スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 釣り竿(BlogPet)

2007-10-01

きょうはふぅりんと釣り竿利用みたいな更新しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「Yuki」が書きました。
スポンサーサイト

 しくしくしく…

2007-10-03

またまた失敗して記事が消えてしまった~
返せ~戻せ~私の2時間~とか言っても虚しい…ゾ
すみません。明日は早いし、明後日ももっと早く出なければいけないので更新はむずかしいです。明後日の晩ならば翌日休みなので何回失敗してもヘーキですが、今日は書き直しは無理なのです。しくしくしく…申し訳ない。
明後日の晩再チャレンジしますので、お待ちください~~~ゾ


お詫び画像でございます~~~
P1000774.jpg

yumikokin 002

yumikokin 003


ではまた~

 試してみました☆

2007-10-06

もう3~4週間ほど前になってしまうでしょうか、SEED化粧品というところからサンプルを取り寄せました。
SEED化粧品を知ったのは、ちゃーみー♪さんの記事を読んだSEEDさん(SEED化粧品の事務員さん)が 『誕生日が一緒です』 とコメントをくださったのがキッカケでした。
SEEDさんは私と同じ誕生日なのに不精者の私とは違い、いろいろなお肌の手入れ法や化粧法を自分の体を張って実験し、ブログでその結果などを発表していらっしゃる方です。 (なぜこうも違うのか…不思議だ)
SEEDさんのブログを覗くと、だいたいはついでに会社の方であるSEED化粧品のHPも覗くという流れになりますので、そこに出ているアンチエイジング化粧品の存在は当然気になっておりました。
でも隅々読むわけではないので、サンプルの存在には気づいていませんでした。
特に私は洗顔石鹸が気になっていました。

現在使用中の洗顔石鹸は、姉から貰ったものですがきめ細かでしっかりした泡が沢山出て洗浄力の高い良い石鹸ですが、私は泡の限界というのがあるんじゃないかと常日頃思っていました。どんなにきめ細かな泡でも肌の毛穴よりはうんと大きいだろうから、洗浄力には限界があるのではないかな~と考えていたのでした。
しかしそう考えても、現在使っている洗顔石鹸の洗い心地は、これまで使ってきた洗顔石鹸の中では最高の感触でした。
でもSEED化粧品のハーブワンはマイナスイオンを多く出す変成岩というものが配合されているというのです。いわばマイナスイオンの力で毛穴の汚れを吸着するという発想。
その発想自体はすでにありますが、洗顔石鹸においては初めて目にするものです。
それで気にはなっていましたが、すっと手が出なかったのです。
実は以前から姉に貰った洗顔石鹸と同じものを、次は私が注文することになっていました。
それはハーブワン石鹸と同じぐらいの値段で、ちょっと買うのには勇気がいる1つ2000円代の石鹸なのですが、初回の注文に限り複数買うと何割引きかして貰えるので、思いきって10個ぐらい注文しようかと言っていたのでした。しかし、この石鹸が気になる…と思っていたところに桜子さんのブログを見て『こりゃすごいかも!』と思ったのでした。
それで翌日姉に「実は気になっている洗顔石鹸があるけど」と話し、会社のパソコンでSEED化粧品のHPを見せたのでした。
前日にサンプルがあるのを見つけていたので「サンプルもあるんだよ~ン!」と言うと、「よし、サンプルで試すだ!申し込んでちょ!」(多少脚色あり)と言うので、その場でサンプル申し込みをしました。そして家に帰ってから、自分の分もサンプル注文したのでした。

姉はサンプルが届くと早速使い、その感想を言っていました。
姉曰く、
「エステティックパウダーは魔法の粉だー!」
「リフト ホワイトパックは本当に持ち上げるー!」

……………でした。(これは脚色なし。このままのことを言いました)
姉はハーブワンで洗顔した後にエステティックパウダーを水で溶いて顔全体に塗り、2~3分たってから洗い流すと、お肌がツルンツルンになったと言っていました。それで感激し、リフトホワイトパックも試してみたということでした。
それに同じぐらいの値段でありながら、現在使っている洗顔石鹸が30gに対し、ハーブワンは80gであるところまで、しっかりチェックが入っておりました。

