スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 仕事と価値

2008-05-31

私は長い間、仕事というものは自分の為だけにしているものだと考えてきました。
自分(あるいは自分の家族)の生活を支えるだけのもの。
仕事とは、そういうものだと考えてきました。
だから自分が何か世の中の役に立っているとは考えられなかったのです。

前回昔の絵を載せましたが、あの絵を描いた頃より以前、トータルで約15年近く絵を描く技術で仕事をしていました。
あくまで技術であって、絵そのものが売れたわけではありません。
それでも時々はイラストとか描かせてもらえたりして楽しかったです。
絵が描けなくても図画工作めいたことが全般好きだったので、私としては大好きな分野で食べていけてる状態で、それはもう遊びと仕事の区別のつかない楽しい楽しい毎日でした。
普通は『遊び』感覚が入ると不真面目とか、真剣にやってないなどの捉えられ方をするのですが、多分クリエイティブ分野で仕事されてる方の多くは、『真剣に遊ぶ』とはどんなことか体感されていると思います。なまじっかな仕事感覚でやるより妥協できなかったりして大変ですが、その「大変」もひっくるめて楽しいのですから『病(やまい)だ…』と、よく思ってました(笑)
そんな頃にチラッと考えたのは、「自分の大好きなことがたまたま誰かに喜んでもらえて、それに対して対価をもらって生活できるのって一番の理想だよね」ということ。
その頃はまだマンガ家になる夢を諦めきれていなかったので、ちょっぴり不完全燃焼だったんです。
少なくとも『誰かに喜んでもらえる』とか『役に立てている』と感じられることは重要でした。
そう感じられるだけで「嫌だな」と思っていたことを前向きに考えられるようになるくらいですから、大事なことだったと思います。

でも、そのことを深く突っ込んで考えたことがなかったのです。
やがて自分の好きな分野での仕事ができなくなり(まぁ、会社がコケたんですね)同じ分野での就職が無理っぽいと気づき(今ならまだ採ってもらえる年齢だったけど、あの頃はクリエイティブ関連の採用年齢は特に低かった)、間に合わせに色々な仕事をしましたが、運命のイタズラか…180度の方向転換がありました。
それまでの人生でもっとも避けまくってきて関わらないようにしてきた分野。
はい『数字』と毎日ご対面する仕事に今は就いています。
ここにきて、また「仕事」とは…なんぞと考えている。

sea-sun.jpg



ずっと以前に、とあるところで「仕事」について教えてもらったことがあるのですが、その時は単に知識としてしか受け止められなかったのです。

この世の中の仕組みとして、多くの人に喜ばれるものが繁栄し、喜ばれないものは消えていく。
喜ばれるものとは、やはり何らかの形で役に立っているということです。

たとえば警察や病院は特に必要とされているものですから分かりやすいんですね。
その分野で働いている人も使命感を持ちやすい。そういう職業です。
ところが普通のサラリーマンやサービス業など、見渡してそこらにごろごろある職業の場合、自分が世の中の役に立っているとは知らずに働いている人の方が、ぐっと多くなるんです。もちろん使命感なんて思いもよらない(少なくとも私はそうでした)。

でもね、役に立たないものは消えていくんです。
喜ばれないものは消えていくんです。
(陰で暗躍する職業もあるようですが、それは天が生かそうとしているのではなく、自ら存続していってるだけで、少なくとも表には出られません。出たとたん潰れます)

物を作る人や小売商店がもしも一軒もなかったら、市民生活は成り立ちません。
私たちの身の回りの物を作る人がいなかったら、私たちはたちまち困ってしまいます。
服を作るのに桑や綿の栽培からスタートしなければなりません。
焼肉を食べたいと思ったら、牛を育てるところからです。
私たちに必要なものを作る人がいて、それを遠方から一ヶ所に集めて売ってくれる人がいるから、私たちはスムーズに生活を送ることができます。
レストランや飲食店がなかったら、私たちの生活から潤いが消えると思いませんか?
たまにはリッチに外で食事するって、息抜きになるし、気分転換にはもってこいですよね。それに普段とは違うごちそうを食べる楽しみって、気持ちを豊かにしてくれますよね。
また、小さな町工場で作られるものが、大企業で作られる便利な製品を支えています。
大企業で作られるものは直接に人々の役に立ち、喜ばれるものですが、それを支える名もなき会社があるということです。

