スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 怒る豆

2007-04-01

P1000463.jpg
以前、模様替えを開始してから部屋に出してないため豆が怒っていると書きましたが、いまだに怒っています。


P1000470.jpg

豆の場合、噛んでも穴開かないので、こんな写真を撮る余裕もあります。本当はプラーンとぶらさがっているところを激写したかったのですが、今日はすぐに落ちて尻もちをつくので撮れませんでした。
ハムスターは記憶力が乏しいと、ハム本で読んだことがありましたが嘘だと思います。むしろ大変な記憶力を持っていると思います。
一度通った道は速攻で覚えるし、もう出さなくなってだいぶ経つのに未だに一回目は出してもらえると期待して掌に乗ってくるのです。
そして騙されたと知るや、写真のような抗議行動に出る。
今も外に出て楽しかったことを覚えているのは明らかです。


P1000483.jpg

今は豆だけ地下型の巣箱をやめています。
地下型の巣箱はハムたちには大変住み心地の良い巣箱なんですが、うちのように4~5匹が独立している場合は飼い主の負担が大きいなと、正直なところ思います。掃除の手間がかかります。
で、他の子も一通り普通の巣箱にしてみたことはあるんですが、気の強いユウと銀はケージ内大暴れでグッチャングッチャンにしてくれるので、また地下型の巣箱に戻りました。
ケイは大暴れこそしないものの、明らかに安心できる場所を失ってうろたえまくっていたので、これも可哀そうになり地下型の巣箱に戻しました。唯一平気そうだったのが豆です。
暴れもせず、ケイのようにオロオロもせず普通の巣箱で眠っていましたが、一度巣箱を洗うため地下型の巣箱に戻して、また普通の巣箱を入れたときに遊園地で使っていたパイプを入れたら巣箱よりパイプの中で寝ることが多くなったので、豆もやはり外から丸見えはいやだったんだなと思い、巣箱の入口にパイプを入れて迷路状にしたところ、再び巣箱で寝るようになったのでした。
上の画像で見えるのが巣箱につなげたパイプです。
他の子たちもこうすれば普通の巣箱で生活してくれるかも知れません。
まだ試してないですが、パイプを買ってきてまた工場でカットしてもらおうかと考え中です。

P1000473.jpg

ユキ以来、うちにいるのは自己主張の激しいコたちばかりですが、そんなふうに自己主張できる余裕を持ったのは地下型の巣箱での安心できる環境があったからかも知れません。
ユキが脱走するまでハムスターなんて鑑賞するだけの生き物と思っていたのに、きちんと犬猫並みにアプローチしてくるんですよね。
部屋に放したら自分から戻ってはこないだろうと思っていたのに、ちゃんと戻ってくるし、それにはやはり安心できる環境を与えてあげることが大事だったんだなと、いい巣箱に出会ったと本当に思っています。
ただ数が多いと手入れが大変で、そこをクリアできる方法はないものか…と考えたりします。
スポンサーサイト

 暴走(>0<)

2007-04-03

P1000491.jpg

最近、新たに人形にハマりつつあり困ってます照れ
ハマった人形はmomoko Doll。
これには少し紆余曲折があります。

以前からはむはむ王国の別館である『ふわもこ人形館』を覗いていて、いろいろ絵心をそそられていたのですが、よもや自分が人形にハマるとは思いもよらなかったのでした。(物語イントロ風)
はむはむ王国の管理人さんであるASTさんが最近ブログで新たにふわもこ人形館**blog**をスタートされまして、尚更絵心(まだ残っているカケラですが)が刺激され、お許し願って画像をいくつか頂戴しプリントアウトしていた時でした。いつの間にか姉が横で目をハートマークにして画像を見ているではありませんか。
もともとは見た目と裏腹に私よりず~~~っと乙女チックな姉でございます。もう目が輝いて見入っているのでございます。
(姉と私は見た目、中身ともにほぼ正反対。私の中身は職人風オッサンです)
姉のそのキラキラした目を見て、ついつい
「この中にある人形のいくつかはAmazonで見たことあるよ」と
仕事中にも関わらず(同じ職場です)、インターネットでmomoko人形があるところを開いたのでした。
いくつかのmomoko人形をみているうちに
「よし、この子ゲット!」
「あっ、この子もキレイ!ゲット!」
と、瞬く間に2体のmomokoを注文したのでした。
そこでもまだ私は冷静でした。

ところが姉の人形が来て実物を見たとたん、私の中で何かがプッツリ切れたのでございます。
気がついたら姉が最初に「この子ゲット!」と言ったのと同じ子を注文してしまっておりました。
心の中のどこかで『人形は贅沢品だ、手を出しちゃなんねぇ!』と思っていたはずなのに……namida
もう、そっからは雪崩と一緒です。
崩れだしたら止まらんのです。
姉は自分が次を注文するとき、当然のように「あんたはどれにする?」と聞きます。その言葉になけなしの貧乏人の叫びが吹き飛ばされ、いつの間にか物色している自分落ち込み
気がついたら3体のmomokoさんがうちに居る…
そして昨日4体目が来ました。
まだあと一人、『どうしても、この子だけは』と思っている子がいまして、どう考えても5人にはなるな…と。
しかも野望の幅が広がり、ミシンなんぞ欲しいと思い始めている…

汗汗P1000494.jpg

なぜなら、やはり人形とくれば着せ替えですよきらーん
この画像のmomokoさんは実はジェニーちゃんの服を着ております。
なんとなくジェニーちゃんとmomokoさんでは雰囲気が違いすぎる。
momokoさんにはジェニーちゃんの服は少し大きい。
やはりmomokoさんに合った服を着せてあげたい(と、めったに顔を見せない乙女心が今驀進中)。
一応momokoさんの服が売ってないか検索してみたけれど見つからず、そりゃもう手作りしかあるまいと私の中のトンカチにしか馴染みのない職人心がもたげてくるのです。
じつはむか~しむかし、友人にジェニーちゃんにハマっている人がいまして彼女は十数体のジェニーちゃんを保有していて、一体貰ったところから私もほんの短い期間、人形に関心をもったことがありました。
貰った人形は手足の動かないタイプだったので手足が動くのを自分でも買ってみたりしたのです。
その友人は洋裁学校出の技術を駆使してジェニーちゃんの服を自由自在に作っていましたので、私も自分で作れたらな…とチャレンジしたこともあるのです。ミシンを持ってないので手縫いです。
そりゃもう惨憺たる縫い目でございましたとも