それを聞いた事務手伝いの女性が速攻でサンプル注文していたようで、私が躊躇している間に、とっととサンプルを試していたのでした。
なぜ躊躇していたかというと、私は頭から布団かぶって寝る癖があるのです。
夏は最初はかぶっていませんが、起きたときには被っています。
冬は顔が寒いので端っから被って寝ます。
引っ掛かっていたのはリフト ホワイトパックだったのです。そんな寝相で使うことが出来るのか???と躊躇っておりました。
だから気になっていたハーブワン石鹸はすぐに使ってみたのに、あとの二つは袋に入れたままになっていました。
それを言うと、事務手伝いの女性が「ぜんぜんベタベタしないでサラサラだから布団につく心配ないよ」と教えてくれたのでした。
それを聞いてようやく私も使いました。
ハーブワン石鹸は、これまで使っていた洗顔石鹸に勝るとも劣らない洗い心地で、洗い上がりスベスベで、私はこっちに乗り換えるのを決めていました。
エステティックパウダーは、姉が言うには水の量が難しいということでしたが本当に難しくて、私は水が多すぎるのか、姉の言うツルンツルンがよくわかりませんでした。
で、説明書に書いてあったので、ハーブワンの泡にパウダーを少量混ぜて使うことにしました。
リフト ホワイトパックの使い心地は…その突っ張り方は、乾いたらめくるタイプのパックに似ているのですが、乾いたらめくるタイプのパックは使ったことのある人はよく知っていると思うのですが、10~30分ぐらいは乾くまで待たねばなりません。(塗った量や気温・湿度等で乾く時間は変わる)
ピーと突っ張ってくるのはゼリー状のクリームが乾き始めてからなのです。
乾くまでさわることも出来ません。
ところが、このリフト ホワイトパックは塗ったとたん突っ張ってくるのです。
しかも本当にベタベタしません。さわってもサラサラしています。
これは寝る前に塗って朝洗い落とすタイプなのです。
私には、こっちの方が魔法のように感じられました。
これは確かに桜子さんのように横になったら1秒で(笑)寝てしまう人にピッタンコかも~と思いましたうふふ
本当にこれは枕元に置いて横になる直前に使うのがいい感じです。
CA390045.jpg
おまけ画像です~(9/2撮影)


で、その後とりあえずハーブワン石鹸とリフト ホワイトパックを注文し、今日届きました
これで肉体年齢を少しでも精神年齢に近づけるという野望が…
(いや、肉体年齢と精神年齢が離れてるといろいろ大変なんですよ・爆)


banner_02.gif
参考になったと思ったらポチっとよろしく
f_03.gif
こちらもよろしく


追記:
姉は敏感肌で、ちょっとでも刺激の強いものだったり、香料が多かったりすると赤くなったりプツプツの出るタイプ。私はお肌頑丈で少々のものではビクともしません。
だから、姉の感想の方が参考になると思います
カクテル

more...

 初めてのダイエット

2007-10-08

私は長年一定の体重、一定の洋服サイズをキープしてきたのですが、5年ほど前に突然いきなり5kg太り、それから程なくまたも5kg太るという大大アクシデントに見舞われました。
合計10kg太ってしまったのですnamida
それまでは2~3kgの体重の増減は自由自在と言っていいぐらいコントロール可能でしたが、その時からたった500gでさえ自分の思い通りにならなくなってしまったのです。
いきなり太ったのでズボンやスカートなどが入らなくなり買い替えなども大変でした。

特にジーパンは長年同じサイズを着用してきたので、自分に合うサイズが全くわからなくなってしまい『もう一生ジーパンはけないんだ~』と、悲観的にもなったのでした。
長年の間、一年のほとんどジーパンで過ごしてきたので(スカートは10回も着用しているかどうか…)これは大変ショックでした。
そしてダイエットのことなども考えましたが、生来の不精者ですからウォーキングとかジョギングとか考えたりもしましたが、よっぽど楽しくなければ続かないだろうな…と予想出来てしまうのです。
多分スポーツジムなんかでインストラクターに指導されながらやるエクササイズの方がまだ楽しいだろうなと思いましたが、近場にスポーツジムはありません。
電車で通わなければ行けないようなところは、行くまでに面倒がって行かなくなるだろうということも予想出来てしまう…落ち込み
かといってダイエット食を取り入れるというのも、最初は却下でした。
私はもともと食の細い方なので、これ以上減らしたら栄養不足になってしまうと思ったし、そうグルメでもなく、食にうるさい方ではないですが、食べたい時に食べたい物を食べるという基本的なこだわりがあります。(といっても、塩分が欲しいとか、甘いものが欲しいとか、野菜が食べたいとか、その程度)
食べたいと思う対象がシンプルなだけに、これを曲げてまでのダイエット食なんて~と思っていました。
だから、太ってきたのはもう年齢的なことで仕方ないのかなと思いつつ、ダイエット効果のあるサプリメントなどを試していましたが、効果はまるでありませんでした。

