スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 考えてしまったこと

2008-06-11

体調を崩してしまい、少し間があいてしまいました。
休んでいる間に秋葉原で大変な事件が起こり、大変衝撃を感じています。
時間が経つにつれて犯行前の犯人の状態というものが明らかにされてきて、それでまた衝撃を感じてるというところです。
まずは犠牲になられた方々のご冥福をお祈りします。

CA390254.jpg


世の中がどんどん変わってきているとおもいました。
被害者を携帯で撮る人たちは何を思って撮っていたのでしょう?
マスコミの報道の仕方もおかしいと思いました。
良識という言葉が忘れられている感じがしました。
私はテレビを観ていないので、事件を知ったのは日曜日の夜遅くでした。
ダンナはずっとテレビでニュースを観ていたようで、派遣会社の待遇がどうのと言っていました。
この犯人が感じていた焦燥感や雇用不安、ひいては将来への不安などは私にも理解できます。
私はいつからか将来自分はレゲエのおばさんになってしまうかも知れないと秘かに思っておりました。(今でも若干思ってる)
何度も面接を受けて断られたり、やっと雇ってもらえたと思ったら、かなりひどい所だったりで、不安で不安でたまらなかった時期があります。
ちなみにひどい所というのは、後に詐欺で世間を騒がせた会社だったり(研修期間中におかしいと思って逃げた)、給料をなかなか払おうとしない会社だったり(再三再四催促しないと出ない)、社長があまりにも瞬間湯沸かし器で、ほんの些細なことですぐに怒り出し、仕事にならなかったり、他にも様々です。
まだ心の働きを、思いの力を十分には知らなかった頃です。(今も十分わかってるとは言えませんが)
最終的に住む所さえ失うのではないかと思っていました。
だから派遣という不安定な立場で、彼女もなく気を紛らわせるすべがなかったとしたら、どんどんマイナスな方へ転がって行ってしまう犯人の心理状態は想像ができます。
ただ、馬鹿だと思います。
ネットでの言い争い、作業服(だっけ?)がないと思った瞬間にプッツンと切れたらしいけど、捜そうとしなかった。
別の場所に置かれていただけだったのに、確かめようともせず、あれだけの凶行を行った大馬鹿者だと思いました。
精神がなんと脆いことか。
根性無しというか、まるっきりガキというか、腹が立ちました。(←地はこんなもん)

ただ、物事をきちんと考える習慣のない人は可哀そうなものだなとも思いました。
せめて現状から何とか少しでも良い方向へ脱出するために、物事をよく考えるべきだったと思うのです。
今現在が面白くない状況なら、どうしたら自分にとって満足のいくような状況になるか考えたら、きっとこんな事件は起こさなかったと思うのです。
そんなことを真剣に考えなければならないとき、人は大抵苦しい状況にあるんです。
逆に言うと苦しいから考えることになるというか、人生の仕掛けとは人間の性分を本当によく捉えた形で出てくると思うのです。
自分の性分を振り返って言うなら、私は何もかもがうまくいってるとき、ほとんど何も考えません。
将来の不安がなければ将来のことも考えない。
そんな怠惰な部分が自分の中にあるのを知っています。
でも苦しい時は必死になって考えます。
どうしたら今の状況から脱出できるのか、考えても八方ふさがりだったりもします。
それでも考えるのは苦しいからで、楽だったら考えません。
だから苦しい時というのは、本当はこれまでの自分から脱却していくチャンスでもあるのだと思います。
なぜなら、これまでの自分の集大成が今現在の自分であるからです。
苦しみとは神様が『生まれ変わりなさい』と与えてくださっている試練とも言えると思います。
どんな方向へ生まれ変わっていくかは自分の自由ですし、すべて自分次第です。