今もその証拠の品を持ったままですが、もう本当に笑いのネタにしかならないシロモノです。
だからミシンへと思考がシフトしていくのです。
ジェニーちゃんの時は、ハマッていた友人には申し訳ないけど、何となく関心がでた程度で止まっていたのです。
正直なところ、同じものを十何体も集めてしまう心理がわからなかったのです。でも今はわかります。
さほど関心のなかった私には全部同じに見えましたが、友人には一体一体の違いがわかっていたのです。
今私がそうですからね。
普段どんなにA型にまちがわれようとも、やはり節操のないB型(多分←家族はBとOしか居ない)。
やりたいことだらけで収拾がつかなくなる予感があって怖いです。
でも基本は『絵』だと自分に言い聞かせて騙くらかさねば!
やはり何と言ってもmomokoのスタイルに絵を描きたい思いがチラチラするのは確かですから。



ここは無理に読まなくていいです
凝りだすと簡単に横道それる傾向もあります。
昔アメリカを舞台のマンガを描こうとした際、アメリカらしい雰囲気を出したくて独学で英語の勉強を始めたら、英語そのものが好きになり、かなり、そっち方向へ突っ走ってしまったことがあります。
当のマンガは描かずじまい(笑)
そのかわり、とあることでエジプト人の男性と接触する機会があり、その男性と電話で○●駅に△時、待ち合わせを取り付けるほどには上達したのです。しかし、その何ヶ月か後、ネイティブと話す機会があった時はまるで通じませんでした(爆)。それでナマってる同士だから何とかなったんだなと…。


なんとなくモゴモゴ……。
とにかく『真夜中の横断歩道』(だったかな?)でmomokoさんは打ち止めにして、あとはミシン(なるべく安いもの)買って、あとスキャニングできるプリンター(こっちは絵をアップするのに必要)を買って、購買欲を終わらせたいと願っている今日この頃です。
(本当はケータイ買い替えの方が切羽詰っているんですが…)

 暴走Ⅱ

2007-04-04

ここ数週間は本当に自分の『暴走』がコワイナと思いました。昨日は書き忘れましたけど、本当に見つけにくいながらもmomokoの服を見つけたので注文してしまっています。
私が普段買う服の倍近い値段でしたが、昨日ジェニーちゃんの服を着せていたmomoko(いいかげん名前考えないと…)さんは『おやすみさくらんぼ』(だったかな?)というタイトルで、もとは真白なネグリジェとガウンを着て、白いナイトキャップを被った、本当にmomokoさんらしい衣装なんですがUSEDのため少し汚れていたのです。
想像するにどこかのお店でずっと飾られていたものではないかなと思うんです。さくらんぼの絵のついたクッションを持っていたのですが、そのクッションとガウンの袖あたりが縫い付けられていたし、他にもスタイルが崩れないように縫い付けられていた箇所がいくつかありました。
で、ジェニーちゃんの服が合うか着せてみたところ、ジェニーちゃんの方が頭がデカいとか、肩幅も広いとか、なのに手の平はmomokoの方が大きいとか、細かい違いが分かりました。
服のイメージも合ってないんですが、全体的にはmomokoの方が細身なのだなと思いました。
そんな折にmomokoの上下の服がバラで出ていたわけです。
ボーイッシュな衣裳だったと思うので、あのmomokoに合うかどうかわかりませんが、ネグリジェをはいでしまうともうジェニーちゃんの服しかありませんから『ま、いいか』となってしまったんですね。
人形の服なのに人間の服並みの値段で(人間のはもっと安いものもある!)、これはやはり作るべきだろうと思うのでした。
ただミシンをうまく使いこなせるか?という自問自答とかもあります。
ミシンをさわったのはン十年昔…
型紙があっても最初は失敗するんだろうなと確信持てます。

でもね、何回もチャレンジしてミシンを使いこなせるようになれば、既成の型紙に自分のデザインも加えて面白いものが作れるかも知れないし、そのうちには自分の服だって作れるかもしれないと、妄想は果てしなく膨らんでいくのですよ。(ここら暴走気味)
はい、昔っから部屋に一人こもって何かやってるのが好きな生まれつきヒッキー気味のお子様でした。


でも、こんな言い訳がましいこと、私は誰に話してるんでしょうね。
ここんとこの暴走加減に罪悪感を感じているのかも知れません。
でも誰に対して感じているのか自分でもよくわかりません。
自分に対してかな…?
こういうのを自己正当化というんでしょうね。
そんでもって、思いっきりが悪いとも言うかな。
散財に慣れてない貧乏性とも言えるかも知れません。


P1000014.jpg
おまけ画像は姉ん家のレタスちゃんです

 momoko on Mamehouse

2007-04-07

P1000498.jpg
momokoネタが続いたので今日は人形から離れるつもりだったのですが、昨日の夢のせいでまた人形の話になります。
どんな夢かというと、覚えてるのはちょこっとだけなんですが、既成のmomokoの型紙を利用してボレロの型紙を作っている夢でした。
う~~~ん、自分でもこりゃ重症かな…と思いました。
要するに作りたいんだね。
こんな日がこようとは予想してませんでしたね。
裁縫と数字は二大天敵と言っても過言ではないんですが…。
このmomokoが姉とダブりになっている、気がついたら注文していたコです。
P1000504.jpg

ファッションがナカナカのもので、姉のを見せてもらった時の全体のバランスや姿勢などにムラムラと描きたい意欲がそそられたのでした。
私はよく描いていたころも全身像を描くのが苦手だったのです。
バランスが良くなかったんですね。
だからmomoko人形の色んな角度から見たスタイルにはもう一目ぼれだったんです。
P1000496.jpg
で、次に買ったmomokoさんがこの方。
これまたファッション、スタイルともにいいんですが、かなり躊躇しつつ注文したのでした。まだこの辺では『同じものいくつも買ってもな…』という思いがあったのです。
P1000495.jpg

しかし、この子も実物を見たとき『よっしゃー!』になってましたね。この辺りから雪崩現象が起こり始めたんですね苦笑
で、何となく気になっていたこの方も注文してしまいました。
P1000505.jpg

