スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 暗い家庭

2007-11-07

今回も前回の続きです。
実のところ、話はだんだん暗くなっていきます。
あまりにも暗くなっていくので、先に補足を入れた方がいいかな、と思います。
これは過ぎ去った日々のことですが、主に子供の頃の私の主観を元に書いています。
それと読んでいるうちに心配される方がいるといけないので書きますと、私の中ではすべて解決しており、いま現在心の傷は残っていません。
以前に『パンドラの箱』のところで執着について書きましたが、あれが最後の傷だったのでした。
あれ以来本当に、もう自分の生まれ育った家庭のことで心が疼いたりすることもなく、いたって脳天気に生きています苦笑
なぜ暗い話を書くかというと、プチ奇跡を書きたいからにほかなりません。
その奇跡の背景が、たまたま暗いのだということです。
いや、私にとっては奇跡ですけど、人が読んで奇跡とわかるかな~~~という心配はしています
まだ、何回か暗い話が続くことをお許しください。
子供の頃の私の悩みは人と話せないことだけでなく、年がら年中夫婦喧嘩の絶えない家庭も悩みの種でした。しかし両親の喧嘩を不幸な感覚で見るようになったのは…これもキッカケがあったような…。
う~んと小さい頃(3~4歳ぐらいかな)は、目の前で両親が取っ組み合いの喧嘩をしていても、ボヤ~っと見ているだけでした。感覚としてはTV画面の中の光景を見ているような、自分と父母や姉の居る空間が違っていたかのような、そんな感覚でしょうか。

両親が取っ組み合いの喧嘩を始めると、いつも姉が泣きながら二人の間に入って喧嘩を止めようとしていました。
いつも姉は「もう、やめてぇや!」と、泣きながら叫ぶように必死に訴えていました。
小さかった私は、それをボヤ~ンと見ていました。
悲しいも辛いもなし。
ただ漠然と眺めていただけでした。
ところが、あまりに度重なる両親の喧嘩に腹を立てた姉は、ある日二人がまた取っ組み合いを始めたというのに、頭から布団をかぶってフテ寝を決め込んでしまいました。
取っ組み合う両親と、あきれてフテ寝する姉を交互に見ながら(困ったな)と思いました。
姉が止めないとなれば、次は私が止めなければいけないと思いました。
それで仕方なく止めに入りました。
それまで自分だけで籠っていたバリヤーで守られた場所から初めて外へ出るような感じで立ち上がり、大きく息を吸い込んで…私はいきなり泣きわめきながら両親の間に割って入りました。
悲しかったから泣きわめいたのではありません。
両親のけんかとは、そんな風に止めるもんだと姉を見ていて思っていたから、そうしたのでした。(なんで、こんなことまで覚えているんでしょね)
そうこうしているうちに、隣のおばさんが止めに入ってくれました。
おばさんが「ほらほらMちゃんまで、こんなに泣いて。可哀そうやからもうケンカはやめとき」てなことを言ったとき、それを聞いた私は(可哀そうなことはないけど…)てなことを思ったために、この場面がしっかり記憶に残ってしまったようでした。
幼少時、まだ人間的な感情がなかった頃の自分の記憶というか…。
CA390119.jpg

しかし一旦、どこか知らないけどバリヤーで守られた場所から出てしまうと、二度とそこへは戻れなかったようでした。その後は人間的な感情がビシバシ身に付き、両親が喧嘩して罵り合ったり、暴れたりする度、本当に悲しくて気持ちが沈んでいったものでした。
小学校に上るころには、こんなに仲の悪い二人から生まれてきた自分たち(姉、弟含む)は、愛から生まれたのではないなというようなことを思っていました。
それほどに、うちの両親はケンカが多かったのでした。
なぜかしら『子供とは両親の愛の中から生まれてくる』という概念を持っていましたが、
自分たちはそれに当てはまらないのだと思っていました。
子供心に『本当はこの世界のどこかに本当の両親がいて、ある日突然迎えに来てくれるんだ…』なんて妄想もしていました。(これは、どうやら三人ともそれぞれに似たような妄想をしていたらしいと、大人になってからわかりました)