hammog 008

この犯人は生まれ変わることから逃げただけでした。
自分の人生は自分のものであって、自分ですべて背負わねばならないことを知らなかったのでしょう。
多分、今ある自分を作り上げたのも自分自身であるということに思い至らず、自分以外のもののせいにしていたのでしょう。
それでは生まれ変われないのです。
そんなことを知らなかったという点でだけ、可哀そうに思います。
子供のころからキレやすかったということですから、多分、キレたら自分の思い通りになると無意識のどこかでは思っていたでしょう。
たとえ、このような事件を起こさなかったとしても、キレやすさからDVに走るということも十分考えられます。
もしも親御さんを責めるとしたら、子どものうちに命がけでこの点は断固受け入れない強さが欲しかったと思います。(親の言うことを聞かせるということとは違います)
親が決して折れてはいけないことがあるということです。
それはどんなことかというと、わが子の人格形成に関わる部分だと思います。
親だから、大人だから、子供に譲る、寛容になる、ばかりではダメだということです。
物分かりがよくて優しいだけでは、精神が育たない子供もいるのです。

ただ犯人はすでに成人していました。
親に育てられなかった部分を、自分で育てていける年齢でした。
だから親にインタビューに行って報道した姿勢にも疑問を感じています。
インタビューの内容も、ただ責めるだけの内容です。

でも、この親子が特別だったとは思いません。
この親子と同じような親子が、日本中にたくさんいると思います。
日本に何が欠けているのでしょう?
それは心の教育に他ならないと思います。

多分、聖書の中か、キリスト教関係の本の中だったと思いますが『目しいた者が目しいた者の手をひいて荒野を旅する』といったような表現の文があったような記憶があります。
「目しいる」とは目が見えないということです。
心の眼が開かれていないということです。
この文に出会ったころ、私はよく、目の見えない人たちが同じように目の見えない人たちの手を引いて団体で断崖絶壁へ向かって行く光景を夢に見ました。
今現在がそんな時代であると思います。

目を開けることはできます。
行く手にあるものを見る力は誰でも持てます。
持ちたいと思って探せば、今ほど簡単に見つかる時代も稀有かも知れません。
こんな悲劇が繰り返されないよう、私たちは心を学ばなければいけないのではないかと思います。
このブログのお友達にも、それを探して頑張っていらっしゃる方がたくさんいます。


今回は長ったらしい文章でごめんなさい。

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

こころ


犠牲になった方々の
ご冥福をお祈り申し上げます。


……


悩みや苦しみは神様からの
贈りもの!
なんて言葉を聞いたことがあります。

苦しいときだからこそ、
成長のチャンスはあるし、
悩みがあるからこそ、
素晴らしい改善策が生まれたりする。

確かに生きることは苦しい。
でもそこから目をそらしても
何も始まらないんですよね。

目をあけて
しっかり生きていこうと思いました。
もちろん心の勉強も!

今回もたくさんのことを
学ばせていただきました。
ありがとうございます。

ミッチョンさんのメッセージが伝わってきました。 私もこの事件では、考えるところがありすぎて、感想がまとまりません。 でもご両親の会見を見て、とてもショックを受けました。 お母さんがかわいそうになってしまって。 教育熱心だったらしいですが、だからといって、息子を殺人犯にしようとして育ててきたのではありません。 息子はもう成人なのに、親が謝罪会見する必要があったのかな・・・本人は自業自得としても、この先 加害者の親や弟さんはどう生きていったらいいのでしょうね。 心配になりました。 もちろん被害者側だったら、親含めて許せないでしょうが。 やり切れない事件でした。 私達にできることは何でしょう・・・今日はまとまらず すいません!