そんな感じでなかば諦めていたし、すぐ目の前に私より太っている姉がいることもあって『ま、いいか』で数年が過ぎました。そして今年の3月ぐらいだったと思うのですが、通販で買い物したとき届いた荷物の中に、いろんな商品のチラシやパンフレットが入っていました。
その中に『禅食35』というものがありました。
小見出しに『韓国寺院伝承・自然食材35種類の生きた栄養素』とあって、興味をそそられ(ダイエット以上に、けっこう健康オタクなところがあります)パンフレットを読むと、『野菜不足がちな方に』とか『健康的に痩せたい方に』とか『病後の栄養補給に』とか書いてありました。
なんでも昔の韓国の寺院で栄養補給食として考え出されたもので、韓国では『生食』と言い、2000年の歴史あるものだそうです。
ちなみに含まれているのは、
玄米、発芽玄米、α玄米、大麦、ハトムギ、トウキビ、アワモチ、キビ、そば、小麦、トウモロコシ、黒ゴマ、黒豆、大豆、赤豆、緑豆、アンゼリカ、ケール、ナズナ、ヨモギ、ニラ、ニンニク、ニンジン、カボチャ、ごぼう、ツルニンジン、クコ、さつまいも、しいたけ、山芋、アガリスク、リンゴ、ミカン、ワカメ、昆布の35種類。
これにプラス、
β-Dグルカン、水溶性食物繊維、海産物不溶性食物繊維、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE、葉酸、鉄、マグネシウム、リン、カルシウム、ビール酵母、フラクトオリゴ糖、チョコレート、大豆タンパク、乳酸菌が配合されているようです。
私は逆単で今一人暮らしですから、それに台所はものすご~く小さな流し台と電熱機があるだけで、まな板を置くスペースもない不便さで、ほとんど自炊していないのです。
栄養の偏りは前から気になっていましたから、これはいいかも知れないと思いました。
詳しく読むと、1箱10個入りで3000円ぐらいしますが、3箱セットで定期購入すると8340円になるとありました。
これは定期購入しかないだろうと思いましたきらーん
毎月1万円近い出費は一見痛いですが、それくらいで健康が買えるならば安いのではないかと思いました。


banner_02.gif
ポチっとお願いします
f_03.gif
こちらもヨロシク

more...

 お詫びしたいなぁ(BlogPet)

2007-10-08

きのうミッチョンと、お詫びしたいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「Yuki」が書きました。

 小さな命

2007-10-12

今日会社に行くと、事務所に置いているバケツの中で小さな鼠が死んでいました。
うちの会社は1階が工場、2階が事務所になっていて、必要とあらば二階にも物を吊り上げて収納できるようになっています。
物を吊り上げたり吊下げたりするために壁の一方が大きく開閉出来るようになっているのです。
その開閉部は隙間があり、鼠等は電線を伝って隙間を通り抜け、中に浸入できたりするのです

しかし、よく考えると事務所は隙間や穴がたくさんあって、もっぱらそっちから出入りするようなのです。うちはセコムしているのですが、夜中にセコムが緊急出動してきた原因の98%は鼠かイタチ、1%が夕方侵入していた猫、残りの1%が人間ということです
人間というのは別に泥棒が入ったのではなく、泊まりがある場合のセコムへの連絡を忘れたというものです。
以前からセコムにネズミ対策をするよう言われていたのですが、うちの場合は全面建て直しでもしないかぎりは防ぎようがないほど、小動物の進入口が多すぎるのです。
一応、鼠を撃退できる超音波発生装置とか昔懐かしい鼠捕りのワナとか仕掛けましたが効果はありませんでした。超音波もほんの数日だけ効き目ありかな?と思った程度でした。
結局のところ、食べ物を置かないようにするぐらいしか打つ手なしという状況なのです。