だから、自分は何の役にも立っていないなんて、本当は考え違いなんですね。
役に立っているから生きているんです。
自分で自分の価値を過小評価してはいけないのだと思います。

では何の仕事もしていなかったら、自分には何の価値もないと考えるのか……それも違うと思います。
あなたが直接は世の中の役に立ててると思えなくても、あなたの存在に支えられている人が必ずいると思うのです。
すべての生きとし生けるものは、存在そのものに価値があるように作られているのです。
無価値なものは最初から存在しないのです。
自分の価値を信じて、堂々と胸を張って生きてほしいと思います。
もしも自分がどうしても役立たずだと思えて苦しいなら、何でもいいから始めればいいのです。
嘆いているだけでは確かに不毛だし、良いことは一つもないです。
誰に役立っていると言ってもらえなくても、自分を信じてほしいなと思います。
今の自分が厭なら、自分が理想とする自分に少しでも近づいていくことです。
人は変わっていけます。
天は結果よりも過程を重視すると、どこかで聞いた記憶があります。

もう一度書きます。
あなたが毎日汗水たらして働いているということは、ただ生活のためだけでなく、世の中の役に立てているということです。
あなたが生きて存在するということは、存在する価値があなたにあるからです。

「では若くして病気や事故で亡くなった人に存在価値はなかったのか」というツッコミが入った時のために補足を書きますと、若くしてこの世を去るほとんどの人は、最初からそのような人生計画で生まれてきている場合が多いのだそうです。
それは、その自分の死を通して地上に残った人たちに大事なことを伝えるためだったりするようです。
その一例として『雪絵ちゃんの願い』を紹介します。
雪絵ちゃんという多発性硬化症という病気でこの世を去った女の子が残した大切な話が綴られています。
私はここを読んだとき、雪絵ちゃんは多くの人に大切なことを伝えるために難病にかかり、そして大切なことを伝えるために早々と天国へ還っていったのだと思いました。

それと生まれつき障害を持っていたりする人の場合も、家族や周りの人が大切なことに目覚めるために、あえて障害者として生まれてくる場合がほとんどだそうで、本来の霊性は高い方が多いようです。


私たちは狭い心で、ものの価値を決めたりしてしまいがちですが、この世に無駄なものは存在しないと考えるのが正しい気がします。
堂々と胸張って生きてほしい。



今日もYahooニュースで『ブログのコメント欄に「死ね」という書き込みをされたショックから女子高校生自殺』というのがありました。
残念でなりません。
ショックのほどはわかるのです。
私みたいにいい年した大人でもブログにコメント貰って舞い上がっていますから(爆)コメントから受けるインパクトは強いと思います。
でもね、自分の価値を決めるのは他人ではなく自分自身だという強さを持っていて貰いたいのです。
他人の一時の感情任せの言葉に振り回されるような軽い存在と、自分で思ってほしくないのです。

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

濃い内容の記事に
思わず二回読んでしまいました。

仕事について
ミッチョンさんが辿りついた
一つの答えは
僕にとってとても
しっくり来るものでした。

どんな仕事でも
それで喜んでくれる人がいる。
存在しているだけで価値がある。

皆自分のやっている仕事に
誇りを持っていけば、
この世は本当に素晴らしい
世界になるような気がします。

僕ももう一度仕事について
真剣に考えてみようと
思いました。

そしてyahooニュースの記事からですが、
ほんと残念でなりません。

良くも悪くも
言葉というのは
本当に影響力がありますね。

ミッチョンさんが書いた最後の二行。
ほんとにその通りだと思います。
僕もそうありたいと強く思いました。

長文失礼しましたm(_ _)m

ミッチョンさん。
今日の記事は、頷くところばかり。
仕事は天命。
やはり、職種なんかも、生まれて来る前の計画に入っているんでしょうね。
そして、ミッチョンさんが、芸術系の魂の持ち主なのに、今、数字での仕事をしているということ・・・。
私はこれにも必ず意味があるのだと思いました。
何かは分からないけれど、きっとミッチョンさんが今後、イラストの方で仕事をしていくにあたっても、必ず何か役に立つことがありますよ。
もし自立したりしたらさ、そんな能力も大事になるよ。
今は、本当にミッチョンさんの実力が花開くまでの準備期間だよ。
だって、あのイラスト、本当に優しく愛がこもって、素晴らしいもの!!!