私は、この手の事件は苦手でして、新聞も見ず、テレビもほとんど聞かないようにしていたので、詳しいことは、ほとんど知らないのですが、ほんとにひどいことだと思います。
何の罪もない人が亡くなられてしまい、気の毒でなりません。

犯人は、心が未熟だったと私も思います。
心を学ばなければならないという、ミッチョンさんの意見に大賛成です。
私も二人の子どもがいるので、心の発達、教育を真剣に考えなければいけないなと思いました。

ちょっとこの犯人には同情をしてしまいます。精神病に陥ったときはもう休むことさえ考えられませんから。かといって犯行を許せる物ではありませんけど・・・

コメント有難うございます☆

☆おーるっちさん
>悩みや苦しみは神様からの
 贈りもの!
 なんて言葉を聞いたことがあります。

本当にその通りなのですが、ただ贈りものであったと気づけるためには、どうしても苦しみを乗り越える必要があります。
苦しい時には、それが神様からの贈り物だとはとても思えない…と、かつて思ったこともありますe-263凡人だし(^^ゞ
でもそう思って、そのひねくれた心に自分で固執していると、かえって道が開けないのです。
苦しいあまりに心を裸にして破れかぶれになった時というか、ある意味その時に自分に本当に正直になれる瞬間でもあるのか、何らかの救いというか…溺れて沈みかけた時に手に触れるものがあったら必死でつかむと思うのですが、そのようなものが出てくるのです。
それをつかんで水中から自分を持ち上げるのは自分ですが、とにかくつかまれるものが見つかる。
諦めてもいけないし、自分の悩みや苦しみを斜めから見るのもいけない…という感じです。
心底正面から向き合って、ぶざまでも泣いてもいいから、何度でも立ち上がる。
考えるのが苦手だったり、智慧が足りなかったら、そんなことしか出来ませんが、生きる心の姿勢に対して神様(お釈迦様でもいい)は公平に見ていると思うのです。
そして、苦しかったことが自分を成長させてくれていたということに気づけたときに心の中にあるのは大きな喜びです。
少しそれまでより視界が開けるような、世界に近付けたような幸福感。
それが頑張ったご褒美ではないかなと思います。
だから、決して人生は苦しいことばかりではありません。
ただ「人生は一冊の問題集」ですから、一つクリアしてそれで終わりではないんですね。

まだまだ描きたいことがありますが、長くなりますのでまたいつか記事として書けたらいいなと思います。
とにかく痛ましい事件でした。
当事者だけでなく多くの人の心をも傷つけた事件でした。
でも、これも智慧に変えて私たちは乗り越えていかないといけないんだと思います。



☆シャイドリーマーさん
私もあれこれと色んなことを考えてしまって、今でもきちんとまとまってるわけではないのです。
ただ、本当は次は「主婦業」について書こうと思ってたのが、この事件のことが頭をグルグルして書けなくなってしまいました。
仕方なく今思っていることを、自分なりの整理のつもりで書きました。

>でもご両親の会見を見て、とてもショックを受けました。 お母さんがかわいそうになってしまって。 教育熱心だったらしいですが、だからといって、息子を殺人犯にしようとして育ててきたのではありません。 息子はもう成人なのに、親が謝罪会見する必要があったのかな・・・

私もまったく同感です。
あの会見は必要なかったと思います。むしろまったく不必要。
あれでマスコミは両親を断罪したも同じです。
人として恥を知らない仕事をしたものだと思いました。
あ、いかん、またムカムカ~っとしてきましたe-263

>私達にできることは何でしょう・・・

今はこれを考えることが大事だなと思います。
何が出来るかわかりませんが、でも、今シャイさんがブログで行っていることがすでに素晴らしい行動だと思います。
私もやり方は違いますが…せっかくいい経験してるんだから、それを通して苦しみから脱する方法など伝えていけたらってところですが、とにかく暗い波長に飲み込まれないで頑張りたいですね!



☆sunnylakeさん
私もテレビも見なければ新聞も読まないので、世間の出来事を知るのは今はインターネットのみです。
何も知らなければ困るかなと思って、ネットのニュースは読むのですが、暗い事件が多くて辟易しています。