事務所には台所があって、その気になればそこで料理も作れるし、また、ほぼ毎日何だかんだとおやつを買ってきてはテーブルの上に置きっぱなしにする人もいます。姉です。
みんなに食べてもらおうと思って買ってくるのですが、以前は食べ残った分などが、そのまま置かれている状態でした。
そして鼠はなんと事務所のあちこちに別荘をこしらえ、食べ物を持ち込んで夜な夜なそこで寛いでいたようなのです。
何人かが犠牲となり、大事な書類棚から糞尿の跡が見つかったりしました。
食べ物を置きまくる姉の席の横の棚も別荘となっていました。
それで、食べ物を出しっぱなしにしないよう徹底したところ、飢えた鼠君たちはどうやら死に物狂いで食べられるものを探したようで、以前は何ともなかったキャンデーやコーヒー豆の袋も齧って、食べ物を探すという暴挙に出ていたのでした。
それでコーヒー豆が入っていた箱から中身を出して戸のある棚の中にしまう様にし、キャンデーは蓋付きの容器に入れるようにしました。
あと、カップめんなども封を開けてなくとも安心できないので、棚の中に入れるように徹底したのでした。
以前は黒いごみ袋もむき出しで置いていましたが、今は大きなポリ容器に入れ、食べられるゴミも出さない徹底ぶりです。

そうしたところ、今日、鼠捕りにも掛からなかった鼠が、ごく普通のバケツの中で死んでいたのでした。
その鼠はドブネズミとは少し違う種類のようで、まだ小さかったので子供だったのかも知れません。
あちこち食べ物を探しまわっているうちにバケツの中に落ち、出られなくて多分ショック死したのではないかなと思うのです。目が空いたまま死んでいたので、突然の心臓発作のような感じだったのかも知れません。
うちのジャンガリアンと同じか、それよりもう少し小さいぐらいの亡骸は、私にとってはうちのコが死んだときと同じに見えました。
可哀そうにな…と思いつつ、事務所の男性たちがオタオタしているので、どうしたのか聞くと「鼠の死骸をかたずけなあかん」と言いつつ、軍手をして重装備し、ビニール袋はないかとか言ってるので、私は仕方なくビニール袋を手にはめて、鼠の亡骸をつかんでそのまま袋をひっくり返したのでした。
「わー、素手やったら直接感触がわかってしまうやんか!」と騒ぐ男性陣。
「うち、ハムスターいるから平気や」と私。
もちろん、自分のハムスターならビニール袋も使いませんが、一応野生で生きてる鼠ですから、どんな所を通ってきてるかわかりませんので、素手でさわることは出来ませんでした。

でも、ふとずっと以前の自分を思い出しました。
ハムスターを飼う以前の自分や、飼い始めて初めてハムスターの鳴き声を聞いた時の自分。
見た目可愛いハムスターは声も可愛いに違いないと、どこか無意識で思いこんでいたようで、初めて聞いた声が、まるで鼠だったのでうっすらと落胆した記憶があります。
そんなことも忘れて今ではすっかり、この声も可愛~い とか思ってるわけで、いつしか鼠も愛でる対象になっていたようでした。
この死んでしまった鼠が生きたまま見つかったら連れて帰ったかも知れません。
それか、どうせ誰も殺せないと思うので、工場でエサあげたりなんかすることになったかも知れません。おそらく姉と私はそう動いてしまうことでしょう。

小さな亡骸は、人間からは害獣と忌み嫌われていますが、もしも人間が都市という名の自分たちだけの砦を作らなければ、野原や森で生息する普通の動物だったのだと思いました。
人間が自分たちの領土をどんどん広げたため(また、お手軽にエサが手に入るということもあったのでしょうが)、彼等は人間が垂れ流す汚物の中で生息せざるを得なくなってしまったのだという記事を、たまたま昨日とあるブログで読んだせいもあるのかも知れませんが、ふと彼等も最初から汚い生き物だったわけではないのだと思ったのでした。

