スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 静かなるグリちゃん

2007-01-13

P1000038.jpg

これはグリちゃんではなく、威嚇するベタ(姉ん家のコ)



前回グリちゃんの写真を載せましたので、少しグリちゃんの話をします。
私は小動物と同じく水中に生息する生き物も、自分から飼おうと思ったことはありませんでした。
基本的にコミュニケーションがとれたり、触れ合えたりする生き物が好きだったし、むか~しむかし父親が熱帯魚を飼っていまして、その水槽の手入れがものすごく大変そうだったので『水に住む生き物は飼うまい』と固く決心していたりもしましたから。
つまりグリちゃんもまた自発性を欠いた同居だったんですが、グリちゃんが私のところへ来た経緯を書くと、単なる説明だけでも、とある一家をボロクソに書いてしまうので書けません(笑)ただ生き物を飼ってはいけない一家だとだけ記しましょう。ちなみに弟一家ですが…



グリちゃんは初代ハムたちとほぼ同時期に出会ったのですが、最初は甲羅の長さ5cmぐらいの小さいカメだったんです。(今は20cmぐらいある)
小さいうちは水槽の中は広々していて、ゆったり泳ぎ回ることもできたのに、今は衣装ケース(内径35cm×68cm)の中で自由に泳ぎまわるというわけにはいかなくなってしまい苦労させています。
グリちゃんの成長にあわせて何度か衣装ケースを替えたのですが、もうこれ以上大きくするわけにはいかないのです。
しかしグリちゃんが今の生活を不満に思っているのか、満足しているのか、グリちゃんの表情からは読めません。
小さい頃から割り箸などでエサをあげていたせいか、箸は怖がりませんが手を近づけると怖がります。
ハムたちに対しても以前は『人間をどの程度認識できてるのかは疑問だな』と思っていたのですが、グリちゃんに対しては未だに疑問のままなのです。

20070113000357.jpg


ただ、初代ハムたちがいなくなったあともグリちゃんは居てくれて、エサをバクバクと食べる様子なんかを見ていると頼もしさを感じたものでした。
コミュニケーションらしきものがとれている感じはしないのですが、怖がった後でゆっくり首をのばしてこちらをじっと見ていたりするんです。
カメの平均寿命ってどのくらいなんでしょう?
なんか20~30年だとか100年近く生きるだとか、怪情報ばかりで本当のところがわかりません。
ただ2~3年が寿命のハムスターと長命だと信じられているカメと、絶妙な組み合わせだなと思ったり…。
悲しいかな生き物を飼うと、一体どのくらい一緒に居られるだろうかと考えてしまいます。
特にハムスターを飼い始めてから寿命に敏感になったようです。



犬や猫は人の注意をひくのに鳴き声を出すことが出来るんだけど(むしろ犬同士、猫同士のコミュニケーションでは鳴き声は必要ないと何かで読んだことがあります)、カメもハムスターも声出せないんですよね。
威嚇とか怖さでジージー鳴くぐらいはハムスターもするけど、何かを伝えるための鳴き声を持たない。
ハムスターの場合は、ユキがやったように噛むことで自分の方へ向かせることが出来るけど(今のところ、そんなことしたのユキだけですが、豆もやりそうな気配はあります)、カメはそれも出来ない。
声を発しようとしている感じは見られるんですけど、シャーシャーと空気がもれるような音しか出なくて本当に静かです。
ただアピールの方法がないわけでもないんですね。
水面をバッシャバッシャと叩くときは『エサくれ』か『水替えて』で、なぜかわからないけど、時々(あ、これはエサじゃなくて水だ)と思う自分がいて、不思議に思ったりしました。
最近はミルワームが好物でよく食べるけど、ミルワームの皮って消化せずに出てきてしまうんですね。
だから一目瞭然で(水だ)とわかりますが、ミルワームをあげる以前はまったく、なぜ自分が(エサではなく水だ)と思ったのか、わからなかったのです。プチ不思議です。
ハムスターに比べるとずっと地味に存在しているグリちゃんですが、怪情報どおりに長生きしてくれることを願っています。
本当は日光浴とかさせてあげないといけないんですよね。
一応紫外線の出るタイプのライトを使っているけど、決してグリちゃんにとって万全とは言えない環境であることが気がかりです。
スポンサーサイト