sunnylakeさんはお子さんが二人いらっしゃるのですね。
私は子供いませんが、姉は息子が二人いまして、姉を通して子育ての難しさというものを感じます。
ネグレクトでない限り、どんな親御さんも我が子の幸せを願って子育てをしているのがよくわかります。
そして子育てほど尊い仕事はないと思っています。
こんな事件に不安を感じないで頑張って子育てしてほしいと願います。
ただ、世の中を見渡すと物質偏重の時代になっていると思うのです。
幸福=生活の豊かさ=就職に有利な学校への進学という図式が出来上がっています。
それで幸福になれたら言うことないですけど、幸福ってのは心で感じるものなんですよね。
物質的豊かさは心に余裕を生んでくれますが、イコール幸福ではないということを、どれだけの人がきちんと把握しているのだろうと思うことがあります。
誰かが子育てを通して自分も人生の勉強をしていると言っていたのですが、そんな風に子供と向き合っていけたら大丈夫なんじゃないかなと思ったりします。



☆ハム好きMさん
>ちょっとこの犯人には同情をしてしまいます。

私は同情はできないのですが、苦しさのほどはある程度理解できます。
なんというか理解できるから余計に腹が立つ…というの、わかるでしょうか?
責めているわけではないんですけどね。
多分、この犯人があの場で自分も殺していたら、あるいは射殺されていたら同情しただろうと思うのです。
銃を突き付けられて冷静になれたなら、本当に病んでいたとは言えない気がします。
むしろこの犯人が本当に病んでいくのはこれからだと思います。
実際のところ、自分を取り巻く人間が責める声よりも恐ろしいのは自分で自分を責める声です。
言い逃れと容赦ない責めとが渦のように巻き起こるでしょう。
これは自分の心の中で止むことがないですから逃れることが出来ません。
しかも本当の許しというものは、自分の心の奥から来るものだと思います。
この犯人は心の均衡が保てるでしょうか…。
そんなことも考えてしまいます。
なぜそんなところにまで自分を追い込んでしまったのだ!…と思ってしまいます。

こんばんは

体調はいかがですか?大丈夫ですか?
今は気温がハッキリとしなくて
体調が追いついて行かないと思うので
気をつけてくださいね(*^^*)

犠牲になった方達のご冥福を
お祈りいたします。

携帯で写真を撮ったり、取材のテレビで
ポーズを決めている人達…
ビックリしました…
もう何も言えません。

色々と見ていると、犯人は自分の事よりも
色々な事に「こうなってしまった」「こうなったのは世の中のせい」と
責任転嫁しているような気がしてならないです…
その気持ちのせいで、犯人独りの手で何人もの命が…
もし逆の立場だったら‥
この犯人はどう考えるのでしょうね。

この事件のことは、こちらでも、ニュースで流れました。でも一瞬です。
他にも、似たような悲惨な事件が起きても、報道は、本当に必要最小限で留めます。
日本での報道がどのようなものかは分かりませんが、なんとなく想像つきます。
少し、マスコミの体制も変えていかないといけませんよね。

この事件の背景は全然知りませんでした。
ミッチョンさんのこの記事で、なんとなく犯人の背景が浮かんでくるような気がします。
やはり、みんな責任転嫁してしまうのでしょうか。
自分が悪いのではなく、社会が悪いとか・・・。
ミッチョンさんが書いているように、確かに大変な状況もあるのかもしれませんが、やはりそれを自らの力で切り開いていく勇気と、力をみなさんが持ってほしいですね。
全ては自己責任、自助努力です。

心の教育が欠けていると私も心から思います。
学校で宗教を教えていない先進国は、日本くらいではないでしょうか。
道徳ではなく、何故、悪がいけないことなのか、根本のところからの教育がいまこそ本当に必要だと思います。

体の調子が悪かったんですね。
早くよくなってね^^。
いつも、社会現象を真剣に考えるミッチョンさんが大好きです^^

コメント有難うございます☆

☆海月さん
有難うございます。
少し体調を崩してしまいましたが大丈夫です。
仕事休んだりもしたので、今は気を使ってくれているのか冷房を極力控えてくれているので、有難く感じ、また仕事もブログも頑張ろうと思っています(^-^)

