スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 う~ん…

2008-03-22

昨日の銀四郎さんにコメントを頂いて、一応の返事を書いたもののスッキリしません。
なぜかというと、まるで自分に霊体験があったから信じたって感じな内容になってしまったからです
もちろん、信じた理由はそれではありません。
教えの素晴らしさ……に尽きます。
多分、この教えにたどり着くまでのアプローチとしては、私にとっては霊体験が必要だったのだと思っています。
私自身かなり疑い深い人間というか、自分で確かめたこと以外信じない傾向があります。(なかなか頑固です)
特に、私自身が昔は宗教に懐疑的であったということも、こういうアプローチになった理由ではないかなと考えています。
きっと目の前に自分の探していたものが出てきても気がつかず、通り過ぎてしまったと思うのです。

やはり本当に素晴らしい教えでも、ほんの数冊本を読んだだけでは、その真価というのはなかなかわからないものです。
自分の心に響くものがあったとしても、ただの感動だけで終わったかも知れません。
だから実のところ、この教えの本との巡り合わせもプチ不思議がらみがったりします(笑)
以前この『本に話しかけられた話の』中で「中身を確かめもせずに決めつけるのは失礼だ」と思ったというか、守護霊の言葉だったのか、あるいはその本の主張だったのか私の中ではハッキリしませんが、その本を持って帰ってからの事は また今度書く としながら書いてませんでした。
あの時は(続き書くのは限りなくヤバい!)と思っていました(爆)

何しろ『プチ不思議』を書くかどうかも相当迷ったのです。
ヘンな人と思われて誰も来なくなるのではないかと、大変ビビッておりました。
…で、霊現象だけに異様に関心を寄せる人ばかり集まるのではないかと、そっちも心配でした。
でも他方でごくさりげなくスピリチュアルな内容を書くブログの管理者さんもいまして、相談してみたり(笑)。。。。。その方に勇気をもらって書き始めたのが『プチ不思議の部屋』です。

。。。。。ということで、今回はあの続きを書くことにします。
によって、オカルト・非現実な話が苦手な方はご遠慮ください(笑)
私自身の感覚では妙に引っかかる、「中身を確かめもせずに決めつけるのは失礼だ」と思った本。
タイトルはナイショです。
今はもう絶版になっていると思うので探しても見つからないだろうと思います。
霊言集であったとだけ申しておきましょう。(これだけでも、私が誰の教えを信じているか、分かる人がいるかも知れません)
とにかく、その本を持って帰って早速読み始めたとたん、異変は起こりました。
私自身にはピンとこないのに心の中で大騒ぎbikkuri
その以前にエアガンの玉が目に命中した時も、私と私の心の中に住む者とは意見が分裂したことがありましたが、この時も私の戸惑いをよそに大暴走です。
「やっと出会えた!」「本物だー!」なんて感じで、表現すると嬉しさのあまり飛んだり跳ねたりしてる感じ。

しかし、私の読んでる個所には感動するようなことは、まだ出てきていません。
私自身は唖然とするばかり
ただ自分の中の存在ですので言ってることは分かるのです。
大喜びなのもわかります。
そして………嬉しさのあまり、泣くんですよね…
もう、この時は私自身と心の中の存在と完全に分裂してるようなもので、私自身は感動もないし(まだ読み始めたばかりだし)、嬉しくもなんともないので泣く気はさらさらないのに、心の中のが泣くので涙がボロボロあふれ出てしまうのです。
もう大困惑な状態でした。
家に誰もいなくて良かったと思いました。
説明のしようがありませんから。

泣きたいと思ってないのに涙があふれる状態は、小一時間ばかり続いたでしょうか…。

やっと私の中の存在が静まって落ち着いてきて、私は考えました。
(中身がこれだけ騒ぐんだから本物なのかも知れないな)