 脱線家族

2007-06-02

ふと、グリちゃんについて書いた記事が一つしかないことに気づき『いかん!このままではグリちゃんがすねてグレちゃんになってしまう!』とは思いませんでしたが、たまにはグリちゃんのことも書こうと一昨日思い立ちましたが絵を描いただけで時間が過ぎ去り、本文を書くところまで到達できなかったのでした。
だから翌日にきちんと書こうと思っていたのに、よりによって弟にとっつかまってしまったのでした。
最初のキッカケは弟の奥さんが工場に電話してきて「メモリースティックに入っているデータをパソコンに移すことが出来ない!」というHELPを言ってきたことから始まりました。
彼女は(私以上の)パソコンオンチなのです。
電話でメモリースティックを入れるところから順に説明し、電話の向こうで彼女が実行します。
私「●●のファイルの上にカーソルを持って行ったら左クリック1回して、そのまま右クリック1回して…」
彼女「した」
私「そこに選択項目が出てると思うけど、それの送るにカーソルを移動して…」
彼女「うん」
私「そこのマイドキュメントにカーソル運んで左クリック1回」


彼女は「~を選択して」とか「右クリで選択項目出して▽□◎を選んで」とかの言い方ではわからないので慎重に説明しました。
それにも関わらずコピーできていないと言うのです。
それで再度一から順に説明し、彼女もその通りやったはずなのに、またも「コピーできてへん」………私がイライラし始めた頃、横で姉が「仕方ない、今から行くか?」と言ったので、見に行くことにしました。
私の見解ではパソコンに慣れてないのでマウス使いが微妙に狂ってうまくコピーできないか、パソコンが壊れているか…なので、とにかく見に行こうということになりました。
弟一家は西宮の山奥(と言って普段からかっています)に住んでいまして大阪から電車・バスを乗り継いでいって、今なら2時間ぐらいでたどり着けるでしょうが、以前は3時間コースだったのです。
しかし車でなら40分~50分で行けます。
私は運転できませんので、そっち方面へ行く時は必ず姉と一緒にというこになります。いつもより早めに仕事を切り上げて出発しました。

昨日の昼間の大阪は真夏日で暑かったので、私は半そでのTシャツにクロップドパンツ。姉も薄手の格好でした。
しかし山が近づいてくるにつれ空には分厚い雲の層。
いつしか眩しい日差しは何処へ…曇天の下、車は走っておりました。
そして向こうについて車を下りたとき、空気がヒンヤリしていることに気づきました。
幸い大阪も夜はヒンヤリするので寒がりの私はGジャンを持ってきていたので楽観していたのです。
用事がすんだら早々に帰るつもりでしたから、よもやあんな展開になるとは…←オーバー

パソコンの一件については、中に入って彼女のパソコンをさわってすぐに原因がわかりました。
マイドキュメントを開いたら同じような名前のファイルやフォルダが幾つもあって、そのうちの一つはデスクトップにショートカットが出ているんですが、そのショートカットが出ている物件とコピーしていたデータは別物であるにも関わらず、彼女はコピーするたびにそのショートカットを開いては「コピーできていない」と言っていたのでした。
ちなみにマイドキュメントの中にあったいくつものファイルやフォルダも元は一つのものだったのを、彼女がいじっているうちに増殖したものでした。一番確かなのはコピーしたばかりのデータですから、他の紛らわしいものを全部消し、「たとえ同じ名前のファイルでも、そこにたった一字付け加えただけで、それはもう別物と認識されるから○▽□が○▽□1に上書きされることはないと覚えておくように!」と説明して終わり。

ところが私たちが来ることを嗅ぎつけた弟が、これまた仕事を切り上げて戻ってくるから『一緒に食事ぐらいしようよ』と言うのです。
そこはそれ、ただ用事だけ済ませてさっさと帰るってのも不人情だなと思ったので(決して食事に目が眩んだワケではありませんおにぎり)悪い予感がしつつも、弟をまつことにしました。
なぜ悪い予感がするかというと、最近は飲みに行くこと自体あまりないけど、姉と弟はナカナカの酒豪なのです。
翌日仕事あることとか、どうでもよくなるのです。アップロードファイル
私自身は平日には飲まないし、お酒好きではありませんから、翌日休みでもよっぽど気が向くか状況でやむ無くって場合しか飲まないのです。
ちなみにうちは両親ともにB型で姉と私がB型、弟はO型なのです。
そして弟の奥さんもB型。
童話の『アリとキリギリス』でいくとキリギリスしかいない。弟夫婦には3人の子供がいますが、組み合わせでわかるようにA型が一人もいない。
これを車に置き換えるとブレーキがいない
いや最終的には私がブレーキですが、これも性分というものでしょうか、よっぽど目に余る状況でなければブレーキとして機能しない自覚はあります。弟の奥さんは、お酒こそ飲めませんがどんどん勧めるタイプ。おのずと脱線していく傾向にあります。
私はハムスターのことが気になっていたので『帰りたい』…でも、何というか…心の中で十字を切る心境?