やはりジェニーちゃんの服より、こちらの方が似合います。
P1000506.jpg

顔の感じも、どこかに居そうで良いなと思うのです。
ただ『深夜の横断歩道』(だっけ?)もイイナ~とは思っていたんですがUSEDで¥25,000してたので躊躇していたら、売り切れていたんですね。
あの感じのファッションは実際に私がしていたようなファッションで(あんなにファッショナブルには見えなかったと思う)一番親近感があったのでした。売り切れたのを知ってガックリ。
今度はいつ出てくるかわかりません。
そうなると気になったのがこの子。
P1000499.jpg

私は大変美人さんだなと思うのでした。
髪の短いのも気に入っているのです。
髪の短い子は最初の子も同じだけど、あちらはメッシュが入っているし顔もちょっと派手なつくりの印象があります。
しかし、こちらはどうやら雪女と白雪姫のコラボのような印象。
着物着てますが、小物に手鏡とリンゴがあるのです。
その小物、写真を撮るために出してポーズを考えていた最中に落ちてどっかに隠れてしまいました。後で捜さねば…。
P1000502.jpg

P1000501.jpg

真っ黒な髪に赤い唇、白い肌…どれも雪女と白雪姫のイメージが重なるのです。『深夜の横断歩道』以外で髪の短い子で気になるのはこのmomokoだけでした。今なら定価で買えるし……えーい、いってしまえ~!となったのでした。
で、散財したことへの後ろめたさが多少あるものの、彼女たちをGETしたことはなぜか満足しているのです。
多分、今度『深夜の横断歩道』を見つけたら、速効GETしてしまうことでしょう。

 動物愛護って…

2007-04-07

以前、ご依頼があって犬ブルセラ症について書きましたが、この問題一筋縄ではいかないようです。
私も気になるので、関連のあるところをいくつか検索してみたのですが、賛否両論入り乱れていますし、かのアークエンジェルスとまたたび獣医師団にも黒い疑惑があって…とか、ものすご~~~~~く問題が大きくややこしくなっている。
大阪府のやり方にも疑問は感じます。
一番解せないのは陰性の犬も死んでいく事実。

片やは治療の出来る病気だと言い、片やは人間にうつったらどう責任をとるのかと、そういったいろんな両方の意見が見られるのはここです。

http://www.hatoyamakunio.org/001/2007/03/post_64a9.html

鳩山邦夫議員のHPですが、ものすごい数の投稿がみられます。

確かに議員という立場のかたですから、国民の益になるよう働くのが仕事ではありますが、他県でブルセラ感染犬は全部治療され、おのおの飼い主を見つけてもらって解決しているとの投稿もありました。
そういう例があるなら生かす方向で考えても良いのではないかと思うのですが、大阪府はどう考えているんでしょうね。

あまりこの問題を考えても当の大阪府の見解を知りませんし、ブルセラ感染症に詳しいわけでもありませんから不毛なんで、こちらのサイトも見ていただけたらいいなと思います。
ブルセラ感染症とは関係ありませんが、いま現在の日本におけるごく一般の人の動物に対する意識が垣間見えるかも知れません。

http://www.adachi.ne.jp/users/help/index/index2.html

大阪府を責める前に私たち一人一人が人間以外の生き物に対してどんな意識を持っているのか、見つめなおす必要があるように思います。
P1000038.jpg

おまけ画像は姉の家のレタスちゃん(レタスの箱の中に捨てられていたんだそうです)

 犬の話

2007-04-07

え~~~~~、犬ブルセラ感染症のことやなんか調べていて、なんか色んなことが頭をぐるぐるしてしまいまして眠れません。
休みだからいいんですけど、心が整理できない。
で、犬にまつわるエピソードでも書いて心を静めるか…という感じで一日に3つも別々のネタ書く馬鹿です。

記憶に残っている犬は野良犬だったんですけどね。
子供のころの話です。うちの近所に一匹の野良犬がいまして、その犬は野良だけどかしこい犬だったんです。
うちも隣で生まれた子犬をもらって飼っていたのですが、この子犬がよく脱走を図ったんです。子犬でも犬ですから走ったら人間では追いつけません。すると、その野良犬がどこかから走ってきて子犬をつかまえて抑え込み、人間が追いつくまで離さなかったそうです。
私はうる覚えですが、その犬が人間と仲良しだったことや私たちとよく遊んだことなんかは覚えています。
近所の大人たちもその犬だけは受け入れていたというか、誰もがかしこい犬だと認めていたのでした。飼い主はいなかったけど、なんとなく大人も子供もその犬を隣人として認めていたような気がします。
その町内では食べることにはそんなに困らなかっただろうと思います。でも、その犬は暖かい寝床を持っていなかった。
これはハッキリ覚えているのですが、ある寒い朝、その犬はみんながよく遊ぶ空き地で死んでいるのが見つかったのです。
お産の途中だったのです。二匹産み、三匹目を産む途中で力尽きてしまったようでした。子供心にとても悲しかったのでした。
その犬がいつもどこで寝ているのか私たちは知りませんでした。
ただ、いつも気がついたら私たちと一緒になって走り回ったり、ときにはどこかで食べ物をもらっているのを見かけたり、子供の目線からは人間と対等の存在だったのです。
近くの男の人が空き地の隅に深い穴を掘り、その犬と一緒に死んでしまった子犬を埋め、私たちは野の花をお墓に飾りました。
あの時の感じは仲間を失った悲しみ…に近い感覚でした。
でも今だと『なんとか救うことはできなかったのか』とか『誰も犬に関心がなかったのか』とかになってしまうんでしょうか?
それが私の記憶する最後の野良犬だったのです。