父は毎日お酒を飲むし、口で母にかなわないと暴力に走る傾向がありました。
母は勝気なせいか、言葉が鋭利でした。
特に気が滅入るのは、父が出張で家にいないときなどに、母は姉や私に父のダメなところを吹聴することでした。母はただ聞いてもらいたかっただけかも知れませんが、喧嘩の本当の理由を知らない私たちにとっては、父が酔っぱらって醜態をさらしているのも見ていますし、母だって口汚くののしったりするわけですから、父の印象がいいはずもなく、父の悪口ばかり話す母の印象も最悪なわけです。
だから「父ちゃんと母ちゃんが別れたら、あんたらどうする?」と聞かれるたびに「別れたければ別れればいい。どっちにも付いて行かん」と子供にしては大変冷めた回答をしていました。この頃、私は付いていくなら姉のそばだと思っていました。
母と姉も度々ケンカしていました。
姉としては、私と同じで父のいない時に父の愚痴を聞かされるのは、たまらない気持だったのでしょう。それを母にぶつけてしまうのでケンカになったのだと思います。
とにかく父は男なのだから一人でも我慢できるだろうと思っていました。
母にはまだ幼いけど弟が居る。弟には母が居る。姉には私が付いて行かなければ誰も居ない。そんな風に考えていました。小学5年生の頃です。

それと私は姉や弟が父や母に甘えていくように甘えることが出来ませんでした。
甘えたいと思ったことはありましたが、二人のように甘えようとすると、いつも父も母も「なに、この子?」という目を一瞬するのでした。
それは多分、私が無口で大人しいのに(実際はそう大人しくはなかったけど)、明るくてよく喋る姉や、やはり気質的に姉と似た弟の真似をしようとしたところに無理があっただろうと思いますが、甘え方もよく知らない子供だったのかも知れません。
姉や弟のやり方を真似ることしか出来なかったのでした。
それが両親には奇異に映ったのかも知れませんが、子供の頃は自分だけが受け入れられないようで寂しかったのでした。
いつしか「何も望むまい」と自分に言い聞かせるようになっていました。
本当はめいっぱい望んでいたのですが、それを強引にでも抑え込むようにばかりしていました。実際のところは、心の中でものすご~くひがんでいました。
私のひがみによる反発対象は姉や弟ではなく、父母に向いていました。
父や母の目が常に姉、そして私を飛び越して弟へ向けられると感じていました。
なぜ私をを見てくれないのかと思っていました。
そして、大きくなるにつれてそこに親に対する軽蔑の感情が加わって、心の中は愛されたい思いと親に対する反発心で真っ二つ状態でした。

結果的に両親に懐かず、お姉さん子になっていましたが、一方で『自分だけ、この家で浮いている』と思っていました。
何にせよ、学校も家も私にとって安らぎの場ではありませんでした。
一日の中で私が自分を全開にして解放することが出来たのは学校から帰って、カバンを置いたら飛び出していく世界。近所の子らといろんな遊びに興じる間、私はまったくの自由でした。何も思い悩まず、心から笑い、思いっきり飛んだり跳ねたり転げまわっていました。その場をまとめていたのが姉でした。(子供の頃から、姉の周りには不思議と人が集まるし、リーダーシップがあった)
つまり姉だけが学校で委縮する私、家の中で暗く沈む私、遊びの中で天真爛漫に笑っている私を見ていたのでした。(当時は気づいていなかったのですが、そういやそうだな…と思ったのでした)。
きっと、この自分を解放できる時間や場所がなかったら、私は相当歪んだ性格に育っただろうなと思うのです。
私の子供のころ、その辺りはまだ僅かながら自然が残っており、私たちのところでは赤ん坊から姉と同じ年までの子供が一緒になって遊ぶ形が残っていました。
遊び場所は家から離れていたわけではありません。
実際のところ家のすぐ前の草ぼうぼうの空地が私たちの遊び場だったのでした。
でも、そこには子供だけの王国がありました。
よほどの一大事でもない限り、大人が一切介入しない世界でした。
喧嘩が起っても、何が起こっても、子供だけで解決する世界でした。
そこでだけ、私は自由になることが出来たのでした。
そして夕方になり、そろそろ家に帰らないといけないとなると、家に近づく一歩ごとに私の心には再びカーテンが降りてきて重く沈んでいくのでした。