ただバケツの中で、もがいてもどうしても出られなくて、どんなに怖かっただろう…と思いました。死ぬほどの恐さです。
そんな死ぬほどの危険を毎日冒して、彼等も必死で生きているのだなと思いました。
だからといって食べ物を置くわけではありませんが、人間はどれだけ多くの同胞(同じ地球上の生物)に支えられて存在しているか考えた方がいいと思いました。
鼠は土に還してあげました。

 最近のニャンコたち

2007-10-13

先日、東京の友達から久々にメールをもらいました。
このブログを時々のぞいてくれているということで、大変嬉しかったのでした。
私は現在も部分的筆不精というか、限定型筆不精と言いますか、大変わがままな筆不精が続行中なのです。
なぜ大変わがままかというと、季節のあいさつ限定で書けないからです。
なぜなのか、自分でもよくわかりませんが、以前は年賀状にしろ暑中見舞いにしろ、書こうと思って毎年ハガキは準備していたのです。そして、休みの日などにペンを持ち、………、ペンを持ち、………、ペンを持ち、…ハガキとにらめっこ
数年そんなことを繰り返し、今ではやさぐれてハガキも買わなくなってしまいました(ノ・_・)ノ⌒●~*
そんな私を見捨てずに毎年きれいなイラスト入りの年賀状を送ってくれる友達です。
今回は特に彼女たちへのお詫びと感謝をこめて(ネコ画像や人形画像、ハム画像に癒されているということでしたので)画像をたくさん見てもらおうと思いました。

まずは、
P1000725.jpg

只今パセリとセロリは遊びたい盛り。
この子たちにとって姉の自宅は全体が遊園地の如しで悪行を繰り返しているとのことでした。
壁登りとかもして、壁紙がボロボロになっていくので、そんなに高い所に登りたいなら…と、最近買ってきたのが、このネコ・タワーだそうです。
さすがヤンチャ盛りなだけあって、すぐに興味を示して大人気だとか
でも壁登りは続いているそうです
P1000711.jpg

だいたい騒ぎのある時、率先して悪さをしているのは、このパセリだそうです。
全身好奇心の塊で、どこへでも首を突っ込んでいく、どこか子供時代の姉を彷彿とさせる子です苦笑
P1000713.jpg

そしてセロリは比較的おとなしくて、自分からイタズラをすることはないそうです。
ただし「おにいちゃんがやるならボクもするー!」って感じでパセリの後にくっついて同じワルさをするセロリは、なぜか子供時代の私を彷彿とさせます汗
P1000694_20071013004304.jpg

大変仲が良くて、よくこんな風にくっついて寝ているそうです。
セロリはパセリのことを本当のお兄ちゃんと思っているように見えるそうです。
P1000699.jpg

大変ややこしい寝相です。
P1000723.jpg

首!絞めてる絞めてるヤベッ

banner_02.gif
可愛いなと思ったらポチっとヨロシク
f_03.gif
こちらもヨロシク

more...

 銀、お疲れさま

2007-10-14

さきほど(3:10頃)銀も永眠いたしました。P1000730_20071014033944.jpg

豆と同じように腫瘍が出来ておりましたが、腫瘍に気づいたときすでに1歳半に達していましたので、医者に診せるのはやめることにしました。
P1000633_20071014034236.jpg

銀は、うちでは唯一放牧しなかったコです。
放牧していたコに比べて触れ合う時間が短かったせいか、警戒心は一番強いコでした。
人間は怖がりませんが、外に出ることに慣れていないので、たまにベッドの上などに置くと必死で隠れる場所を捜すのでした。
そのため外へ出したときの写真は撮れずじまいになりました。
P1000636.jpg

つい一昨日、ケージを替えたら銀に怒られて指に穴が開いたところでした。
慌ててもとのケージに戻し、お詫びにぶどうなど食べてもらったばかりでした。
少し元気ないかな~と思っていた時だったので、これなら大丈夫かなと思っていたのですが…
P1000600.jpg

gin 009

これで、ユキとユウの子供は遠方に里子に行ったチロとアズキだけになってしまいました。
私のもとからは全員がハムスターランドに旅立ってしまいました。
かなり寂しくなります。
P1000603_20071014040203.jpg