仕事に関しての意見は、全くその通りです!
この世の中に無駄な仕事、無駄な存在は何一つないと私も思っています。
その時に込めた愛が、必ず他の人を幸せにする。
他の人の喜びを考えて仕事をすることはとても大切ですよね^^。
人生の大半は、みんな仕事をして生きていくのですから(主婦とか、学生さんとか、色んなものも含めて)。
根底にある愛の想い。
これこそが問われるのだと思っています。

コメントのお話しはショックでした。
その高校生のご冥福をお祈りします・・・。
愛ある人で、地球よ溢れろ~!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは

そうですね、この世には「役のたたない」という人間は
いないですからね。
何かしらの役にたっていて
どんな仕事でも‥
(と言っても悪い事はダメですが^^;)
役にたっていると思います^^

頑張って働いて、それが良い方向に繋がっていって
みんなが笑顔になって暮らせれば‥
そう願ってしまいますよね^^

役に立っていると実感することで、自分もハッピーになれるし、相手にもやさしくなれますよね。 仕事ももちろんそうですし、ブログもそうだし。 ミッチョンさんの記事はどれも説得力があって、身に沁みます。 これからも、お願いしまーす(なんちゃって)

ブログの書き込みにショックを受けて自殺というのは、本当に悲しい事件ですね。 多感でまだ未熟な精神状態の時に、ひどい言葉をぶつけられ、耐えられなかったのでしょうね。 このように言葉ひとつで人を殺すことさえできるのだから、特にブログをやっている人は(もちろん自分含めて)言葉に注意しなければいけないなぁと思いました。 亡くなった女子高生の魂が早く慰められますように。

このことを取り上げてくれて、考える機会を与えてくれて、ありがとうございました。

コメント有難うございます☆

☆おーるっちさん
に、二回も読んでくださって有難うございます。
時々発作的に濃い記事を書いてしまいます(笑)
ずっと前から、この仕事に対する意識の持ち方というか、書きたいと思っていたのですが、今回やっとスムーズに文章化できました。

今ある職業がすべて世の中を支えているものだという考えに及んでいなかった時は、自分自身苦しかったのです。
ただ生活のためにと考えて働くのは、本当に楽しくなかった。
でも、自分のしていることが、どこかの誰かを支えることに繋がっていると思うだけでなんだか元気が出てくるんです。
自分は大勢の人とつながってるんだと思えて嬉しかった。
だから、書きたいと思っていました。
この記事をしっかり受け止めてくださって嬉しいです。

>そしてyahooニュースの記事からですが、
ほんと残念でなりません。

この記事はwordに下書きしていたもので、これを貼り付けようとインターネットを開いたときに、目に飛び込んできたニュースでした。
一緒に載せるか別記事にするか迷いましたが、この女子高校生にも自分の価値を知っていて欲しかったと思いました。
自分の正体が見えないからといって簡単に人に「死ね」と言ってしまえる魂というのは、矮小で醜いです。
そんなつまらないものに振り回されて死んでしまうより、怒った方がましだと思いました。


☆Megiさん
記事に頷いていただけて良かったですσ(^-^;)
仕事に関してはもっと学んだ記憶があるのですが、私の中に残っていたのはこの一つきりなんです(笑)
このことを知る必要があったんでしょうね。
それに身近な人たちにしても、生活のためだけに生きてる感じは、何だか重荷を背負ってる風に見えて、やはり知らないということは損だなと思ったのです。
これは身近な人たちにもどうにかして伝えていきたいなと思っています。
本当にみんなが自分の仕事に誇りを持てたら世の中、笑顔が増えると思います♪

>その時に込めた愛が、必ず他の人を幸せにする。
他の人の喜びを考えて仕事をすることはとても大切ですよね^^。
人生の大半は、みんな仕事をして生きていくのですから(主婦とか、学生さんとか、色んなものも含めて)。
根底にある愛の想い。
これこそが問われるのだと思っています。