自分はどうして、この場でするように学校や家で自由に話したり笑ったりできないのだろうと思っていました。
そうしようと努力したことはあったのですが、うまくいきませんでした。この頃はそんな自分を二重人格だと思っていました。
学校では大声で話したり笑ったりするクラスメートたちが眩しく見えました。
自分も屈託なく話したり笑ったりしたいと、常に憧れていました。
でも、どうしたらそう出来るのか、まるでわかりませんでした。

banner_02.gif
ポチっとお願いします
f_03.gif
こちらもヨロシク

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは^^
ミッチョンさんも大変な思いをして育ったんですね。
私も結構辛い思いしてますが…子供は両親を選べない。両親も子供を選べない。
子供は親の愛の結晶だなんて本気で思って傷ついたこともあったり…
と、いきなりこんなこと書いても困りますよね;すみませんm(_)m
なにやら思い出が出てきました^^;
私の場合おたふくでは無いのですが引越しが多かったので周りに馴染めないとかありました。
ミッチョンさんはお姉さんがいてよかったですね^^
…なにやらまとまりの無いコメントですみません;

☆ラピスさん
コメント有難うございます。
暗い話なので、コメントしにくいだろうと思いながら書いています。
う~~~ん、確かに当時は大変だったのです。思春期の頃は本当に心真っ二つの宙ぶらりんで苦しかったのです。当時書いた詩なんて本当に暗いv-12
でも、SEEDさんのコメントへの返答にも書きましたが、あの時期に悩んで苦しんだことはみんな、私の宝物だったんです。
当時はわかりませんでしたし、宝物だと気づくまで、随分時間がかかりました。
十代の頃は死を意識したこともありました。
けれど、死ななくて良かったと思っています。
あんなまま死んでいたら宝物に気付けなかったですからね。
それに今では子育てがどんなに大変かもわかりますし(子育てしたことはないけれど)、生きていくだけでも大変な時だってあります。
子供は親を神様のように絶対的な存在だと思いこんでいるけど、親だって生身の人間なので、子供の期待通りに存在することはできないんですね。ただ子供は親に失望していきます。
傷ついて育つ人が沢山いるな…と思ったのです。中には子供に手をかけて死なせてしまうようなダメダメな親も存在しますが、大抵は普通の親だと思うのです。
だから、いたずらに傷つかないでほしいな…なんていう思いで、これを書いています。
きちんと親の生きてきた背景やなんかを知ると親も自分も許せるもんだということを伝えたいなと思っています。

>子供は両親を選べない。両親も子供を選べない。

e-390これ違うと、とあるところで教わりました。江原さんも同じようなこと言っていたのじゃないかと思います。
確かめようはないんですけどね(笑
これに関しては次回、チラリと出てきます。

最近のトラックバック

C-PREVIEW

ブログ内検索

RSSフィード

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
★★お願いします★★
ペットショップ廃業に伴い保護されていた犬猫たちもボランティアさんの尽力で病院で治療を受け、引き取り先が見つかり、残るは2匹ということですが、その後も色んな不幸な動物たちを保護して活動されています。 単に「好きだから」では出来ないことだと思っています。 良かったら応援してあげてください。 http://ameblo.jp/inunekodaisuki/ それから、これも…
同盟バナー猫ミニ動
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ONE Click 募金
ワンクリックであなたも募金が出来る!(厳密にはTWO Click←笑)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
☆☆ お知らせ ☆☆
当ブログでは、コメント欄への本文と関係のない文・広告等を禁止しております。アダルトサイトへのURLと思しきものが記載されているコメントやトラックバックは、見つけ次第当方にて削除致します。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
左サイドにワンクリック募金を設置しています。良かったらご協力ください★★★★★下の方でブログペットのyukiが、遊んでほしがっています。お時間があったら相手してやってください。覚えた言葉を披露するのが好きなようです。たまに俳句をひねります(笑)★★★★★もう一つブログをやっています。(リンクの中のspring outです)通常の記事は物語。メンバーになると限定記事が読めます。限定記事は主に………ウヒャヒャヒャヒャ(*⌒ヮ⌒*)ゞ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール

celesty

Author:celesty
精神年齢5才と17才と35才を駆使して生きてる半端者です。

うっき~☆おみくじ
『おみくじを引く』をクリックしてください。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミュ~&マオは今いくつ?
ミューの誕生日は2008年9月17日♡マオの誕生日は2009年5月17日
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキング

人気blogランキングへbanner_02.gif

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。