もう一つは十代後半のころの話です。
私は家の近くの焼き肉店でアルバイトをしていました。
家が近いので夜遅くまで働いて帰りは自転車でした。
自転車ならほんの2~3分の距離でしたが深夜の歩きは危険なので自転車を使っていたのでした。
その頃、野犬に襲われた人がいるという噂話は耳にしていました。
中には乗っていた自転車を倒され噛まれたという話もあり『まさか』と思っていたのでした。
しかし、ある晩私が追いかけられてしまいました。
5~6匹の団体さんでした。
その頃には野良犬なんてまったく見かけなくなっていましたから、そんな数の犬が徒党を組んでうろついているなんて、どんなに話では聞いていても信じきれないものがありました。
それに私の知る野良犬は『単独生活者?犬?』で、徒党を組む犬というのは考えられなかったのでした。(今なら犬は社会的な動物だとわかりますけどね。知らなかったんですよ)
バイト先から出たところに1匹の犬がいたので迷子かなと思って気軽に声をかけたのでした。
そしたら、その犬がまったく友好的でない『ヴゥウ~~~』という唸り声を発し、牙むき出しで吠えたと思ったら物陰からわらわらと犬たちが私めがけて走ってきたのです。
とっさに自転車に飛び乗り逃げましたが、犬は足が速い。
いつの間にかハンドルを狙って両脇から噛みついてくるんですね。
しかも、自転車の前に出てきて止めようとするのもいる!
人間あんなとき、普段より冷静になるらしく、一匹一匹の役割が見えたのでした。
普段はトロい私ですがあのときだけ思考の速度がマッハにでもなっていたのか、周りが本当によく見えました。
前に一匹、左右に一匹ずつ、そして後ろから二~三匹で私を囲んで走っているのです。ボスは一番後ろの一匹。
それだけではなく「助けてー」と言いながら走る私の声に、まだ電気のついている民家の窓に人が立つのも見えていましたが、助けてもらえそうにありません。
とっさに考えたのは『こうなったら殺るか、殺られるかだ!』
何もない時なら人間以外の動物は人間がいたわるべきものと考えるのですが、今この瞬間、この連中と自分は対等だと思いました。
結果はあとで受け入れるとして、とにかく今はこっちも対等にさせてもらうと決めました。
わたしがやったのはスラローム走行しながら(両脇の犬の牽制)、前に出てくる犬をめがけて突っ込んでいくこと。
(多分、噂で聞いた自転車を倒された人というのは、犬を轢きそうになってスピードを緩めたか何かしたのだろうと後で考えましたが、このときにはそこまで考える余裕はありませんでした)
もし怪我をさせてしまったら後で看てやるけど、今は遠慮なくやらせてもらう!と思っていました。
私が前の犬めがけてスピードアップすると犬はちゃんとよけるのでした。そしてスピードが緩む瞬間また出てくる。そこへまた突っ込む。
店を出てからしばらくは直線コースなのですが、その道が本当に長く感じられたのでした。そしていよいよ家に近づいてきて(このまま追いかけられたら家を通り過ぎないといけなくなる)と思いつつ猛スピードで左折したら、なんと犬たちはそこからは追ってこなかったのでした。
どんだけ安堵したことか…。

家にたどりついてから、何度もさっき起こったことを考えていましたが、私が一番驚いたのは自分の冷静さでした。
パニックになるどころか普段よりも状況の一つ一つがハッキリ見えてクリアな感じになっていた。それは初めての感覚でした。
犬たちについては別に腹も立たないし、どこかに通報して捕まえてもらうという気も起りませんでした。
なぜなら犬たちをあんな風にしたのは人間だとハッキリわかっていたから。
最初から人間不信の犬などいません。
最初から人間を憎む犬もいません。
年食っても、その考えだけは変わりません。

more...

 ユキとユウの娘①

2007-04-08

P1000026.jpg

このでっぷりした物体はユキとユウの娘です。エルといいます。
ユウといえば、この子
20070408000834.jpg
失礼
この子です。
20070408000937.jpg

そしてユキといえば
20070408001043.jpg

このオヤジ…(私の中では愛すべき頑固オヤジです)
大きさの比較ができませんが、私がエルの実物を見たとき100gぐらいいってるんじゃないかと思うほどの巨体でした。ジャンガリアンで100gは、あり得ないですが80gは確実に超えていると思うのです。
ちなみに
P1000007.jpg

これは同じ家に貰われていったもうひとり。…だと思うんですが見分けつきません汗
私が見た感じ、脂肪が横にながれてる子がエルで、デッカイ固太りがチィちゃん。
なんでこんなにデカくなったのか謎です。食い意地が張っているということは聞いています。

 AREYA KOREYA…

2007-04-12

P1000109.jpg

いつ咲くかと気をもませた桜も、この土日がピークだったように思います。家の周辺でもわりと桜を見かけるのですが、残念ながらお花見はお腹壊して参加できませんでした。
今週はじっくり花を見て歩く余裕もなく、ただ徐々に温かくなってきている風にふと春を感じる。でもまたすぐに目の前の問題(仕事)に心を持ってかれて、情緒まるでなしって感じです。
一点集中型なので一つ事にとらわれると他のことは見えなくなってしまうのです。
それなのに今年に入ってから急に興味惹かれることが増えてヤバイなぁと思っています。

この間注文したmomokoの服がきたので着せてみましたが、もう季節がズレているな…という感じ。
ついでにmomokoの服の型紙の載っている本も買ったので、中を見ては溜息です。

P1000507.jpg


どんな服の型紙が載っているか、わからないまま買ったのですが大当たりでした。
夢に出てきたボレロも載っていたし、ジーンズやラフな感じのフード付きジャケット、デニムスカート等々、好みの服がたくさん載っていました。私がどうしても欲しいと思っている『深夜の横断歩道』も、なぜ欲しいかといえば、私の好きなファッション&ショートヘアが大きなポイントだったのです。
はい、なんだか私自身が着るの好きな服を着ているというわけです。
『深夜の~』が羽織っているジャケットに似たようなものを実際持っていますし。(ただ、だんぜんmomokoの方が似合ってます)
ショートヘアに関してはいろいろ見ているとショートのコが少ないという単純な理由です。
私もショートにしていたこともあるし、最近も髪の重さに耐えかねてかなり短くきりましたが、顔の輪郭はショート向きでないため、また伸ばしています。ハッキリ言ってショートヘアの似合う人が羨ましいのです。
P1000508.jpg

このmomokoさんはロング向きの輪郭になっているようです。
でも、このmomokoさんほどに伸ばすと私の場合、毎日頭痛に悩まされるでしょうね。髪がアホほど多いのです。
だんだんボリュームは減ってきたものの、若い頃はポニーテールにも出来ない太さでした。髪を束ねて三つ編みなどしたらゴツい縄って感じなので鏡の前でしかしたことありません(笑)。
人形はなんか……かなわなかった憧れの具現でしょうか。私にはそんな感じがします。(ハイここへきて、やはり私も乙女心持ってたんだな…と思ったりするしだいです。長いこと生まれそこなったと思っていましたが…アップロードファイル)

しかし、ミシンをGETするのに時間くいそうです。ミシンGETしてから、まともなものが作れるようになるには更に時間くいそうです。
それに絵も描きたいし、もう一人自分が欲しい…。

絵のインスピレーションめいたものも以前に比べるといろいろ湧いてきます。やはり自分の部屋にいる時に湧くことが多い。
それをすぐに絵に描いても今だと翌日会社で周囲の目をくぐり抜けてスキャニングしたものを、持って帰ってアップするという感じでしょうか。しかしそれでは何かのタイミングがズレてしまうのです。
その場で描いたものがすぐにアップできるのが一番です。
少なくともその日のうちに。(←ネタ絡みのギャグタッチの絵については、ですけど)
もう一人いても今のままじゃ役に立ちませんね 照れ
やはり先に稼ぐしかないようです(爆)
頑張ろうっと!