銀もよく頑張ったね。男の子だからか、最後まで足腰はしっかりしていたのに、急にがたっときたように、ハウスの中で倒れていたね。
でも、もう抵抗しない君を持ち上げたら腫瘍がかなり広がっていたのがわかった…。
本当によく頑張ったね。お疲れさま。
もう苦しいことはないね。
ハムスターランドで、ゆっくりしてね。ありがとう。gin 008
銀、本当にありがとう。いたらない飼い主でごめんね。

2006年1月6日が誕生日でした。

 中身(BlogPet)

2007-10-15

きょうYukiはミッチョンは中身っぽい伝承された。

*このエントリは、ブログペットの「Yuki」が書きました。

 ただのつぶやき

2007-10-22

お久しぶりです。ちょっと間が空いてしまいました。
今夜も空けると先にブログペットのyukiに更新されてしまうので、焦りつつ記事を書いています。時間的に、ブログペットの更新が二つ並ぶ可能性も出てきて、大変に焦っておりますorz
仕事が忙しいというか、私の受け持つ仕事が溜まってきてるというか、そういったことと、ちょびっと何だか『疲れたぜ』気分が最近停滞しておりまして、記事ネタはいろいろあれど、更新が思うように進まない今日この頃なのです。(言い訳その1)
体力も落ちてきているのかな。ハムスターがいた頃は『世話が大変』と思いつつも、癒されていた分が多分にあったのだなと思います。
まだ張りがあったような気がいたしますheyham(言い訳その2)

カメのグリちゃんは健在ですが、グリちゃんは未だに飼い主の顔を覚えてない気がいたします。
お箸をかざすと寄ってきますが、手をかざすと逃げようとします。
多分、お箸を飼い主だと思っているのではないかと……。
初めて飼ったモグ、チチ、パクがみんな旅立った後も、私は寂しくてよくグリちゃんの水槽の横に座ってボンヤリグリちゃんを眺めていたりしましたが、「また二人きりになったね」と話しかけても、グリちゃんはわからないですし…いまいち表情が読めないのがね…。
だからと言ってハムスターなら相槌打ってくれたかというと、そんなこともなかったですけどね。彼等はひたすら食べるか寝るかでしたから。

ただ、ユキはユニークでした。
もともとハムスターを散歩(というより放牧)させるようになったのは、ユキの脱走がキッカケでした。私が仕事に出ている間に、ケージの外の世界を十分に堪能したらしいユキは、私が仕事から帰ってきて電灯をつけたとき、自ら私の足の甲に乗ってきて、こちらを見上げていたのでした。数秒フリーズしたのち、ユキをつかまえてケージに戻しましたが、彼は逃げなかったのです。
むしろ「お家に戻して」って感じ。
それまでハムスターは観賞用の生き物だと思っていたのですが、ユキはハッキリこちらに要求を伝えてくるハムスターで、『ハムスターにとっては人間など自動エサやり機ぐらいな認識なんだろうな』と思っていた私のハムスター観を根底から覆したコでした。
ユキは自分は当然外に出ても良いと思っていたようで、1~2時間の散歩で納得せず、夜から朝までは外で生活というのを実力行使でモノにした頑固オヤジでもありました。
最初はいつ踏むかドキドキしましたが、慣れてくるとユキがそこらへんをチョロチョロしている生活は大変楽しかったのでした。私がフローリングに座って何か食べていると膝の上まで登ってきて「くれ!」って言ってるのがよくわかったし、ラブラブモードになると私の手を必死に追いかけてくるので、困ったけど面白かったし「ハムスターって慣れると、こんなにフレンドリーな生き物だったんだ!」と、気づかせてくれたコでした。
夜の10~11時になると当然の如く外に出て、そして朝には別宅で眠っているところを手ですくってケージに戻す日々は、かなり楽しかったです。
とあるハムスター本には眠っているハムスターをさわってはいけないと書いてありますが、ユキは怖がりもせず、てんで平気でした。
ユキが噛むのは、こちらがパソコンなどに向かっていてユキが何か要求していることに気付かなかったときや、夜、ケージから出す振りをして、またケージに戻すってのを繰り返すと、3回目にはカプッと手に穴が開くのでした。1回目は信じていて、2回目は「今度こそ出してくれると期待して、3回目は「えーかげんにせんかい!」って感じだったのでしょう(笑)
ユキのほかにケイや豆もユキほどは長くないけど放牧していました。
夜から朝までがユキ・タイム。朝出勤直前にケイを出し、仕事から戻ってきてすぐにケイを回収して豆を出す。(ほぼ一日中、誰かが外に出ている状態)
そんなサイクルでした。豆は私の帰ってくる時間帯で放牧時間を左右されていましたが、ユキほどに頑固ではなく、大人しく巣箱に戻ってくれるコだったので助かりました。
ユキだったら大暴れ間違いなしだったでしょう。
どのコもだいたい居る場所が決まっていたし、何というか逃げ惑うのを必死で捕まえる…というようなことが一度もなかったのでした。
いや、ユキのおかげで本当にハムスター・ライフを満喫しました。
多分、次に飼う時も様子見て、今度は私が積極的に出してしまうでしょう。
ただ、もうハムスターが単独生活者だということは十分すぎるくらい分かったので、ひとり飼いにしようと思っています。
二段ベッドがなくなって物の収納に四苦八苦の現在、もう知恵を絞っても、この狭い部屋にケージを複数置くことは出来なくなりましたし、やはり次のコも地下型の巣箱で育てたいと考えています。今度は年がいった時のことも考えて少し改造しようと思っています。
個体にもよるのですが、ユウとケイは自分の体を持ち上げられなくなっていましたから、持ち上げなくても天上の出入り口から出たり入ったり出来るようにしようと思っています。
取り外しのきく階段をつけてあげようと思っています。
足場みたいなのは入れた事あるのですが、それすら体を持ち上げられなくなっていましたからね。(かまぼこ板が沢山要るな…