そうです、そうです!
大事なことを補足有難うございます。
ただ誇りを持つだけでなく、そのように仕事していけたら人も自分ももっとハッピーになれますね♪

う~~~ん、絵の方で独立なんて出来るかな~e-263
多分私のやる気の問題+心の強さが鍵なのでしょうね(;^_^A
絵の上手い下手より、そっちの方が重要な気がします。
鉄の意志で「これで生きる!」と思えるかどうか……(//▽//)む、無理っぽい。
私は今の仕事もやり甲斐は感じていて好きです。
生涯の天敵とまで思った数字は今も天敵ですが(笑)おかげでエクセルをだいぶ操れるようになりました。
エクセルを覚える機会は本当に欲しかったので、これで何とか天敵の数字とも付き合ってます(爆)
気がついたら何だかけっこう望みどおりになってる…というのが最近の感想です。(なんか基本的に新しいことを覚えていくのが好きみたいです。ただし興味があれば・笑)



☆海月さん
>みんなが笑顔になって暮らせれば‥

そうなんですよね。
大人たちが笑顔で生活していたら、子供たちも未来に希望を持ちやすいと思ったりします。
大人たちが「嫌でも生活のためには働かないといけないんだ」という意識では、それを見ている子供たちは未来に明るい絵が描けなくなってしまいます。
みんなが大事で、みんなが協力し合って暮らしてるというのを子供たちに見せてあげられるようにしたら、いつか笑顔の人ばかりになるかも知れません。
本気で夢見てもいい夢だと思います♪


☆シャイドリーマーさん
有難うございます。
いつも人の役に立つような記事が書けたらいいのですが、シャイさんが身にしみると言って下さるような記事は自分で書いておきながら、自分でも反芻して自分に叩き込もうとしているようなところがあります(笑)
ヘンですが、私が一番分かってそのように生きないとダメだぞ~と、どっかで誰かが言ってるような気がします。
で、わたしは緊張感の続かない人間ですから間に休憩が入ってしまうのですね~(笑)
なんか、書ける時はスルスルと出てくるけど熟成する時間が必要らしいです(←他人事みたいなe-263

>ブログの書き込みにショックを受けて自殺というのは、本当に悲しい事件ですね。 多感でまだ未熟な精神状態の時に、ひどい言葉をぶつけられ、耐えられなかったのでしょうね

そうかも知れませんね。
死ぬより怒って欲しかったと思いましたが、16歳という不安定な時期の心には耐えがたかったかも知れませんね。
相手の顔が見えないというのもいけませんね。
あの一言から、どれほどのことを想像してしまったのでしょう…

>このように言葉ひとつで人を殺すことさえできるのだから、特にブログをやっている人は(もちろん自分含めて)言葉に注意しなければいけないなぁと思いました。

私も肝に銘じたいと思います。
もうあってはならないことだと思います。



ミッチョンさん、初めまして。
Megiさんのところで、とてもステキな天使のイラストを紹介されていたので遊びにきました。

仕事の話、とても興味深く読ませていただきました。
私も昔、働いていた頃、自分の本意ではない仕事をさせられた時期がありました。
だから、いやいや仕事をしていたんですね。
でもそんな時、これが誰かの役にたっているんだと意識できていたら、もっと意欲的に働けていたのにと思いました。
今は、専業主婦ですが、主婦の仕事って、一番軽視されやすいじゃないですか。
でも考えてみれば、結構こまごまとしたことをやっているのですよね。
もし、私がいなければ、家族はとても困るはず。
少なくとも家族のためには、役に立っているんだと、今改めて自分に言い聞かしております。
ミッチョンさんも、今のお仕事、頑張ってくださいね。

それから、こちらとリンクしたいのだけれど、やり方がわかりません。
よかったら教えてください。

コメント有難うございます☆

☆sunnylakeさん
ようこそお越しくださいました。
絵を見ていただけてとても嬉しいです♪
Megiさんの詩が素晴らしいので絵の魅力がめちゃめちゃアップしてます(笑)

>これが誰かの役にたっているんだと意識できていたら、もっと意欲的に働けていたのにと思いました。
今は、専業主婦ですが、主婦の仕事って、一番軽視されやすいじゃないですか。
でも考えてみれば、結構こまごまとしたことをやっているのですよね。

