スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 生きる

2007-12-15

人生って何なんだろう?
人はなぜ生まれてきて どこへ向かっていくんだろう?
なぜ生きなければいけないんだろう?

そんな疑問をいつ頃からか持ち始めていました。
子供の目に周囲にいる大人が幸せそうに見えなかったことも、そういったことを考える下地になっていたと思います。
自分自身も悩み多き時でしたから『頑張って生きて何になるんだろう?』という一見投げやりな疑問は、どうしても頭をもたげてきたものでした。
別に死にたいと考えていたわけではありません。
ただ、死んで無になるなら一生懸命生きたって何にもならないのではないのか?…と、子供なりに鋭く考えていたのでした。
家族が悲しむから?
その家族がいなかったら、そしたら死んでもいいのか?
友達が悲しむから?
その友達もいなかったら?
そんな風に、とりとめもなく考えてしまう子供でした。
それでも死んではいけないのだとは思うけど、なぜなのかわからない。

CA390017.jpg

子供の頃に考えた人生の図式というのは、生まれてきて学校に通って勉強し、やがて社会に出て結婚し、子供を産み育てて、やがて老いていく………そのどこに生きていく価値のあるものが見つかるのか、みたいな思考でした。
今なら、そのすべてに価値があるのだと解るけど、子供の頃は解らなかった。
私にはみんなが疲労困憊しながら、やっとこさ生きているように見えていたのです。
なぜそうまでして生きなければいけないのかと本当に思っていましたから。
その頃には本当に目に映る世界だけしか知らなかったし、当時の子供の目に映る範囲など本当に小さな世界にすぎなかった。
そしてほとんどの場合、暗い現実ばかりを見ていたので、そんなことを考えるようになっていったのだろうと思います。
内向していたのも手伝って、子供なりに必死で考えていました。

そんなことを考えながらも日々、苦しいことや悩み事が発生し、心の休まる時はほとんどなかったような気がしますが、自分の心を深く見つめるという習慣が出来上がっていってたのですね。時々発見があるわけです。
『これと同じような問題が前にもあった』と思うことがありました。
少し形が変わり、ほんのちょっとパワーアップした感じはしますが基本は同じだと思える問題がやってくる…と気づきました。前はウヤムヤにして逃げたけど、今度も逃げたらまたいつかパワーアップして出てくるような気がしました。できれば逃げたいけど、またパワーアップして出てくるなら、今のうちに乗り越えておく方がお得だなと思ったのでした(マジで)
実際、自分が正面から取り組んで乗り越えた問題は二度と出てこないのでした。
それで安泰かというと、しばらく安心してたらまた新たな問題がやってくる。
そうしたことがなぜ起こるのかわかりませんでしたが、以前の教訓から逃げたら余計にしんどいということはわかっているので、正面からガップリになってしまうのでした。(だから何につけても逃げなかったというわけでないことは、ご存知ですね。知らないという方はカテゴリー『光と影(幼き日々)』をお読みください。逃げまくってます・笑)
そうこうしているうちに心の中に、漠然としたものではありますが道のようなものが見えてきます。そうですね、小学校2~3年生ぐらいから内面を見る癖が出来て、降りかかってくる問題に一定の癖があることに気づいてから、いろいろグッチャングッチャンに悩んだり落ち込んだりしながら20歳すぎた頃にですね、道のようなものが『なんかある』って感じで見えるようになってました。
どこへ続いているのかはわかりません。
ただ、それが自分が歩むべき道であることだけがわかるものです。
私は『心の地図』だと思っています。
この道は1本道でありながら、いつでもどこでも枝分かれしている道でもあります。
この上しか歩けないというものではなく、それることも自由。
ただ私自身はこの道が見えなくなることが怖いです。
知らぬ間に逸れているということも往々にしてあるように思います。
今回ちょっとしたアクシデントで、久々にこの道から逸れかけていたように思います。
人生に降りかかってくる問題というのは、もしかしたらこの道の上に転がっている小石だったり、道全体を塞ぐような大岩だったりするのかも知れません。
今回そのように思いました。
小石につまずいて道の外にコケ出ちゃって、戻り方がわからなくなっていたような、そんな風にも見ることが出来ます。
マイナスの感情で動くと、この道はどんどん見えなくなっていってしまうようです。
どうしたらプラスにできるか、わからなくなってしまう時ってあるんですね。