多分、今年はもう新しいコは迎えません。
ここ数年、ハムスターがいたため夏は帰らず、冬も長くて4日ほどしか帰っていなかったので、次に帰る時は短くても1週間はダンナのそばに居たいと考えていたりします。
はい、逆単でずっと離れちゃってるんですよね。
もともと主婦らしくはなかった方ですが、前に帰った時の散らかり具合がスゴかったので、できれば大掃除などしてこようかと思っているのです。

その前に、自分の部屋のまだ片付かないで、どうしようもなくなっているものを処分していかないと…。もう、5人前のハム・グッズも処分しないとどうしようもありません。
かつて、この狭い部屋に5つもケージがあったこと自体…『どうやって置いていたんだ私?』てな具合です。
二段ベッド…もしも外壁塗替え工事なんてものがなかったら、今もあったんですけどね…。
二段ベッドがあったために以前は収納出来ていたものも、大幅に処分を決心しないと雪崩が起こりそうですダメ

banner_02.gif
ボヤキに気づいたらポチっとヨロシク苦笑
f_03.gif
こちらもヨロシクうる

 記憶(BlogPet)

2007-10-22

きょうは記憶したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「Yuki」が書きました。

 キープ(BlogPet)

2007-10-29

きょう、キープされた。

*このエントリは、ブログペットの「Yuki」が書きました。

 油断した…いや、忘れてた☆

2007-10-31

CA390056.jpg
本当は虹が写っていたはずの画像…汗

お久しぶりでございます
ブログペットのyukiに二連チャン更新を許してしまったミッチョンですアップロードファイル
先週末は姉の家にお泊まりに行ってきました。本当は日曜日夜には戻ってきて更新しようと思っていたのですが、諸事情によりもう一泊することになって月曜日、姉と一緒に出勤してテリトリーに戻ってきました。
姉の家は駅から遠いんですよね…。
行きも帰りも車で送迎してもらう私は運転免許持っていません
ここのところ、徒歩5分でありながら職場から戻るのは平均8時過ぎで、けっこうヘロヘロになっています。
遅い時は10時近くになったりもするので、平日の更新が思うようにいかないのです。
記事を少しずつ書きためることも考えたのですが、感性で動きがちなのか、どうなのか、どうも書き溜めるというような器用なことが出来ません。
書くぞモードになったら一気に書いてしまわないと、途中で止めると日を開けて続きって書けないのです。時間が開くと湧いてくるものも微妙に変わるというか…。
ブログ記事に感性が必要かどうかは、さておいて、そのような質でございます。
それでかな、昔マンガを描いていた時は、食う寝るを忘れる ほど没頭しまくりでした。
まだ、その後遺症が残っているようです。