 いや、悪気はない…ハズ

2007-04-13

P1000461.jpg

これは甥っ子が組み立てて色塗ったものです。
甥っ子はガンダムのザク好きですが、これは何なのかよくわからずに買ったそうです。
この甥っ子はなんとなく私と趣味の傾向性が似ています。
私が絵を描いていたことは知っていますが、どんな絵を描いていたか、どんな画材を持っているかなど知らないはずなのに「ピースコン余ってたら頂戴」なんてことは親戚が何人かいる中で私にしか申しません。
でも共通点が多いので、昔使っていたピースコンをあげました。
このプラモはそのピースコンで色を塗ったそうです。
なかなか面白いので写真に撮って会社のHPのネタに使うと言ったら「もうちょっと丁寧に作るんだった」とか言う可愛いヤツです。で、どんな使い方をしたかと言うと…


robot.jpg

こんな使い方をしたので、甥っ子には見せられませんurrrrr
多分彼はまだまだ色々面白いものを所蔵していると思うんで、また写真撮らせてもらおうと思っています。
本日は頭が痛いのでこの辺で…

 春眠?…とは違うな…

2007-04-15

眠いです。異常に眠い。
昔から油断すると昼夜逆転する夜行性生物なんですが、努力してまっとうになったというのに3月初頭からの壁塗り替え工事でベランダのカーテンを閉め切ったままにしている日々が続いていて、そのころから私の体内時計がまた昼夜ひっくり返りかけていて昼にどんなに眠くても夜になると目が冴えわたってきてしまうのです。狭い部屋というのはカーテンを閉め切ってしまうとものすごく密閉された空間に感じます。
その密閉感がどうも昼夜逆転の原因のような気がしてならない。
そして昼間はもう眠い眠い。
密閉された空間というのは何だか神経を研ぎ澄ますような気がするのです。それとも自分の心の中に自分がスッポリ入ってしまったような感覚?
創作活動には非常に集中できていい環境ですが、翌日朝起きて仕事に出かけなければならない人間にとっては、夜寝つけないことも昼間眠気と闘うことも面倒なことです。仕事の能率も上がらないですからね。
職業の選択には自分の体質も考慮すべきであったのだなと、今さら気づいても遅い。
早く工事終わってほしいです。外観はきれいになるかも知れないが

三か月は長すぎる~~~!

仕事から帰ったらカーテン開けりゃいいと思うでしょうが、カーテンのところに本来ベランダにあるべき物干し用パイプハンガーの大小、計2個がふんばっておりまして、それを押しのけて開けたとしても、朝閉め忘れて行きそうで怖いのです。で、閉めっぱなし。
どうにか日曜日だけカーテン開けてますが、夜には閉めてしまいます。
たぶん私は本とかノート、鉛筆、色鉛筆などがあって、翌日通勤の心配がないなら一週間ぐらいは平気で独房でも暮らせると思うのです。
(それ以上になるとパソコンとかゲーム機も必要になるでしょうね)
そんな人間でもこのカーテン閉めっぱなしには、ほとほと参りました。
まだあと一ヶ月半ガマンしなければなりませんアップロードファイル
う~しまいには発作起こしてミシン買ってしまいそうです(何の関係があるかは不明)←いやいや関係あるのです。
私はよくもうどうしても寝なければならないのに眠れないとき、以前はフィギュアスケートで誰かが滑っている光景なんぞを想像しながら睡眠に突入していたのですが、最近はmomokoさんズ(いいかげん名前考えろ、私!)の衣装を考えるのがマイブームとなっていて楽しいのです。
ポイントは考えがあちこちに散らばると余計に眠れないので、リラックスした状態で一つのことをボヤ~ッと考えることです。
ギンギンになってはいけないのです。マンガネタや仕事のことを考えるのは禁物です。ボヤ~ッと考えることのできるものがベストです。
これを続けていれば、そのうち気がついたら買っていた…なんてことが起こらないとも限りません。(たまにやってしまいます。つい最近ではペンタブレット……安いやつですが…これくらいの値段なら仮に使いこなせなかったときのダメージも低かろうと…)



P1000034.jpg
引っ越す前にいた姉のマンションに住みついていたハト

P1000035.jpg
このコもそう(5羽ぐらい姉の家のベランダに住んでいた)


眠気覚ましにHPの更新をするのにも限界があります。
特に仕事ではもう一つの天敵である数字を扱うことが多いので、もう、こりゃまいったな~~~状態です。
最終手段は瞼に目玉描いとくぐらいでしょうか………
早くスッキリシャッキリしたいです~~~



                          (本日のボヤキでした)

 momokoズ☆名前決定

2007-04-18

P1000509.jpg

momoko①「寒そうな格好ね」
momoko②「あなた寒くないの?」
momoko①「いや、寒いけどさ」
momoko②「そうでしょう。一昨日までだんだん温かくなってきてたから油断したわ。昨日は寒いのに薄着で参った参った」
momoko①「それにしても、その上着大きくない?」
P1000511.jpg

momoko②「ああこれはジェニーさんにお借りしたのよ。だって寒いんですもの」
momoko①「まるで彼氏の上着着てるみたいに見えるよ」
momoko②「あははー!」

P1000514.jpg

momoko②「そうだったら嬉しいのにね!ただただ大きいだけです~」

momoko①「ところで私たちの名前が決まったらしいよ」
momoko②「えっ本当!?私はなんて名前?」
momoko①「momoko」
momoko②「変わってないじゃない」
momoko①「ごめん。桃子。一番そんな感じがするんだって」
  桃子「桃子……ふ~ん(微妙)…あなたは?」
momoko①「有紀〈ユウキ〉だって」
  桃子「ああ、なんかそんな感じがするわ」
  有紀「うん、まぁね。ボーイッシュだから女の子らしい名前は合わないって。でもそれでいてやっぱり、女の子だからって言ってたな」
  桃子「ねぇ、じゃあ彼女たちは?」
20070418230214.jpg