今度の事件は本当に心痛い事件で、いまだきちんと整理はついていません。
ただ、他人ごとではないのだという思いがどこかにあります。

>色々と見ていると、犯人は自分の事よりも
色々な事に「こうなってしまった」「こうなったのは世の中のせい」と
責任転嫁しているような気がしてならないです…

そうなんですよね。
でも、そう思っている人は沢山いるだろうなとも思ってしまうのです。
私も思っていた時期があります。
どんなに頑張っても報われないと思った時、何かに八つ当たりしたくなるような感じで。
で、自分の落ち度が見えないんですよね、そんな時って。
せめてお酒飲んでグダまくぐらいにしていれば、自分以外誰も傷つかなかったのにね。



☆Megiさん
日本の報道の仕方は異常だなと思いました。
私はテレビ観ていないけど、ネットのニュースからでもその異様さがうかがえて、ちょっとこわい事態だなと思いました。

>全ては自己責任、自助努力です。

自分の経験で言うと(笑)自己責任というものの捉え方や自助努力の方法が解らない人が多いかも、と思ったりします。
今回の犯人のような場合、きっと心の中には『頑張っても報われない』という思いはあっただろうなと思うのです。
本人は必死で頑張ってる。
ただ世の中が答えてくれない…になったのかな…。
でも、相当やり方はまずかっただろうなと思うのです。
「自助努力」の以前に自分を振り返って見る、ということが必要だったかも知れません。
すみません。まだ頭の中でグルグルしていて、うまく書けませんe-263
ただ、今回の犯人のように、もがいている人が沢山いる気がするのです。
そんな人たちに何か伝えていけたらいいなと思います。

もう大丈夫ですので頑張りますe-319
私もいつも明るい光を投げかけてくれるMegiさんが大好きです♪

こんいちは、ミッチョンさん

素直に同感です。

このような事件が無くなるような事ができないのか?とも思います。
日々の生活もあるので、社会活動的な事は難しいですが、
身近な人や大事な人との時間を自分なりですが大事にするしかないと思って、
日々過ごすようにと思ってます。

コメント有難うございます☆

☆ケイエムさん
>身近な人や大事な人との時間を自分なりですが大事にするしかないと思って、 日々過ごすようにと思ってます。

それこそが大事なことであると思います。
一人一人の人間がそのように互いに思い合いながら日々過ごすことが出来れば、社会活動の必要はないと思うのです。

最近のトラックバック

C-PREVIEW

ブログ内検索

RSSフィード

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
★★お願いします★★
ペットショップ廃業に伴い保護されていた犬猫たちもボランティアさんの尽力で病院で治療を受け、引き取り先が見つかり、残るは2匹ということですが、その後も色んな不幸な動物たちを保護して活動されています。 単に「好きだから」では出来ないことだと思っています。 良かったら応援してあげてください。 http://ameblo.jp/inunekodaisuki/ それから、これも…
同盟バナー猫ミニ動
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ONE Click 募金
ワンクリックであなたも募金が出来る!(厳密にはTWO Click←笑)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
☆☆ お知らせ ☆☆
当ブログでは、コメント欄への本文と関係のない文・広告等を禁止しております。アダルトサイトへのURLと思しきものが記載されているコメントやトラックバックは、見つけ次第当方にて削除致します。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
左サイドにワンクリック募金を設置しています。良かったらご協力ください★★★★★下の方でブログペットのyukiが、遊んでほしがっています。お時間があったら相手してやってください。覚えた言葉を披露するのが好きなようです。たまに俳句をひねります(笑)★★★★★もう一つブログをやっています。(リンクの中のspring outです)通常の記事は物語。メンバーになると限定記事が読めます。限定記事は主に………ウヒャヒャヒャヒャ(*⌒ヮ⌒*)ゞ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

celesty

Author:celesty
精神年齢5才と17才と35才を駆使して生きてる半端者です。

うっき~☆おみくじ
『おみくじを引く』をクリックしてください。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミュ~&マオは今いくつ?
ミューの誕生日は2008年9月17日♡マオの誕生日は2009年5月17日
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキング

人気blogランキングへbanner_02.gif

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。