う。

私も、自分はこうだ!と言えるものは、最近までありませんでした。
でも、今はなんとなく見えてきている感じかな。
自分の本質を見つめられる機会をいただき、どんどん自分を変えてきました・・・、というより、自然に変わってきました。
時々、ブログでも、「明るい性格のMegiさん」と言ってくださる方がいらっしゃいます。これは本当に嬉しいことです。
でも、過去の自分、それもそんなに遠くない過去の自分を考えられると、自分自身で考えられないような形容詞なんです。

何のために生まれてきて、何のために生きているのか。
その意味が見えてきたら、もう、うじうじ悩んでなんていられなくなってきた(笑)。
幸せになりたい!って、やっと思うことができてきた。
前はそう思うことができなかったから、すごい進歩です!
自分を見つけるためのこの人生。
まだ道のりは長い!
焦らず、でものんびりしすぎず(笑)、1歩1歩、前に進んでいきましょう!!!
あ~、ミッチョンさんに会ってお話してみた~い!!!

おはようございます

素敵な詩ですね(*^^*)

そうですね、誰かが何かをやってくれる‥
という事はなく
自分が自分で立ち上がらないと
自分の事を苦しめているだけですからね。
自分が進まない限りは…
何も見えない。
ミッチョンさんの詩を読んで改めて、そう思いました(*^^*)

私は早く大人になりたかったのですが
いざ、大人になってみると
どんな行動をとっていいのか?
わからない事が多かったです^^;
焦っていただけなのかもしれないですね‥

なので、ゆっくりノンビリと自分のペースで
自分らしい精神的な大人になっていきたいです(*^^*)
(って見た目は十分に大人なんですけどね^^;)

ミッチョンさん こんにちは。

皆さんいろいろ書いておられるので、言うことなくなっちゃった!? ある意味 うらやましい気がします。 ミッチョンさんって深く考えて分析して、そして文章にしているように見えるから。 私は直感しか働かなくて、「論理的」な思考に欠けるので、今いち説得力が。 ミッチョンさんの記事を読ませていただいて、お勉強いたしまーす。

こんばんわ

今、40代への代替わりの歳で、いろいろ考えていたところでした。
今の自分を客観的に観察すると、10代、20代の頃に見た、『いい歳して何やってるの?』と思った大人になっちまいました。
原因も分っています。
実年齢に精神年齢が追いついていっていないのです。

決して大人になりたくなかったわけでは無いのですが、見本にする大人が悪かったのか、居なかったのか、悪い見本になってしまいました。(笑)
最近やけに客観的に自分を観察しているのですが、(AB型だから観察しやすいのか??)
1番の特徴は喜怒哀楽に富んでいる、寂しがりや(爆)
感情のコントロールは苦手です。むしろコントロールなどしていません。
(だからこそ子供のままなのですが・・)

さらに基本的には落ち着きが無い。
(三つ子の魂百までも・・・よく通信簿に書いてあった・・もう少し落ち着きましょう)

子供の頃から悩みを他人に相談したことは殆どありません。
的確な回答が得られないだけでなく、アドバイスにより行動し、失敗した時に責任転嫁してしまい、次のステップを踏み出すまでに時間がかかってしまうから。

やりたい事を、やりたいと思った時にやる。
やりたくない事は、やりたくなるまでやらない。
今までの自分の人生に悔いはありません。

が、客観的に見るとやはり子供です。
最近ではもういいかな?無理して変な(自分の納得できない)大人になるより、こんな大人のままで・・・
と思っています。

コメント有難うございます☆

☆Megiさん
詩を褒めてくださって有難うございます♪
『僕』なんて使うの久しぶりなので焦っちゃいましたが、どうも『私』じゃないんですよね。
ちょっと恥ずかしいかも、と思いつつ、やっぱり湧いてきたまんまでいこうと思いました(笑)