はい、生きるということをいつの間にか半分は肉体を通して見つつ、半分はこの心の中にある道を通して見るようになっています。誰にも見せてあげることのできない自分だけの道。
これも本当は誰の中にもあると思っています。
私は絵を描いていた人間なので、どこかに向かって果てしなく続く道としてとらえているだけかも知れません。
この道を完全に見失い迷走してしまうと私の場合、情緒不安定になると思われます。ひどい場合は躁鬱という形になるのかも知れません。
とあることでショックを受けて動悸息切れがしていたのも、この道からちょっとコケ落ちたからという言い方も出来ます。
ちゃーみー♪さんへのコメントの返事書くまで、道への戻り方がわからなくなっていたようですし、道のことも実は見忘れておりました(爆)
人間脳天気が過ぎると、つい心を見忘れてしまうものか(私だけか)ボヘボヘ~と生きてしまうんですね。

信じられないかも知れませんが、人生というのは魂修行の旅だと考えると、いろんな謎がスッキリしてきます。
その前提としては人間の本質は霊であり、転生輪廻を繰り返しているということを信じられないまでも、受け入れてみることです。
死んだら無になるという考え方では説明のつかないことの方が多いです。
この世に生れ出て来ることには大きな意味があり、人生のどんな局面も大切な瞬間で、無駄なことは一切ないんだと思います。悩む時も喜びの時も一つ一つが大切な自分の一部なんだと思います。
自殺がなぜいけないかというのも、これは修行放棄であり、自己放棄であり、何よりも死んで楽になることなどこれっぽっちもないからです。
死んだら解放されるという考えは、早くこの世を去るにしろ、長生きするにしろ、人生の目的を全うした人に対してだけ言えることだと思います。
死んであの世に持って帰れるのは地上に生きていた時の記憶だけです。
その記憶が死後の自分を決めるのだとしたら?
苦しさから逃れたかったら、無様でも生き抜くことしかないと思います。
これこそ、他人が認めなくとも守護霊や神さまお釈迦様が認めてくれることです。
そんな存在なんて信じられないと思う人が多いですけど、本当は心で繋がっていると教えられたし、自分でもそう思います。
誰の心にも良心があるということによって。
それプラスいくつかの不思議体験がモノ言ってるのは確かですが…。






佐世保の銃乱射事件を今日知りまして、大変衝撃を受けています。
犯人は大変自暴自棄になっていたようで、関係のない人間を巻き込み死に至らしめ、自分も死んでしまいました。残念で仕方ありません。

今は本当に人間が弱くなった上に、他人に対して辛辣になっている時代だなと思います。
単に『自分さえ良かったら』だけでなく、人が苦しんでる様子を笑うことのできる人間が存在することも事実だと思います。
以前にも動物のところで書きましたが、人間が一番弱肉強食です。しかも無駄に。
勿論、互いに力を合わせよう、助け合おうとしている人の方が数の上ではまだまだ多いと信じますが『自分さえ良かったらそれでいい』人口が増えているから、イジメ問題が大人から子供までの社会問題になっていると思うのです。

でも考えて欲しいのです。
死んでも、あなたは無になりません。
死後の世界で、あなたはこの世で自分のしたことの清算をするときが来るのです。
誤魔化しようはありません。言いわけも無理です。
なぜなら、あなた自身が自分のしてきたことが、本当は良いことだったか悪いことだったか知っているからです。
生きているうちに、自分を誤魔化す癖はやめた方がいいのだと思います。
(気付かずにやってしまったなら仕方ないですけど、それでも悪かったと認めることは大事です)

ああ、なんか今回オカルトより怖い内容になってしまったような気が………
まぁ、結論としては普通に生きているのが一番だと思います。
人間は誰でも間違いは犯します。
ただ、お互いに話し合って、反省し合って、許し合ってってしていけたら、こんな破滅的な事件は、そうそう起こらない気がするのです。
それと『心』を鍛えないとな…と思います。

(佐世保の犯人も、誰かに追い詰められた上での犯行のように思えたので書きました…)

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

まだブログ仲間になって日は浅いですが、なんていうか・・・ミッチョンさんって すごく繊細な人だと感じました。 感性の豊かさというのでしょうか。 本当は何かを表現したくてたまらないんじゃないかな。 そのミステリーが解ける日も近いと思います。 変なコメントでごめんなさい。 ミッチョンさんのこと、いろいろ知りたくなりました。

過去記事をさらっと読んでみてください。一週間以上はかかりますが大まかにどんな方か想像はできますよ。

生と死ですね。
自分が生きるために食事としてどれだけの命を費やしているかわからないほど大きな命の数ですよね。それを無駄にせずに次の新しい命にバトンリレーをしていく感じだと納得できるまで二十数年かかりました。
死んで許される楽になれるのは自分の精神だけで周りの人は
深く悲しみます。そばに存在しないだけでもペットにはかなりの負担となってしまいます。