そして予感的中
みんなで近くの寿司屋へ行ったのですが弟は端っから逃がさへんで波動バリバリ。
いきなりビール3つ注文してました。
そして姉はビール一杯くらいなら2~3時間でアルコール抜ける自信あるから『ま、いいか』…と。
しかーし、あれこれ話しているうちにふと見たら姉の前には酎ハイのグラスが!

グイグイ飲んでるし。

そうして夜は更けていってしまったのです…アップロードファイル

行ったのは久しぶりでしたから、家に戻ってからもいろいろと話がはずみましたが、私が参ったのは夜の冷え込み方でした。
大阪もここのところ夜寒いと思っていましたが、ぜんぜん比べものになりません。家の中でGジャン羽織ってなおガタガタふるえる。
話す歯の根が合わない。(注・私だけ)
弟一家はそこで暮らしているので慣れているし、姉はもとから暑がりなので平気。しかし私は寒いのがめっちゃ苦手。
姉と同じく暑がりの我がダンナ(A型)は『もしも日本が戦争か何かで南北に分かれたらお前は南へ行け。俺は北へ行く』などと言っていたことがあります。

閑話休題

実はグリちゃんは弟の長男が祭りの夜店かなにかで釣ってきたカメだったのです。
20070601215957.jpg
これはマウスで描いてみましたが、ひどいもんです。(が、画像がないのも何ですから晒しもの~自爆)

ただ、ここの一家は生き物を飼うのが超々ヘタクソ!まったくどへた
生き物を飼ってはいけない家庭です。
グリちゃんも炎天下の水槽に何日も入れられたままエサもろくに与えられずに、ほぼ放置されていたのです。
私はこっちに戻ってきたばかりの頃、弟の家と姉の家を行ったり来たりしていた放浪の身で、グリちゃんに気付いて長男に『ちゃんと世話しないといかんよ』と言っていたのですが、まったく世話している気配がなかったのです。弟の奥さんにも日陰を作ってあげないと死んでしまうよとアドバイスしていたのですが、彼女は生き物と接する育ち方をしていなかったせいかどうか、やはり放りっぱなしになるのです。
私はというと、幼少のころから常に何かしらの生き物がいる家庭に育ちました。犬猫は当たり前、ニワトリ、ウサギ、ハト、ハツカネズミ、インコ、文鳥、珍しいところでは短い期間ですが鳶もいました。
成長過程にそれらの生き物のどれかがいました。
ニワトリは祭りの夜店で釣ってきたものが全部成長してしまったものだし、ウサギは小学校で飼育係をしていて増えすぎたので貰ってきたウサギが繁殖して増えたものです。
両親、特に父が動物好きなようで、鳶は父がどこかで買ってきたものでしたし、犬や猫は父か私たちが拾ってきたものでした。
母はその世話を一手に引き受けさせられていたので、よく怒っていましたが、でも生き物を無碍に扱うことはありませんでした。
文句言いながらもエサはきちんと与えていたし、犬が病気になったら遅くまで看病したり、回復して元気になったら涙を流して喜んだり、飼っていた生き物が死んだらみんなで泣いたり…そういう環境で育ったので、なんというか姉や私はほぼ人間と生き物は同列感覚。
少なくとも人間以外の動物を物扱いはできません。(弟はちょっと年が離れていたので、幼すぎてわからなかったのかも知れません。それに私と姉は動物の世話をさせられましたが、弟は男の子だからと免除されていたような…)
でも、だからといって動物と接したことがなく、動物を物としてしか見られない人をどうこう言うつもりはありません。

ただ、『生き物は飼うな!』だけでございます。

そういうことでいつしか私がグリちゃんの世話をするようになっていて、工場近くに住居が定まった時も連れてきたのでした。
今回グリちゃんの話をメインにする予定でしたが、脱線してしまったので、次回に持ち越しなのです。
20070602010802.jpg




明日はユウの一週間ぶりの通院。腫れも少し引いてきて元気にしています。糸を自分で抜いてしまって、前の日曜日に病院へ行ったときにほつれた分を切ってもらいました。まだ残っているのかどうかはよくわかりません。明日わかるかな?