>どうも、子供時代がよく似てるよ^^。
私も大人が嫌いでした。そして、人と話すことは超苦手、超きらいでし た。
私も中学生の時は、他に友達を作ることもできず、いつも休み時間も一人ぽつんと。
寂しいと感じることもあったけれど、無理して自分を作って、他の子に合わせるよりはずっと楽でした。だから、みんなは変な子って思ってたと思う。

Megiさんは意外でした!
私から見ると本当に元気で明るくて、いつも励まされてる感じがして、翳りをまったく感じなかったですよ~(*^-^)b
私は7歳から14歳まで内向しちゃって人と話せなくなってしまいました。
だからハイ休み時間は一人ポツンでした(笑)
私の場合、無理して合わせるの嫌いだわ、一人は寂しいわ、心の中はかなり揺れ動いておりました~(爆)
似てますね~~~(//▽//)
そして、そうですそうです、もう高校時代には『人と話せなかったんだよ』と言っても誰も信じてくれませんでした(笑)

>何のために生まれてきて、何のために生きているのか。
その意味が見えてきたら、もう、うじうじ悩んでなんていられなくなってきた

そうなんですよね!
私もこれをずっと探してきてたんです。
これがわかると心の中の道がどこに続いているか、見えるような感じでもう、そこから目をそらすことが出来ない(≧▽≦)
私はもっとアカンタレで、見えたら見えたで歩くのが怖くなったりとか、まだまだヘタレなことが一杯ありましたよ~e-263
でもブログを始めてから、いろんな出会いがあって、いろんなこと教えられて、そんな中で自分なりの歩き方が出来るかも知れない~と今は思っています。
一緒に、焦らずのんびり過ぎず(爆)歩いていきましょうね♪
うふふ、私もMegiさんと話してみたいです(^O^)/
が、わりと無口だったりしますよ~(頭の回転と喋る速度が遅いため、ついつい聞き役になる)←回りからは不本意ながら『天然』と。。。。
でも人と話すの本当は好きなんですe-418



☆海月さん
褒めてくださって有難うございます。
.hack//SIGNを観ているうちに、いつの間にか湧いてきた詩です。
私自身、どんなに泣いても喚いてもひっくり返っても(笑)自分が立ち上がらなければ、どうしようもありませんでしたから、昔の自分と今同じように悩んでいる人へのメッセージのつもりです。
何かを感じ取って欲しいと載せてみました。

天は自ら助くる者を助く…という言葉がありますが、実際のところ、待っているうちは助けてもらえないんだと思うのです。
でも、自分から一歩を踏み出して頑張ると、何かしらの目に見えない救いの手が添えられる気がします。
結果ではなく姿勢を問うのだなと思ったことがあります。

>いざ、大人になってみると
 どんな行動をとっていいのか?
 わからない事が多かったです^^;

いやいや、私なんか未だに大人げない大人してます(爆)
その気になれば子供と同レベルでケンカする自信持っていたり(≧▽≦)
もう、年齢とか大人とか性別とか無視しまくって生きてますw



☆シャイドリーマーさん
今晩は~♪

>ミッチョンさんって深く考えて分析して、そして文章にしているように見えるから。 私は直感しか働かなくて、「論理的」な思考に欠けるので、今いち説得力が。

考えるというより、子供のころからの癖で、自分の心の中にあるものを引っ張り出そうって感じでなら思考回路も多少は働いている気がします。
しかもこれは文章書く時限定で(爆)言葉が脳みそを通さず出てくる感じです。(多少は通過してると思うけど)←ブログ名が『湧いてます』になったのも、この辺からw
どちらかというと心から出てきたものを書きながら、視覚を通して脳が受け止めているような……(そこで初めて思考するような…爆)。
口で話すのは未だにうまくできません。
口で話す時は、言葉はどっぷりと脳みそを通過しないといけないようで、そうなるとスムーズに出てこないんですね(笑)
脳味噌どっか、きっと、詰まってると思うんです(爆)
きっと悩むことがなかったら、私の脳みそは活動を停止寸前ではないかと…^^;
そんなわけですから直観力もないのですe-263