私ももっと若い頃に知っていたかったなと思うことしきりですが、今からでも遅くない、気付いた時から気づいた意識で生きて行けば良いと自分に言っておりますw
確かに遅くないと思います。
今も生きていますから、今していることに誇りを持ち、愛情込めて仕事が出来れば今からハッピーです♪
それから、次におーるっちさん言うところの『濃い』記事を書く時は主婦業について書こうと思っています。
すぐには、まとまらないかも知れませんが下書きしてみようと思っています。
確かに主婦業をする人がいなかったら家庭崩壊の危機ってぐらい、要の仕事だと思っています。
sunnylakeさんのコメントを読むまでは「またいつか…」と思っていたのですが、書きたくなってしまいました(笑)

>ミッチョンさんも、今のお仕事、頑張ってくださいね。

有難うございます。数字見続けると眠くなるんですが頑張ります(爆)
sunnylakeさんも主婦業頑張ってくださいね。
軽い仕事じゃないですからね(*^-^)b

仕事が生きがいっていう人もいますが、銀四郎はそんな風には考えません。
だけど仕事をするという事は、生きていく上で必要な事だとは思います。
みんな助けあって生きてる社会ですから、自分だけ仕事なんかしたくない!っていう、独りよがりの論理は通用しないですよね。
だけど銀四郎は軟弱者なので、できれば仕事しなくて済むのならそのほうがいい!なんて、思うことがたまにあります・・・v-12
それにしてもミッチョンさんは15年間もイラストとかを描く仕事をしてたんですね。銀四郎も設計図面を書く仕事をやってますが、ホントはTV局に入って、番組を作る仕事がやりたかったんですYO。今でも時々、大学1年の時からやり直したいって思うことがある銀なのでした。

自分も今の時期「将来どういう職業に就きたいのか?」と、
考える時間が増えてきています。
こうした状況の中で今回の記事を読まして頂き、確かにそうだなと思うところが
いくつもありました。

「人生は楽しめれば、それでいい」っていう考え方もあると思います。
けれど、生きるためには収入が必要です。
でも確かに、なるべくなら楽しんで仕事をしたい!っていうのもありますよね)笑

今のところ自分は、音楽関係の仕事に就きたいと思っています。
それはやはり、音楽の力が自分を大きく成長させてくれた。
もっと音楽に関わりたい!と思ったことから、そのような道に進みたいと思いました。
人それぞれ、違う人生を歩んでいくことになりますが、
やはりいろ②な経験をすることが大事なんじゃないかな?と思いますよ。
辛くても、それが今後の自分に生かれるかもしれないという希望を持てば、
意外と乗り越えれることもあると思います。(実際、自分もそうでした)

ということで、まだ②人生経験の少ない自分が生意気に書きました^^;
今回の記事、ホントに良かったですよ!!
ついつい、長文になってしまいましたww
気がついたら、あらってw
それでわ、また来ま~すe-267

コメント有難うございます☆

☆銀四郎さん
私も昔は『なぜ働かなくちゃならないんだろう』と本気で悩んでいました。
頭では働かなければ生活していけないと、判っているのに気持ちがついていかなかったです。
もう本当にマンガ描く以外の事するのイヤでした。
時間から時間へと縛られるのもイヤでした。
でも二十歳で一人暮らしを始めなければいけなかったので、自分の気持ちに正直になったら飢え死にまっしぐらでしたから、ギリギリのところで踏ん張って、イヤイヤ働いていた。。。というのが実情です(爆)
あそこが運命の分かれ道あたりだったかも知れません。
飢えてもマンガを取るか、マンガを諦めて生活を取るか。
働きながらマンガ家を目指すって頑張ったこともありましたが、…描きだしたら止まることが出来なかった。
食べるのも寝るのも忘れるくらい、のめり込んでしまう。
すると仕事に支障が出てくるわけです。
体力的にもキツくなって、仕事に身が入らなくなるしね。
私はイヤイヤながら後者の道を進んだのでした。
その後で、絵を描く技術を生かせる道が開けてきたんです。
途中後悔した時期もあります。
でも、追い求めていたのはマンガだけではなかったし、実はそっちの方が大事だったと思うし、新たに生まれた夢もあるし、あとは頑張るだけだなという感じでやっています。
未だに時間に縛られるの苦手だし、私もあかんたれですから『自分の一番の敵は自分だ』状態で生きてます。
日々もう自分との戦いe-268e-268e-268
生きてる間に自分の悪癖の一つでも直ればいいなってなとこです (≧▽≦)