  桃子「澪〈ミオ〉ね」
20070418230341.jpg

  有紀「有紗だって」
  桃子「ちょっと予想外ね」
  有紀「うん。カレンとかシェリーとか、横文字になると思ってた」
  桃子「ハーフなのね」
  有紀「ところでサ。そのデカいのは何?」
  桃子「あ、これはゴルハムのぬいぐるみで天ちゃんというそうよ…抱っこしてると温かいのよ」
P1000516.jpg

  有紀「デカい………クマみたい」

 ウダ~ウダ~

2007-04-21

20070421005201.jpg

見えるかどうかわかりませんが、これはまだ子ハムたちが全員いたときのアズキの写真です。暗がりでケータイで撮ったものだし、小さいのでどうかな…と思いつつの使用です。
生後2週間ぐらいの、ものすご~く可愛い頃の姿です。
子ハムたちはみんな耳が小さめなんですが、それに加えて豆とアズキは目も小さくて、どうしても豆類の名前しか思い浮かばなかったのです。
このアズキとチロというコはまた別の親戚に貰われていって、以来一度も会っていないのですが、過日に報告したエルやチィのようにデカくはなっていないそうです。
一度見に行きたいんですが、その親戚はものすごく交通の便の悪い所に住んでいて、なかなか行けません。
20070421011153.jpg

こっちはユウです。豆やアズキたちの母です。
これもケータイ写真です。

で……これは
P1000513.jpg

こないだmomokoズの名前発表のときに撮って使い損ねた写真ですテレテレ
P1000512.jpg

頭がつかえて踏ん張っております絵文字名を入力してください

ほんでもって、これは20070421012250.jpg

むか~し居た大人しいコたちのうちのチチかパクだと思います。
初めてこんな姿を見た時は『死んでるー!』と思って血の気が引きました。以来低血圧です。嘘っす。


more...

 猫目天気!?

2007-04-22

一昨日ぐらいから大阪は温かくなってきて、昨日はわたし白の半そでTシャツにクロップドパンツ、ミュールで仕事行きました。(徒歩5~6分)
その3日ほど前は中綿入りのジャケット着てまして、その前は薄手・七分袖のチュニックでした。その前はだんだん春めいてきたので一旦ジャケットの中綿をはずしていたのですが、寒くなってまたつけたのでした。
今日は…また半そでTにスパッツ。
今日は雨も降って、4月ですが梅雨並にムシムシしています。
こんなヘンテコな気候は長年生きてきても、めったになかった怪現象に見えます。ほんの10年ほど前は温暖化現象という言葉を聞いてもピンとはこなかったのですが、今はそれを肌で感じられるほど進行したのだな…と考えてしまいます。
こないだ朝の天気予報で『猫目天気』だか『猫の目気候』だかの言葉を初めて聞きました。
猫の目が一日のうちに日差しなどにより色々変化する様子になぞらえた言葉だそうです。昔からあった言葉なんだろうか…でも聞いたことないけど(新しいことは瞬時に忘れるけど昔のことはよく覚えている方なのに…お前は年寄りか!)
なんて言うか、うかつに衣替えできない気候になってます。
一日の内でも昼間は半そでで十分なくらいなのに朝晩はコートかジャケットがないと寒い日とかありました。
今日はコートもジャケットも必要ありませんが、早まって中綿をはずすのはやめておこうと思っています。

P1000029.jpg
これはエルの方かな…脂肪が横に流れてるからエルだな…


あまりの蒸し暑さに先ほどエアコンを入れました。
人間とカメはまだまだ平気ですがハムスターたちは2~3日前から、暑くてやってられっかーって感じで巣箱の外で転ぶり変えって寝ていたりします。ケージ内はすでに30℃。
またハムから目の離せない季節がやってきます。(いや、いつも見てますけどね)

今日は豆をまたちょこっと部屋に放してあげました。
こないだから、時々ほんの5~10分ぐらい出してあげてました。
やっぱり出してもらえると思っているときは噛みませんうふふ
ぱっと手の上に乗ってきます。ついこないだまで手を入れると何やらややこしく指先にまとい付き、ここと定めた場所に噛みついてぶら下がっていた態度がウソのようです。
ただやっぱり慣れない環境に低姿勢で冒険してますし、すぐに傍に来ます。写真でお見せできないのが残念です。まだ部屋全体は雑然としているうえ、洗濯物も部屋の中…(TへT)はい、今日の方がウダウダ度は高い…。梅雨って6月ぐらいじゃなかったっけ(ただでさえうっとおしい状況なのに…)

 猫目天気・2

2007-04-23

昨日ジャケットの中綿はずすのやめとこうと考えて正解でした。
昨日と今日の温度差は約10℃。
とんでもない下がり方です。

P1000032.jpg


Windows Vistaにしてから何が便利かって、ガジェットがものすごく助かっています。何種類かあるんですが、私は「天気」と「時計」だけ使っています。
天気は外気温も表示してくれて、これが最近なくてはならないものになりつつあります。
とにかく部屋の中と外ではかなり違うので、うっかり温かいからと薄着で出て寒い思いをすることもあるからです。
TVも処分した今、朝起きるとまずパソコンのスイッチONが日課になり(画面小さいけどワンセグで番組を見る)、そこで気温を確認。
これを忘れると悲惨なことになるのです。
今日もこれで難を逃れました←yellowpoint.20
昨日の梅雨みたいな蒸し暑さから一転、肌寒い日になってましたからね。
びっくりするかも知れませんが、うちにパートで来ている女の子は私以上の寒がりで、私が工場に行ったとき私たちのブースの小さいストーブが点いていました。


これから夏にかけて彼女と私は工場の冷房に悩まされるはずですが、ひょっとしたら私たちのブースだけストーブ点いているかもです。
いやマジであの冷房の効かせすぎは、やめてほしいと願っていますが、去年も私たちの『さ~む~い~!』は無視されましたから、今年は『やってやる!』と密かに思っております。電気代が勿体ないと思ったら冷房の温度を上げればいいのです。(油断してると20度ぐらいにされてしまう)
怒らしたら怖いよ!←誰に言ってるんだ


P1000062.jpg


話脱線しましたが…今日はこのへんで

 く~~~~~…

2007-04-24

やったー!