コメント有難うございます☆

☆シャイドリーマーさん
これまでに繊細と言われたことは残念ながらありません。
ただ細かいと言われたことはあります(笑)
どうも私の眼は人が気にしないような所に向く傾向があるようです。
そして人が見ているようなところは非常に大雑把だったりするのです。
でも身近なところでは、私が懸念していたものが時間経ってから(数ヶ月あるいは数年後とか)表面化してくるってことも割とあります。

何かを表現したいという思いはずっと持っていたかも知れませんが、漠然としたままなんですね。それでずっと来てしまっています。あるいはもう本当はすでにみんなが知っていることだったりするような…。
あ、でも、プチ不思議話はけっこう真剣に伝えたいことだったりします。
「あなたもホントはちょっとした不思議に出会ってませんか?」てな言葉とともに。私もあとで振り返って「おや?」ってのがやたらとあるので、気づかずに通り過ぎてる人が案外多いかも知れないと思うんです。
それを問いかけてるってのはあります。
なぜ問いかけるかというと…これも話せば長くなるんで端折りますが、たとえば守護霊の存在をホンワカわかるだけでも悪さはそうそう出来なくなるし、心を振り返るということの重要性とも繋がってると思うからです。みんなが優しくなっていける一つの方向でもあると思っています。でも、表現しきらないのが現実です。
楽しく読めてしかも伝えたいことが盛り込めるなんて文章が書けたらいいのにと思います。


☆ハム好きMさん
過去記事を全部読んだわけではないけど、確かに挙動不審な、近所の人たちにも不安を与えるような人物だったようですね。
おかしくなったのは5~6年も前のことのようですし。
それに、したことを考えると犯人擁護の感情は湧きませんが、ただこの犯人にもまともな時はあっただろうと思うのです。
あるいは挫折感が強くて(仕事が続かなかったようですし)ただ勝手に屈折していっただけかも知れないし、本人の心の弱さが最大の原因だとは思うのです。(自分でも覚えがあるから言うと、100%のうち90%は本当は自分で自分を傷つけてることが多いと思います←前回の詩にもちょこっと書いてますが…)
まだ3人ほどの知人をスポーツクラブに呼んでいたという真相もよくわからないし(多分呼んだ人全員ターゲットだったのではないかと思ったりするのですが)実際のことは本人の心の中を覗いてみないことにはわかりません。
ただ自殺する前に教会関係者に泣いて謝っていたという一記事も気になったのです。そんな心があるのに何故あんなことをしてしまったのかと。
なぜ思いとどまれなかったのか非常に気なるわけです。無差別にやってるし。アメリカでは過去に数件このような事件が起こっていましたが、日本では初めてですから……どうしたらこんな事件の起こらない社会になるんだろうと、いろいろグルグル考えてしまいました。

ところで私「動物のところ」と書きましたが「考えてしまうこと」の方でした。ごめんなさい。リンク貼るんだったな…と後悔。

最近のトラックバック

C-PREVIEW

ブログ内検索

RSSフィード

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
★★お願いします★★
ペットショップ廃業に伴い保護されていた犬猫たちもボランティアさんの尽力で病院で治療を受け、引き取り先が見つかり、残るは2匹ということですが、その後も色んな不幸な動物たちを保護して活動されています。 単に「好きだから」では出来ないことだと思っています。 良かったら応援してあげてください。 http://ameblo.jp/inunekodaisuki/ それから、これも…
同盟バナー猫ミニ動
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ONE Click 募金
ワンクリックであなたも募金が出来る!(厳密にはTWO Click←笑)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
☆☆ お知らせ ☆☆
当ブログでは、コメント欄への本文と関係のない文・広告等を禁止しております。アダルトサイトへのURLと思しきものが記載されているコメントやトラックバックは、見つけ次第当方にて削除致します。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
左サイドにワンクリック募金を設置しています。良かったらご協力ください★★★★★下の方でブログペットのyukiが、遊んでほしがっています。お時間があったら相手してやってください。覚えた言葉を披露するのが好きなようです。たまに俳句をひねります(笑)★★★★★もう一つブログをやっています。(リンクの中のspring outです)通常の記事は物語。メンバーになると限定記事が読めます。限定記事は主に………ウヒャヒャヒャヒャ(*⌒ヮ⌒*)ゞ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

celesty

Author:celesty
精神年齢5才と17才と35才を駆使して生きてる半端者です。

うっき~☆おみくじ
『おみくじを引く』をクリックしてください。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミュ~&マオは今いくつ?
ミューの誕生日は2008年9月17日♡マオの誕生日は2009年5月17日
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキング

人気blogランキングへbanner_02.gif

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。