私はずっと生きる意味を探していました。
真実の答えを本当に知りたいと望んでいました。
それもわからずに、自分が描きたいと望む作品は描けるはずもなかったですから、後者を選んだのは間違っていなかったと今なら思えます。

コメント有難うございます☆

☆ぱんださん
>今のところ自分は、音楽関係の仕事に就きたいと思っています。
それはやはり、音楽の力が自分を大きく成長させてくれた。
もっと音楽に関わりたい!と思ったことから、そのような道に進みたいと思いました。

これ、私がマンガ家になりたいと思った動機にそっくりなんですよ♪
小さい頃の私にとってマンガはただ単に面白いだけでなく、マンガから本当に大切だと思える多くのものを貰っていたと思うのです。
だから自分もマンガ家になって誰かの糧になるようなものを描きたいと思っていましたが、今世はまだ勉強が足りないようです(笑

でも、ぱんださんには沢山沢山時間があります。
いろんな経験を積む時間も、夢に向かって頑張る時間もたっぷりあるe-284
好奇心を失わず、いろんなことにチャレンジしてくださいね♪

>辛くても、それが今後の自分に生かれるかもしれないという希望を持てば、
意外と乗り越えれることもあると思います。(実際、自分もそうでした)

その若さでそれが分かっているのは偉いe-267
夢を追おうが追うまいが、人生のそこここにぱんださんを成長させるための仕掛けがばら蒔かれていますが、ぱんださんなら乗り越えていけますね(#^-^#)

いつか、パンダさんの作った曲が聴けたら嬉しいな♪
自慢しますよe-284
「この人、ブログ友達だったんだよ!」ってね(b^-゜)

ありがとうございます!!わらe-267
今、ちょく②詩を考えてますよe-440
ちょっとまだギターのほうが頼りないし、歌唱力にかけるんですけど、
必ず頑張ってみせますe-269
自慢しちゃってくださいねw ←壊

☆ぱんださん
おー!
大々的に自慢しちゃいますよ~e-319
ギターはまだまだ始めたばかりだし、好きなことは続けて行けば必ず上達するから、
がんばってね~~~e-271
フレー!フレー! ぱ・ん・だ!!!"8(^∇^8)(8^∇^)8" ←めっちゃハイテンションw

最近のトラックバック

C-PREVIEW

ブログ内検索

RSSフィード

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
★★お願いします★★
ペットショップ廃業に伴い保護されていた犬猫たちもボランティアさんの尽力で病院で治療を受け、引き取り先が見つかり、残るは2匹ということですが、その後も色んな不幸な動物たちを保護して活動されています。 単に「好きだから」では出来ないことだと思っています。 良かったら応援してあげてください。 http://ameblo.jp/inunekodaisuki/ それから、これも…
同盟バナー猫ミニ動
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ONE Click 募金
ワンクリックであなたも募金が出来る!(厳密にはTWO Click←笑)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
☆☆ お知らせ ☆☆
当ブログでは、コメント欄への本文と関係のない文・広告等を禁止しております。アダルトサイトへのURLと思しきものが記載されているコメントやトラックバックは、見つけ次第当方にて削除致します。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
左サイドにワンクリック募金を設置しています。良かったらご協力ください★★★★★下の方でブログペットのyukiが、遊んでほしがっています。お時間があったら相手してやってください。覚えた言葉を披露するのが好きなようです。たまに俳句をひねります(笑)★★★★★もう一つブログをやっています。(リンクの中のspring outです)通常の記事は物語。メンバーになると限定記事が読めます。限定記事は主に………ウヒャヒャヒャヒャ(*⌒ヮ⌒*)ゞ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


プロフィール

celesty

Author:celesty
精神年齢5才と17才と35才を駆使して生きてる半端者です。

うっき~☆おみくじ
『おみくじを引く』をクリックしてください。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミュ~&マオは今いくつ?
ミューの誕生日は2008年9月17日♡マオの誕生日は2009年5月17日
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキング

人気blogランキングへbanner_02.gif

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。