やりましたー!

ああ、長かったな~~~


何がって?


やっとブログランキングのバナーが貼れた。


いや、がっかりしないように。
わからないでやってる人間にとっちゃ大変なことなんです


私は信じていました~~~いつかできる日が来るって~~~!

最初これでどれだけスッタモンダしたことか。

あきらめないで良かった~うぅっっ。。。

いや、半分あきらめていたんです。ほんとに。

ああ、これで人並なブログになったような気がする…

 ハムスターはかしこい!?

2007-04-24

P1000488.jpg

昨日少し長く豆を出していて面白いなと思ったことがあります。
マンションの外壁塗替え工事が3月始めからあって、それに伴い二段ベッドやTVの処分、部屋の模様替えなどして、何とか住みやすい住空間を目指したものの片付かず…以来、毎晩外に出していた豆とケイを出さなくなって2か月近くになりますが、なぜか以前ユキ・豆・ケイ共通の別宅となっていた場所に入ろうとしていました。
そこはもう隙間がなく入れないのですが、豆の態度を見ていると当然入れるものとして入ろうとジタバタしていた感じです。
これだけなら匂いが残っていたからだなと思うんですが、豆は昨日3回ぐらい冷蔵庫の前に行き、そこで何かくれの合図。
なんというか鳴かないし言葉が通じるはずもないのですが、立ったり座ったりのジェスチャーがもう『おいしいものくれー!』にしか見えないのです。
ちゃんと部屋には冷蔵庫の対角あたりに野菜皿とペレット、水など用意していたのですが、ててて~と走って冷蔵庫の前に行きます。野菜皿のところへ戻しても、すぐに走って行くのです。
思うに豆のケージが冷蔵庫の向かいにあって、おいしいものをそこから出してるのを見て覚えているように見えるのです。
でもハムスターは近眼だそうですから、音で判断しているのかも知れません。
音の鳴る場所と、少ししてからおいしいものを貰えることが、豆の中でちゃんと結びついているのかも知れません。
こういう姿を見ても、やはり犬猫並みに自分が置かれている状況を把握できるんだなと思うのでした。

やや犬猫よりも態度はデカめですが…。

 初めてのペンタブレット

2007-04-26

pentub1.jpg

笑わないようにyellowpoint.14
これでも少し練習してましになった方です。
最初はもう何が何だかわからず『こりゃダメだー!』と思いました。カーソルの動きを見ながら絵を描くのに慣れてないし、カーソルは思うように動いてくれないというか、いつの間にかあらぬ所に行ってくれるし、(ここに描いてたのに、なんでそっちに行くー!)と焦りまくり!
小さいものを買ったので描くスペースが名刺にちょっと毛が生えた程度の広さしかないんで(約8cm×6cm)描きにくい上に、ちょっとした手の動きでペン先にあたるカーソルがあらぬところへワープしてしまい、勝手に変なコマンド押したり、勝手に描いてる画面消したり、勝手にカーソルの形変わったり、勝手に…(しつこい)
もっとデカい面のを買うんだったな~と思ってもあとの祭りだし~えぐえぐ(涙)

でもマウスだって狭いパッドの上でけっこう自在に動かしてるわけだから、このペンタブにもコツってもんがあるんだろうなと思いなおし、よくよく見ていたらば、ペンが書き込みの面に触れたときがマウスでの左クリックに相当することがわかってきて、それとペン先と面の距離などもカーソルの動きに関係しているとわかってきて、ようやくあらぬところへワープしたカーソルを自分の思い通りの場所に戻す方法がわかってきました。何とかなりそうです。
でも『廃人で行こう@blog』のまつざかさんのように使いこなすのに軽く一年ぐらいかかりそうな気がします。(もっとかかるだろう…)
ペンタブレットでマンガなんてまだまだ先のことになりそうですが、とにかく練習はしよう!
自分の思い通りの線が描けるまで頑張りましょう。(好きなことだと頑張れるんですよね)
当分、ヘタレな絵が載ると思いますが励みになるので、ちょっとましに描けたかなと思った時はブログに載せていこうと考えています。
で、下の絵も現段階ではましな方なわけで…


pentub2.jpg

more...

 ブルセラ症犬のこと

2007-04-29

4月28日、大阪におけるブルセラ症犬119頭の殺処分が決行されたそうです。
リッチのコメントで初めて知った次第です。
早速アークエンジェルスのサイトを訪問して、今回の犬たちの悲劇は人間同士の疑心暗鬼が一番大きかったのではないかと思いました。
アークエンジェルスというボランティア団体にも様々な疑惑があり、訴訟問題をかかえているということで、なおのこと大阪府が頑なになっていた印象があります。
別の動物愛護団体『動物愛護支援の会』の主催であるマルコ・ブルーノ氏は『日本に生まれた動物は世界で一番不幸だ』とおっしゃっていますが、それを証明してしまった感じがします。

もしもアークエンジェルスが何の問題も抱えていなければ、大阪府はボランティアの申し出を受けたのでしょうか?
それとも鳥インフルエンザのように防ぎようのないものとして殺処分を断固決行したのでしょうか?
ただアークエンジェルスだけを悪者のように語るところもあれば、そうでないところもあり真偽のほどはわかりません。

他県では犬ブルセラ症が発覚した折、適切な治療をし、陽性だった犬も陰性に戻し、ほとんどの犬は無事に飼い主を見つけられ殺すことはなかったといいます。つまりは治療のしようもあったということですよね。
しかし大阪府は陽性犬と陰性犬を一緒の檻に入れたり、不衛生な状態で保護とは名ばかりの処置しかとらず、はなっから救う気はなかったともとれます。
ものすごく残念です。

