スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 蝶々バラバラ事件

2007-08-25

私がうんと小さかった時の印象的な出来事を書きたいと思います。

姉が幼稚園ぐらい…だとしたら私が3つか4つ。もしかしたら5つだったかも知れない。まだ走る足元が十分しっかりしていない頃のことです。
近所の住宅地の中には小さな公園が点在していました。
子供の頃は十分広い野原のように感じましたが、中学に上がる頃にはその公園は家一軒分ぐらいの広さしかなかったと記憶しています。
他にも本当は公園ではなく家を建てる予定の空き地とかも記憶の中では道に区切られた野原という感じで残っていました。
そんな中を姉を先頭に近所の子供たちが走っていました。
私は一番後ろから、みんなを追いかけていましたが、草に足をとられて前のめりにコケてしまいました。
そのとたんに左手にヌルッとした感触。
自分の手を見て、自分が蝶々を持って走っていたことを思い出しました。
蝶々は私の手の中で握りつぶされていました。
気持ち悪くて、とっさに傍に生えている草に蝶々の残骸をふき取り、すぐにみんなの方へ走って行こうとしたら…なぜか私の足が勝手に止まり、勝手にまわれ右をしました。実際には左だったかも知れません。ただ体が勝手に自分が行こうとしてる方向とは別の方へクルリと向き直ったのです。

私の体が向いた方向には公園に隣接する家の塀が見え、塀の手前に生えている何本かの木が、葉を穏やかな風に揺らせながら立っている。
そして草や花が風に揺れている。
春か初夏の眩しい日差しの中の野原のいつもの光景でした。
でも、私は自分から少し離れた所に誰かが立って、自分をじっと見つめているのを感じました。

その人は姿は見えない。
でも私が暗い押入れの中に隠れても、その押入れの中の小さな箱の中で、たとえ息をひそめても…その人からは丸見えで、こうして心の中で思うことも、その人から隠すことはできないのだ…と思いました。
そう思ったとたんフワッと体が自由になり、私はあわててみんなの方へ走って行きました。心の中ではなぜか『神さま、ごめんなさい!蝶々さん、ごめんなさい!』とつぶやいていました。

そしてみんなの所へ追いついたとき、近所の子の一人が意地悪そうに言いました。「あんた、蝶々つぶしたやろ!」
私はドギマギしながら「つぶしてへんよ!」と語気強く言いました。
その子は私の語気の強さにびっくりしてそれ以上追及はしてきませんでした。
そのときまた『こうして、こういう人(姿の見える人)には嘘も通るけど、さっきの人(姿の見えない人)には通用しないんだ…』と思いました。

その時の姿の見えない人から流れてくるというか、感じたものは、厳しさと包み込むような温かさ。
それは不思議な感じでした。相反するものが同時に伝わってきていたのでした。
rapis.jpg
その後しばらくの間、嘘をつけなくなったのは言うまでもありません

虹の写真は徒然主婦日記のラピスさんからいただきました。
この話にピッタリな写真がないなと思っていた時、ラピスさんのブログでこれを見て『これしかない!』と思いました。とてもきれいで、めずらしい形の虹です。



banner_02.gif面白いなと思ったらぽちっとお願いします
f_03.gifもちろんこちらも
ただずっと『あれは一体だれだったのだろう…?』と思っていました。
あの時『神さま、ごめんなさい!蝶々さん、ごめんなさい!』と心の中では叫んだけれど、あの存在が神さまという気はしませんでした。
でも誰という特定もできませんでした。

高校時代に一度だけ人に話したことがありましたが「それは罪の意識が作りだした錯覚だ」と言われました。
でもあの時、罪の意識が芽生えたのは蝶々をつぶした直後ではなく、金縛り(今思うと、あれもフンワリとはしていたけど金縛りと同じだと思うのです)が解けた後なのです。


後年になって私はピッタリ腑に落ちる言葉に出会いました。
『守護霊様』
です。
一般的には守護霊という存在をどのようにとらえているのか知らないのですが、あるところで『守護霊とはあなたを見守りながら指導する存在です』と教わりました。それはまさに私が感じたことを的確に言い表している気がしました。

これから折を見て「これは守護霊ではないかな」と自分が思っているエピソードを書いていこうと思います。
ますます、内容がバラバラになって主旨のはっきりしないブログまっしぐらです(笑)
このバラバラさ加減も私らしいといえば私らしいのです(爆)
なぜ書こうと思ったか…もともと書きたいと考えてはいたのです。
まだ世の中では目に見えないものに対する認識はあいまいで好奇心が先行してしまうけど、目には見えない自分専属の存在が居ると意識することは意外に大切なことのように思っていたのです。
すでに江原さんとか有名な方々が伝えていることではあるけれど、ローカルな方向から発信するのも、より身近に感じられるかも知れないと思ったりしていたのでした。

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは!

