スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 夢枕

2007-12-03

はい、久々に『プチ不思議の部屋』です。
今回はオカルト体験話ですが、怖い話ではありません。

l1.jpg

今回もNight Seaの海月さんから画像を借りてきました。(この画像は海月さんが運営されてるHPから拝借させて頂きました)
特に桜とは関係のない話なのですが、海月さんの夜桜の写真を拝見した時、この静けさと優しさは、あの時私が感じたものに通じる気がしました。
その感じをうまく文章で書ける自信がなくて、ちゃんと伝わるか心配ですが…。
それは私が二十代前半の頃のことでした。
その頃私は小さな印刷会社に仕事を貰って、自宅でイラストやトレース(私のは単なる図の清書などのこと)などをしていましたので、昼間も自宅にいることが多かったのです。
その頃住んでいた家は大阪では文化住宅と呼び習わしていた借家ですが、要するにアパートですね。(東京の人に文化住宅とアパートの違いを説明するのは至難の業ですが
そこへ引っ越したときから、なぜか右隣の人とは交流がないのに、左隣に住むお婆さんとは、一緒に日向ぼっこしながら、お婆さんの昔話や孫たちの軽い愚痴を聞いたりするようになっていました。
お婆さんは娘一家と一緒に暮らしていました。
娘夫婦と男の子ばかりの孫3人の6人家族でした。
昼間は子供たちは学校へ、娘夫婦もそれぞれの職場へ出かけていきますので、昼間お婆さんは一人で留守番をしていました。
娘さんは私より10か15ぐらい年上の方で、本来はとても世話好きな方のようでした。
が、引っ越してきた当日に私はとある失敗をしてしまいまして、それ以来ちょっと嫌われてしまいました。
とある失敗というのは、引っ越してきた当日ですから、片付けなければいけないものが沢山あったのですが、隣の奥さん(お婆さんの娘さん)が何度も何度も(と言っても5~6回ぐらいかな)覗きに来ていろいろ教えてくださるので、ついつい「大丈夫ですから!」と、きっぱり言ってしまったのです。
そんなに語気強く言ったわけではありませんが、気分を害されるには十分な言い方だったようです。
嬉しそうにしていた顔色がサッと変わったので(しまった!)と思った時は手遅れでした。
いやがらせをするような方ではないので、それで何か問題があったということもないのですが、若干困ったりするようなことがありました。
お婆さんは留守番している間に洗濯などをするのですが、もう背も縮み、背中も曲がっていますから、洗濯した物を先にピンチ付の干し具(名前知らないんですけど傘状に開く、よく靴下やタオルなどをまとめて掛けて干すアレです)に留めて最後、その干し具を高い所に掛けることが出来なかったので、私に掛けて欲しいと頼みに来たのでした。
そのたびに私は隣に上がって、お婆さんが示すところに、その干し具を掛けてあげるのでした。
その流れで日向ぼっこ&取り留めもない話へと移行するのですが、たった数分私がお宅へ上がったと聞いただけで警戒されるというぐらいには困りました。
うちに電話がないと言うと、お婆さんが親切に電話番号を教えてくれて「いつでも使ったらええよ。」と言ってくれたのですが、一度仕事先からの電話を取り次いでもらった後、娘さんから断られてしまいました。
でも、自分のあの一言がまずかったのは重々承知していましたので、仕方がないなぐらいにしか思っていませんでした。

それ以降も、お婆さんは「洗濯物を掛けてもらえんかね。」と言ってきましたし、お婆さんの話を聞くひと時は、私にとっても寛ぎのひと時になっていましたので続いていたのでした。
お婆さんは戦争でご主人を失くし、それ以降、女手一つで何人かの子供を育てたのでした。
親戚に厄介になったときの辛さや重い荷物を持って行商した話など、大変な思いで生きて来られた話をただ淡々と話されるのでした。
同じ話をよくされましたが、話べたの私、聞く方は気長も手伝って、ただ黙って聞いていたのでした。(二十代はまだまだ人見知りの癖や話すのが苦手なところなんかが残っていた→言わないといけないことは言えるけど、世間話とかが苦手だった)
多分、孫たちに聞かせたいであろう、昔の話だったのではないかと思いました。(時々、孫の愚痴も言ってましたから・笑)
しかし、高校生と中学生は生意気盛りですし、小学校低学年では言ってることの意味がわからないから、やはりうるさがられていたのかも知れません。
お婆さんは自分がどんな大変な思いをしたかを言いたかったわけではなく、ただ話しながら自分が生きてきた道について何かしら意味を探していたのかも知れません。
それとも自分が生きてきたという証を誰かに知っていてもらいたかったのかも知れません。
私の母もそうでしたが、たとえば母が作る料理の作り方を教えて欲しいと言ったときでも、本当に嬉しそうにするのでした。もう、聞かないことまでアレコレ教えてくれようとするのでした。
それはやはり無意識にしろ、自分のしていたことが私たちの中に残っていくという喜びもあったのではないかと思っています。
母の昔話は恨みつらみが満載だったので、一度聞くと当分聞きたくなくなったものですが、お婆さんの話はもっと淡々としていて穏やかなものでしたから苦痛はありませんでした。