 生命の重さ

2007-04-29

何年か前『人間の命は地球より重いんです』と言った人がいましたが、私は頭の中に?マークがポコポコ湧きまくったのでした。
その背景には学校のイジメ問題で人を死においやったり、自殺したりという問題があったので言った人の気持ちはわからなくもなかったですが(冷静さを欠いた、錯乱した言葉だな…)と思いました。
そりゃ人を死に追いやるのは断固許せんけれど、単に極端な言葉にしか聞こえなかったのです。
冷静に事実を考えれば人間の命は地球より尊いものとは思いません。
地球は万物の生命を生かして存在する、すべての生命にとってなくてはならないものです。
でも、人間は地球は自分たちだけのものと考えて、好き放題にしてきました。
環境破壊に気づいてもそれを止めることも出来ないで、他の生き物ばかりか自分たちまで窮地に追い込んでいく進み方をしていると思います。正直に言うと私の目には人間が地球上で今一番愚かな生き物に見えます。勿論、人間は好きです。
好きだけど、せめてもう少し万物の霊長らしい振る舞いができないものかと歯がゆい思いをします。
すべての生物の頂点に立つ者の態度ってものがあるだろう…と考えてしまうのです。
一国の王様が自分が一番偉いのだからと、ふんぞり返って他人の迷惑顧みず好き放題したらどうなるか。
一会社のトップが社員の日頃の努力も顧みず好き放題したら、その会社は発展できるのか…。


どんな生命も他の生命の犠牲の上に成り立っています。
肉食獣は草食獣を食べ、草食獣は植物を食べ、植物は朽ちた生物や光を栄養に育ち、そんな風にしてすべての生物は他の生物に支えられて存在しています。それを単に弱肉強食という一言で表現してしまうと自然の姿は正しく伝わらないと思っています。
別の表現をすれば『与えあい』とか『支えあい』とかの言葉になるでしょう。多分そんな言葉だときれい事にしか思えないという人もいるだろうと思います。
確かに目に見える様子では奪い合いにとれる。でも、どんな獰猛な猛獣でも満腹の時は草食動物を追わないのです。昔TVで見たのですが、満腹のライオンをガゼルがからかっている姿が撮られていました。
ガゼルはライオンが満腹で動けないのを知っていて、わざとライオンのそばまで行き、挑発するような態度すらとるのですがライオンは見向きもせず、ただチョロチョロするのがうるさいので苛立ちを声にするだけです。その時はガゼルもピョンと後ろに跳び退るのですが、またからかうようにちょっかいを出す映像でした。
それを見て『ああ、こんなお調子者人間にもいるよな~』と思ったのでした。


ちょっと話はハズレるのですが、私が17~8歳の頃、ある日突然『私が生きているうちに天変地異は起こるな…』と思った時がありました。
別にそのようなことを特に考えていたということもないのです。
ただ突然湧いてきたのです。
そして、それをキッカケに考えたのでした。
『人類は滅亡するのだろうか?』するとなぜか心の中から答えが返ってきます。
滅亡はない)そのニュアンスでは1/3程度は助かる感じでした。
『その時、私は生き残れるのだろうか?』
……………)何も返ってきません。
『その時まで私はどうしたらいいのだろう?』
一生懸命生きることだ
その一生懸命生きることという言葉の中には多くの意味が一緒くたになっていて、要約すると自分がその時仮に死んでしまっても、生き残ってもどちらにでも対応できるように生きろということと、決して生きることを諦めてしまってはいけないが、死が決した時にはこの世にしがみつくなという感じも一緒になってでてきたのでした。
いわゆる自問自答ですが、後々になってからこの自問自答はちょっとおかしい…と気づいたのでした。まるで誰かと喋っていた感じ。
でも最近はめっきりなくなってきましたが、幼少時から折にふれてあったことなので、その時には変とも何とも思わなかったのです。
一応自分から出てきたものではありますが、ここには教訓が含まれています。

最後まであきらめてはいけないけど、死が決したらこの世にしがみつくな。

これ、野生動物が行っている姿と同じだと思っています。
まさに肉食獣に襲われて死に臨む瞬間の草食獣。
諦めるのとはまた違う死に臨む姿。
人間のように『恨む』もなし。『自分を憐れむ』もなし。
大いなる運命に自ら従う瞬間。
肉食獣も苦しみを長引かせはしません。急所を狙って苦しみは一瞬ですむようにしています。

だから私の目には自然界は弱肉強食とは映らないのです。
今一番弱肉強食をしているのは人間だけです。
昔の人は食べ物に感謝するようにと教えてきました。
日本では食べる前に「いただきます」と言うように今でも小さい子には教えます。その「いただきます」の意味を教えたら、もっと他の生物に対しても、人間動物を問わず生命というものに対しても認識が違ってくるのではないかと、よく考えます。
日本はもともとは自然と密接に関わり合ってきた民族で、それが八百万の神を信仰する土壌となったともいいます。
自然への畏怖の念が感謝の心が、あらゆる存在物に魂を認め手を合わせる姿へと自然に発展していったのだろうと想像します。
「いただきます」はそのなごりでしょう。

「人間の命は地球より重い」なんて言葉はいりません。
せめて他の生命と同じ重さだと教えてほしいと思うのです。
どれ一つ欠けてもバランスを失う、互いに支え合って存在するものだと。

最近のトラックバック

C-PREVIEW

Powered by FCafe

ブログ内検索

RSSフィード

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
★★お願いします★★
ペットショップ廃業に伴い保護されていた犬猫たちもボランティアさんの尽力で病院で治療を受け、引き取り先が見つかり、残るは2匹ということですが、その後も色んな不幸な動物たちを保護して活動されています。 単に「好きだから」では出来ないことだと思っています。 良かったら応援してあげてください。 http://ameblo.jp/inunekodaisuki/ それから、これも…
同盟バナー猫ミニ動
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ONE Click 募金
ワンクリックであなたも募金が出来る!(厳密にはTWO Click←笑)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
☆☆ お知らせ ☆☆
当ブログでは、コメント欄への本文と関係のない文・広告等を禁止しております。アダルトサイトへのURLと思しきものが記載されているコメントやトラックバックは、見つけ次第当方にて削除致します。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
左サイドにワンクリック募金を設置しています。良かったらご協力ください★★★★★下の方でブログペットのyukiが、遊んでほしがっています。お時間があったら相手してやってください。覚えた言葉を披露するのが好きなようです。たまに俳句をひねります(笑)★★★★★もう一つブログをやっています。(リンクの中のspring outです)通常の記事は物語。メンバーになると限定記事が読めます。限定記事は主に………ウヒャヒャヒャヒャ(*⌒ヮ⌒*)ゞ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2007年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


プロフィール

celesty

Author:celesty
精神年齢5才と17才と35才を駆使して生きてる半端者です。

うっき~☆おみくじ
『おみくじを引く』をクリックしてください。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミュ~&マオは今いくつ?
ミューの誕生日は2008年9月17日♡マオの誕生日は2009年5月17日
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキング

人気blogランキングへbanner_02.gif

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。