こんにちは!
何だか、不思議な体験ですね!
でも私は、ミッチョン様のおっしゃる感覚
分かります!
ミッチョン様ほど、鮮明で離れた所から
と言う、同じような感覚でなくとも
何らかの存在を感じる事が
今迄に、何度かありました!
一つは、神様か?守護霊様か?
はたまた、天使様なのか?
気持ちの中では、神様だったのですが・・・
もう一つは、亡くなった父の存在!
他にも、誰かは分からないけど
誰かが側にいるような感覚
でも、自分の意思とは違う行動を取るって言うのは
まさに、何かに動かされている気がしますよね!
特に、子供のころだったら
そう言うアンテナの感度が良いそうですし
何らかのメッセージと言うか
教えのような物を
与えられたのかもしれませんね!
それに、私もいつの日からか
どんなに嘘をついても
必ず誰かに(神様や、守護霊様、
見えない神的な存在)全て見られている
だから、悪い事は出来ないというか
もし、ちょっと悪い事をしても
心の中で「ごめんなさい!!」
と、謝る自分がいます。
この話題になると
話しは尽きないです!
今、ブログの記事を
今日は、あれでもないし
これもちょっと?
なんて思っていたのですが
父の存在を感じた時の事も
書きたくなりましたが
今日書くかは、まだ分かりませんが
又いづれ書きますね!
テンプレを変えたり
若干リニューアルもしたいし・・・
迷う所ですv-410
内容バラバラ、主旨がなくったって
ぜんぜんOK!
だって、自分のブログですもん!v-410
私も、その一人ですしv-411
>目には見えない自分専属の存在が居ると意識することは意外に大切なことのように思っていたのです。
私もそう思います!
ここ数年、ブームに感化されたからと言う
訳ではなく
意識を向けるようになって更に
何かのメッセージや、お力添えだと
思えることが多くなりました
その都度、感謝しております!

いや~、こう言う話しを
ゲテモノ扱いされずに
語り合えるのは、嬉しいですね!
ミッチョン様に出会えた事を
本当に感謝です!!
又、色んなお話し
楽しみv-410にしていますね~!

お写真、本当にステキe-420ですね~!
肉眼で、見てみたいな~!!
長々と失礼しました~!!



こんにちは!ミッチョンさん!

私の母と妹は霊感があり、色々と感じたりしていました。

特に妹はすごく、色々見えていたそうです。
旦那さんはそういったものを信じないタイプでしたが、
結婚した途端、見え出して、
離婚したら見えなくなったそうです。

私は父方の俗っぽいタイプでしたので、
妹の件は30代になるまで、教えてもらえなかったです。(笑)

写真といううものはすごいですね。
言葉を超えるものを映しだして。
ミッチョンさんのブログの写真は、花火にしても
びっくりするぐらい美しいですね。

自分も愛宕神社に参拝したおりは、
よく写真をとるのですが、
ぶれてブログに使えません。
では、また!

☆ちゃーみー♪さん
これを書く勇気を与えてくれたのは、ちゃーみー♪さんだと思っています。
ごく自然体でスピリチュアルな記事を書いていらっしゃったので、こんな風に書けたら言うことないんだけどな~~~~~と、ずっと思っていました(笑)
本当はブログ始めた当初から書くことは考えていたのに、このブログあらぬ方向へ走って行くんで半ばあきらめていたのです(爆)
でも本当はみな気がつかないだけでスピリチュアルはそこらへんに転がっていると思っているので、こんなブログがあってもいいか…という開き直りで書くことにしました。
ただ扱いは難しいぞと、やっぱり思います(笑)
ちゃーみー♪さんのお話も楽しみにしています♪


☆ケイエムさん
こうした経験がありながら、私自身は自分には霊感なんてないと二十歳過ぎぐらいまでは思っていました。私の姉や叔母は霊感が強いようですが、弟などは完全な否定者のように感じています。(実際は怖がって拒否しているように見えます)
家族でもいろいろですし、霊感のレベルも様々です。私は一度だけ見た事ありますが、その話は守護霊の話とはまた違うので、書くかどうかわかりません。
私も怖がりですので、見たら心臓止まるから見えないでねとお願いする方です(爆)

ミッチョン 様 ご訪問コメント戴きまして。

ミッチョン 様 ご訪問コメント戴きまして。
有り難うございました。栗林公園の銀杏の木
大木なのよ。凄い綺麗です。
ご鑑賞戴きまして感謝です。

蝶々ね。小さい魂で良心の呵責に苛まれたのですね。小さい時の出来事は一生人間を左右
致しますね。眼に見えない物に好奇心を抱き
人生を幸せに送れたら。神仏はキット喜ぶでしょうね。

    ミッチョン 様   冨士丸

最近のトラックバック

C-PREVIEW

ブログ内検索

RSSフィード

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
★★お願いします★★
ペットショップ廃業に伴い保護されていた犬猫たちもボランティアさんの尽力で病院で治療を受け、引き取り先が見つかり、残るは2匹ということですが、その後も色んな不幸な動物たちを保護して活動されています。 単に「好きだから」では出来ないことだと思っています。 良かったら応援してあげてください。 http://ameblo.jp/inunekodaisuki/ それから、これも…
同盟バナー猫ミニ動
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ONE Click 募金
ワンクリックであなたも募金が出来る!(厳密にはTWO Click←笑)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
☆☆ お知らせ ☆☆
当ブログでは、コメント欄への本文と関係のない文・広告等を禁止しております。アダルトサイトへのURLと思しきものが記載されているコメントやトラックバックは、見つけ次第当方にて削除致します。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
左サイドにワンクリック募金を設置しています。良かったらご協力ください★★★★★下の方でブログペットのyukiが、遊んでほしがっています。お時間があったら相手してやってください。覚えた言葉を披露するのが好きなようです。たまに俳句をひねります(笑)★★★★★もう一つブログをやっています。(リンクの中のspring outです)通常の記事は物語。メンバーになると限定記事が読めます。限定記事は主に………ウヒャヒャヒャヒャ(*⌒ヮ⌒*)ゞ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール

celesty

Author:celesty
精神年齢5才と17才と35才を駆使して生きてる半端者です。

うっき~☆おみくじ
『おみくじを引く』をクリックしてください。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミュ~&マオは今いくつ?
ミューの誕生日は2008年9月17日♡マオの誕生日は2009年5月17日
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキング

人気blogランキングへbanner_02.gif

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。