そのお婆さんがある頃から、まったく出てこなくなりました。
どうやら具合が悪いらしく、娘さんの言によれば「ボケが始まった。」ということでした。
直接聞いたわけではなく、近所の人たちが話す声がよく家の中まで聞こえてきたのです。
呼びかけても返事もせず、ボンヤリしたままだったようです。
その頃たまたま死に関する本を読んでいまして、周りから呼びかけられても聞こえているのかわからない様子で、ボンヤリしている時期というのは、お迎えの霊がそばに来ていて現世を離れる準備に入っていると書かれていたような気がします。
それが本当かどうかは今もわかりませんが、聞こえてきた娘さんの言葉の様子から(そろそろなのかな…)と思いました。
なんとなく、もうお婆さんの話が聞けることはないのだろうと思いました。

l3.jpg

ある日、夢を見ました。
夢の中で、お婆さんが私に背中を向けてうずくまっていました。
私は「お婆ちゃん。お婆ちゃん。そんなとこで、どうしたん?」と話しかけました。
そのとたん、お婆さんはすっと立ち上がり、くるりとこちらを向きました。
背も縮んで背中も曲がっていたはずなのに、こちらを向いたお婆さんは背丈が伸び、背中もまっすぐで、皺くちゃだったのに40~50歳代ぐらいに若返って凛としていました。
20~30歳は若くなっていたけど、それがお婆さんであることだけがわかりました。
いつの間にか穏やかな金色の空間を背景にお婆さんは立っていました。
明るいのに眩しくはなく、とても静かな空間でした。
お婆さんは黒っぽい着物を着ていて、私が知っていたお婆さんよりは若返った分、若干気が強そうな表情でしたが、私を見るとゆっくりと深々とお辞儀をされたのでした。

そこで目が覚めました。
蒲団の上で、私が今見た夢をボンヤリ思い出していたら、外が急に騒がしくなりました。
聞こえてきたのは、お婆さんの訃報でした。

l2.jpg

お婆さんが亡くなったと聞いて(わざわざ、あいさつに来てくださったんだ)と思いました。
でも、夢の様子から私はお婆さんは、きちんと還るべき所に還られるんだと思いました。
不謹慎な思いであることは承知していましたが、悲しいというより喜びというか、祝福の気持ちの方が湧いてきました。
お婆さんは迷うことなく、きちんと成仏されるのだと、暗い世界に逝くわけではないと思ったからでした。
死後の世界のことを何も知らないのになぜか、そのように思い(お婆ちゃん元気でね)などと思ってしまうのでした。
ただ、あの明るさ穏やかさの中で、なぜ着物が黒いのだろうと思っていました。

私も隣組ですので、お婆さんの葬式の手伝いに参加しました。
お葬式にも参列しましたが、ニコニコしないようにするのに苦労しました。
「お婆ちゃんは大丈夫だよ。可哀そうじゃないよ。人生を全うして、きちんと還って行くんだよ。」そのような思いが一杯でした。
でも、そんなこと言ったらますます変な人に見られてしまうと思ったので、最初は黙っているつもりでした。
しかし、葬式のとき、娘さんが泣き崩れてしまい「さんざん苦労して、苦しいばかりの人生やった」というようなことを言って打ちひしがれているのが本当にかわいそうでした。
私はお婆さんより娘さんの方が心配になりました。
それで数日後、私が夢で見たお婆さんの様子を手紙に書き「お婆さんは幸せだから大丈夫ですよ」と添えて、娘さんに渡しました。

しかしその日以来、それまでは軽く無視されるだけだったのに、娘さんは私を見ると幽霊でも見たような、何とも言えない顔をするようになってしまいました苦笑

そして、それから何年も経ってから、あの黒い着物の謎が解けました。
あれは黒留袖だったのだと思います。
きっと、お婆さんの一番の正装だったのでしょう。


banner_02.gif
ポチっとお願いします
f_03.gif
こちらもヨロシク

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

私の写真を使ってくれて
本当にありがとうございます(*^^*)
また何かありましたら、使ってくださいね。

私は、おばーちゃん子だったのですが…
おばぁちゃんの話を、ミッチョンさんがちゃんと聞いてあげて
本当に良かったな…と思いました。
ミッチョンさんの夢に出てきたのは、自分の解釈ではありますが
「ありがとう」
という意味だったのでは‥と、思いました(*^^*)

読んでいて、少し涙が零れました(*^^*)

コメント有難うございます☆

☆海月さん
ステキな写真を使わせて頂いて有難うございました。
あの夢の中の空間を何とか表現したいなと思っていましたが、文章がくどくなるばかりで、丁度ピッタリな言葉が浮かんできませんでした。
暗くはなかったのですが、感じとしては3枚目に使わせて頂いた写真が近い印象です。(借りて良かったe-263
昔の私は年寄りと子供と動物だけは、すぐに仲良くなれたのですよ。