さてさて、姉の家に行ったということは…はい!また、猫写真を撮ってまいりました
かなり悪行を繰り返していると聞いていましたが、今回はその現場を押さえた写真が多いのです。


CA390089.jpg
これはセロリですが、何をしているかというと新聞読む邪魔をしております。「頼むから、どいて~」と言っても…


CA390090.jpg
知らんぷり。


CA390091.jpg
挙句はパセリも乱入して、本格的に寝てしまった…。

でも、こんなのは猫としては定番ですよね。
猫ってなぜかしら、人が読んでる雑誌や新聞、本(昔は必至で描いてるマンガ原稿の上とか)などの上にドッカリと居座る んですよねニャンコ
理由はわかりません。
彼等はこんな悪さもしてました。


CA390098.jpg
キッチンも我が物顔です。
パセリとセロリは特徴がありまして、姉が調理を始めると好奇心全開で覗きに来るのがパセリで、料理が出来上がって人間が食事を始めると当然のように食卓に加わろうとするのがセロリなのだそうです。この写真は夕食の後片付けの終わった台所を探検中!?

そんな所に上がってはいかんよ、と注意しても


CA390101.jpg
は? 何か?(これは普段から怒られてないんでしょうね)←姉によると怒っても応えないらしいんですけどね(笑)

CA390086.jpg
もう、めいっぱいリラックスしまくりです苦笑
こいつとこいつが、同じ猫だとは…ダメ
CA390076.jpg



これまではパセリの写真が多かったので、今回はセロリ多めです(笑)
セロリは人のぬくもりが好きなようで、抱っこするとすぐにゴロゴロと喉を鳴らします。
パセリはレタスほどには抱っこ拒否しませんが、やはり逃げようとします。
レタスは抱っこ大嫌いなので、抱こうとするとものすごい勢いで逃げますし、しつこく追うと威嚇してきます。(もともとレタスは女王様気質)
そんなレタスの定位置は常にここです。
CA390096.jpg
ソファに陣取ってひたすら寝る




banner_02.gif
ポチっとよろしくお願いします
f_03.gif
こちらもついでにうふふ


写真で撮れてない悪行としましては、夜中に運動会を始めまして、私は顔の上を3往復されました。
頭からフトンかぶる癖がなかったら、顔に爪痕ぐらい残っていたことでしょう


最近のトラックバック

C-PREVIEW

Powered by FCafe

ブログ内検索

RSSフィード

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
★★お願いします★★
ペットショップ廃業に伴い保護されていた犬猫たちもボランティアさんの尽力で病院で治療を受け、引き取り先が見つかり、残るは2匹ということですが、その後も色んな不幸な動物たちを保護して活動されています。 単に「好きだから」では出来ないことだと思っています。 良かったら応援してあげてください。 http://ameblo.jp/inunekodaisuki/ それから、これも…
同盟バナー猫ミニ動
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ONE Click 募金
ワンクリックであなたも募金が出来る!(厳密にはTWO Click←笑)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
☆☆ お知らせ ☆☆
当ブログでは、コメント欄への本文と関係のない文・広告等を禁止しております。アダルトサイトへのURLと思しきものが記載されているコメントやトラックバックは、見つけ次第当方にて削除致します。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
左サイドにワンクリック募金を設置しています。良かったらご協力ください★★★★★下の方でブログペットのyukiが、遊んでほしがっています。お時間があったら相手してやってください。覚えた言葉を披露するのが好きなようです。たまに俳句をひねります(笑)★★★★★もう一つブログをやっています。(リンクの中のspring outです)通常の記事は物語。メンバーになると限定記事が読めます。限定記事は主に………ウヒャヒャヒャヒャ(*⌒ヮ⌒*)ゞ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2007年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


プロフィール

celesty

Author:celesty
精神年齢5才と17才と35才を駆使して生きてる半端者です。

うっき~☆おみくじ
『おみくじを引く』をクリックしてください。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミュ~&マオは今いくつ?
ミューの誕生日は2008年9月17日♡マオの誕生日は2009年5月17日
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキング

人気blogランキングへbanner_02.gif

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。