それにシャイさんの文章は本当にわかり易くて、受け手のことを考えて書かれている文章だなと思います。
私こそとても勉強になっていて…時々詰まっていたものがサーッとスムーズに通った時みたいに、それまで受け入れられなかったものが受け入れられたりしていて助けられています♪
ほんのちょっとした言葉の使い方、言い回しで引っかかってしまうんだと思うのですが、シャイさんはそれを解きほぐして解り易くして下さるんです。
私もそんな風に出来たらいいのにと思いますが、向き不向きがあるに違いないe-284と、思っています(笑)


☆つるさん
>実年齢に精神年齢が追いついていっていないのです。

これ私も同じ症状ですから笑ってしまいました。
もはやこれについては考えることすら放棄してます(笑)

>子供の頃から悩みを他人に相談したことは殆どありません。
的確な回答が得られないだけでなく、アドバイスにより行動し、失敗した時に責任転嫁してしまい、次のステップを踏み出すまでに時間がかかってしまうから。

これは私も思ったことがあります。
子供の頃(小学生の頃)はそれなりに依存心とかもあって、その時はやはり行き詰まって困ったら話せる範囲で相談はしていたのですが、返ってくるものに納得出来なかったり、でも、自分に自信ないから言われたとおりにして失敗して恨んだり…が嫌になってしまって、中学生の頃にはすっかり親に話す時は事後報告型になってました(笑)

>やりたい事を、やりたいと思った時にやる。
 やりたくない事は、やりたくなるまでやらない。
 今までの自分の人生に悔いはありません。

うん、それが一番ですよね♪
やりたくないことを無理してやっても、うまくいきませんからねe-284
これは大人でも子供でも変わらないですね。
ただ子供は時にこれを逆手に取るんですよ~(笑)
『やりたくないのに勉強しても仕方ない』って(爆)
ま、そんな時は脳細胞の話をするんですけどね。
年食うに従って、ものすごい数の脳細胞が死んでいくから若くて脳細胞が次々生まれ変わる今の時期を逃したら勉強したいと思った時には、もううまく働かないぞ~~~(ほとんど脅し・爆)。。。とね♪
あ、話が脱線してる(→o←)ゞ



最近のトラックバック

C-PREVIEW

ブログ内検索

RSSフィード

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
★★お願いします★★
ペットショップ廃業に伴い保護されていた犬猫たちもボランティアさんの尽力で病院で治療を受け、引き取り先が見つかり、残るは2匹ということですが、その後も色んな不幸な動物たちを保護して活動されています。 単に「好きだから」では出来ないことだと思っています。 良かったら応援してあげてください。 http://ameblo.jp/inunekodaisuki/ それから、これも…
同盟バナー猫ミニ動
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ONE Click 募金
ワンクリックであなたも募金が出来る!(厳密にはTWO Click←笑)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
☆☆ お知らせ ☆☆
当ブログでは、コメント欄への本文と関係のない文・広告等を禁止しております。アダルトサイトへのURLと思しきものが記載されているコメントやトラックバックは、見つけ次第当方にて削除致します。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
左サイドにワンクリック募金を設置しています。良かったらご協力ください★★★★★下の方でブログペットのyukiが、遊んでほしがっています。お時間があったら相手してやってください。覚えた言葉を披露するのが好きなようです。たまに俳句をひねります(笑)★★★★★もう一つブログをやっています。(リンクの中のspring outです)通常の記事は物語。メンバーになると限定記事が読めます。限定記事は主に………ウヒャヒャヒャヒャ(*⌒ヮ⌒*)ゞ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

celesty

Author:celesty
精神年齢5才と17才と35才を駆使して生きてる半端者です。

うっき~☆おみくじ
『おみくじを引く』をクリックしてください。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミュ~&マオは今いくつ?
ミューの誕生日は2008年9月17日♡マオの誕生日は2009年5月17日
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキング

人気blogランキングへbanner_02.gif

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。