それからは、その霊言集を書いた人の著書を重点的に読むようになったのでした。
私は時々顔を出す、この自分の中の存在をけっこう信頼していたようでした。

子供のころから馴染んでいたことに気づいたのは、その宗教に入って本格的に『心の探究』というものに取り掛かって以降でしたが、何もしらなかった頃にも(今のってまるで会話だよね…)と自分の思考の仕方を面白いと思ったりしていました。
時々(あれ?)と思っても深く考えることをしませんでした。
ただ、こんな風にハッキリ現れると(何だったんだ!?)とさすがに思いました。
でも嫌だと思ったことはないし、これのせいで自分はおかしいと思ったこともありませんでした。
ごく自然に馴染んでいて、当たり前になっていたようにも思います。



で、この信頼(私の中の住人=守護霊に対してです)が揺るがされるようなことが起こったから、私にはその宗教が本物かどうか確かめないといけない事態が起こったので入信したので、最初は私自身が信じて入ったわけではなかったのでした。
そのことを書くとまた、話が長~く長~くなってしまうので、今のところは書く予定はありません。
ただ本当に心から信じられるまでには数年かかったとだけ申しましょう。
その数年の間は学ぶことはもちろんあったし、また感動することもあったわけですが、心の中の『疑う思い』というものも、なかなか根強くて完全に消えることはなかったのでした。
…が、消えましたけど(笑)

この教えに出会っていなければ、私は自分の両親へのわだかまりを今も消せずにいたでしょう。
それどころか、どんなに私にとって必要なものを与えてくれていたか気付かせていただきました。
感謝こそすれ、恨むなんてとんでもないと気づかせていただきました。
たとえ両親ともにもうこの世になくとも、そう思えるか思えないかで世の中の見え方すら違ってきます。
自分の人生観も人の見方も何もかもが新鮮に輝き始めたのでした。とだけ、言っておきましょうか(笑)

はい、すなわち今も自分の守護霊を大変信頼してます(時々失敗はするけれど・笑)

P1000736.jpg
おまけ画像です(笑)




この話を読んで、逃げていかないでくれたら、ものすごく嬉しいです

banner_02.gif
ポチッとお願いします

f_03.gif
こちらも宜しく


Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

最近のトラックバック

C-PREVIEW

ブログ内検索

RSSフィード

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
★★お願いします★★
ペットショップ廃業に伴い保護されていた犬猫たちもボランティアさんの尽力で病院で治療を受け、引き取り先が見つかり、残るは2匹ということですが、その後も色んな不幸な動物たちを保護して活動されています。 単に「好きだから」では出来ないことだと思っています。 良かったら応援してあげてください。 http://ameblo.jp/inunekodaisuki/ それから、これも…
同盟バナー猫ミニ動
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ONE Click 募金
ワンクリックであなたも募金が出来る!(厳密にはTWO Click←笑)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
☆☆ お知らせ ☆☆
当ブログでは、コメント欄への本文と関係のない文・広告等を禁止しております。アダルトサイトへのURLと思しきものが記載されているコメントやトラックバックは、見つけ次第当方にて削除致します。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
左サイドにワンクリック募金を設置しています。良かったらご協力ください★★★★★下の方でブログペットのyukiが、遊んでほしがっています。お時間があったら相手してやってください。覚えた言葉を披露するのが好きなようです。たまに俳句をひねります(笑)★★★★★もう一つブログをやっています。(リンクの中のspring outです)通常の記事は物語。メンバーになると限定記事が読めます。限定記事は主に………ウヒャヒャヒャヒャ(*⌒ヮ⌒*)ゞ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

celesty

Author:celesty
精神年齢5才と17才と35才を駆使して生きてる半端者です。

うっき~☆おみくじ
『おみくじを引く』をクリックしてください。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミュ~&マオは今いくつ?
ミューの誕生日は2008年9月17日♡マオの誕生日は2009年5月17日
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキング

人気blogランキングへbanner_02.gif

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。