>「ありがとう」
という意味だったのでは‥

私の方がむしろ、おばあさんから優しい時間を貰っていたと思いますe-420

隣人との交流ですかぁ・・・
う~ん、、、誰が住んでるかもわからないかったり・・・v-393
なかなかフレンドリーなアパートだったんですね~
わたしのとこにも爺さん婆さんは住んでいますが
挨拶すらしてくれませんよ・・・v-406
なんか奥の深い体験ですね、
夢の中にでてくるとは、相当ミッチョンさんを
可愛がっていたんじゃないですか??
わたしもお爺さんが亡くなった日、夢に出てきた経験があります。
その時は連れて行かれそうになりましたが・・・・v-390
死ぬことって不思議ですね、
死後の世界ってわたしたちにはさっぱりわかりませんが
還るべき場所がそこにはあるんでしょうねv-9
お婆さんも苦労してきた分、きっといいところへ行けたんでは
ないでしょうか?v-290

コメント有難うございます☆

☆higeさん
最近はそうですね、隣に住んでいる人の顔もわからないってことが多いです。今現在、そうですもんねe-263

>わたしもお爺さんが亡くなった日、夢に出てきた経験があります。
その時は連れて行かれそうになりましたが・・・・

これは怖いですねv-12
まだ行きたくないですもんね(笑)
姉はお爺ちゃんとか、おじさんとか、父とか、けっこう(夢でなく)見たそうですが、私のところにはサッパリでした。
このことを思い出すたび、黒沢映画の『夢』…だったかな、思いだします。
オムニバス形式の映画だったと思うのですが、お葬式がすごく華やかで人生を全うされた故人を祝福して送り出す感じだったのです。
理想的なお葬式だと思いました。(人生まっとうしてないと祝福なんて出来ませんけどね)

こんにちは!

こんにちは!
ご無沙汰していて、すいません・・・
おばあさま、きっと最後にお別れに来てくれたんですね
私も、ただの夢ではなく
本当に、会っていたのだと思います。
おばあさま、ミッチョン様に
お話しを聞いていただいて
凄く、嬉しかったんでしょうね!
それに、凄く頼りにしていたのでは?
娘さんとは、複雑な関係ですが
おばあさまとの、ステキな出会いがあって
良かったですね! 

コメント有難うございます☆

☆ちゃーみー♪さん
>私も、ただの夢ではなく
本当に、会っていたのだと思います。

有難うございます。私もそうだと確信してます。
しばらくの間、あの金色の明るい空間に黒っぽい着物はそぐわないよな~なんてことを考えていましたから(笑)
晴れの席に着用する黒留袖のことを知りませんでしたからね。(結婚式の写真で見たことはありましたが、着物の意味をてんで知りませんでした)
私としては白銀に輝く着物を着ていてほしい…ぐらいの空間でした。
ただ話を聞いていただけの私にあいさつに来てくださったと考えるだけでも「もったいないです~」と、今だに思ってしまいますよ。
とても律儀な方だったのかも知れません。

最近のトラックバック

C-PREVIEW

ブログ内検索

RSSフィード

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
★★お願いします★★
ペットショップ廃業に伴い保護されていた犬猫たちもボランティアさんの尽力で病院で治療を受け、引き取り先が見つかり、残るは2匹ということですが、その後も色んな不幸な動物たちを保護して活動されています。 単に「好きだから」では出来ないことだと思っています。 良かったら応援してあげてください。 http://ameblo.jp/inunekodaisuki/ それから、これも…
同盟バナー猫ミニ動
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ONE Click 募金
ワンクリックであなたも募金が出来る!(厳密にはTWO Click←笑)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
☆☆ お知らせ ☆☆
当ブログでは、コメント欄への本文と関係のない文・広告等を禁止しております。アダルトサイトへのURLと思しきものが記載されているコメントやトラックバックは、見つけ次第当方にて削除致します。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
左サイドにワンクリック募金を設置しています。良かったらご協力ください★★★★★下の方でブログペットのyukiが、遊んでほしがっています。お時間があったら相手してやってください。覚えた言葉を披露するのが好きなようです。たまに俳句をひねります(笑)★★★★★もう一つブログをやっています。(リンクの中のspring outです)通常の記事は物語。メンバーになると限定記事が読めます。限定記事は主に………ウヒャヒャヒャヒャ(*⌒ヮ⌒*)ゞ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

celesty

Author:celesty
精神年齢5才と17才と35才を駆使して生きてる半端者です。

うっき~☆おみくじ
『おみくじを引く』をクリックしてください。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミュ~&マオは今いくつ?
ミューの誕生日は2008年9月17日♡マオの誕生日は2009年5月17日
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキング

人気blogランキングへbanner_02.gif

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。