 ミルワーム

2007-06-06

照れguli2.jpg
これまた自爆絵でございます。(最近ちょっと自爆がマイブームになりつつあって危険です)

さて、ウチのコたちはみんなミルワームが大好きなんです。
私は以前ペットショップのお魚コーナーで生きたミルワームを見たことがありまして、ミルワームとは全部あんな大きいものだと思っていたのです(体長4~5cm、胴回り4~5mm)。かなり気色悪かったのでした。
だからハムスターのことを調べるためにインターネットを始め、ハムスターがミルワームを食べると知った時は驚いたしビビリました。
ゴールデンなら勝てるかも知れないけど、ジャンガリアンは勝てるのか?などと思い、仮に勝てたとしてもあんなもの買ってきて食べさせる勇気はないな…とか思っていました。
しかし、よく食いつきがいいとか書いてあるし、興味をそそられたのは確かでした。
そのうちに缶に入った生タイプのものがあると知って探しました。
ショップによるのでしょうが私はカメのおやつのところで偶然見つけ『カメも食べるのか!』と知ったしだいです。
とにかく一つだけ取り寄せてみました。
幸い、以前見たような大きいのではなかったし、形も微妙に違いますし、何より驚いたのは缶のふたを開けたとたんむき栗の甘く香ばしい香りがホワ~ン…。(人によって別のものを思い浮かべるのかも。私は目をつぶっていたら間違いなくむき栗と思うことでしょう)
ほんの一瞬ですし、二回目からはもう匂いはなくなっているのですが、初開けのときは必ずいい匂いがするのです。
そして確かに食い付きが違いました。どのコも慌てて奪い取る感じ?
そして一つでは満足しません。
ハムスターには5~10日に一回大きさに応じて3~5コずつあげるのです。
缶にはたくさん入っていますので冷蔵庫で保存したとしても、一缶は食べきれないところです。
ところがです。はい、グリちゃんもミルワーム大好きなんですね。

そもそも私はカメを初めて飼ったので、カメが何を食べるのかよく知りませんでした。とりあえずはペットショップ等で売っているカメの餌と乾燥エビを与えていました。
子供の頃近所のおじさんがカメにうどんをあげているのを見たことがあるような気はしたのですが、うどんで満足できるのか疑問だったのです。私はそのカメの餌と乾燥エビばっかりあげていたのです。
いつも同じものじゃ飽きるんだろうな…と思いつつ、他に何をあげたらいいのかわからなかったのです。
あるとき(まだ初代ハムたちの頃)、東京へ帰るのでハムとカメを姉に預けたことがありました。
預けている間に姉はグリちゃんにマグロの刺身とか鯛の刺身とか、要するに人間の私でもめったに食べない高級食品をグリちゃんに与えていたのでした。…で、戻ってきた私にどれが食いつき良かったか感想を言うのでした。
そのうちで私が試したのは、タコの刺身と甘エビ。
甘エビは近くのスーパーで安いものを見つけたので取り入れましたが、他のマグロだのタイやヒラメだのは却下でした。
そうしたものも間に入れるようになりましたが、寒くなるとグリちゃんの食欲はガタっと落ち、ほとんど食べなくなるのでした。
温かい頃は毎日一回食事タイムでしたが、冬場は3~4日に一回のペース。カメの本でも冬場はそれぐらいのペースでエサを与えていればいいという風に書いてあったので、そんなものなのだろうと思っていました。
ところが去年の夏ごろからミルワームを取り入れたと思うのですが、この冬はグリちゃん、毎日餌くれコールがありました。
ミルワームをばくばく食べるのです。
カメの餌だけしかやらないと、まだあっても途中でシカトするんです。
で、ミルワームだと必死の食いつき落ち込み
でもミルワームばかりだと健康に悪い気がするので、今は最初にカメの餌をある程度食べさせてからミルワームをあげるようにしているのです。その食べっぷりは惚れ惚れするくらいです。
グリちゃんがそのペースで食べてくれるので、ハムたちにも程よく与え、残ることなく消費出来ている感じです。

グリちゃんに餌を与える時はまだ小さい頃から箸を使っていたので、ミルワームも箸で一つずつつまんで食べさせるのですが、よく箸ごと力任せにガキッと噛んで怯んでいるのでした。多分痛かったんだろうな。
何回か箸ごと噛んで懲りたのか、そのうちいきなり力いっぱいは噛みつかなくなりました。
あー、やっぱ経験をいかしているんだな~と感心します。

ハムスターも人間に呼びかけるような声を持っていませんが、カメはさらに持っていないんですよね。
何かにびっくりして怖さを表現するのもシャーと口から空気が漏れるだけ(猫のシャーとはぜんぜん違う)
でも、どちらも見ていると何が好きで何が嫌いかは一目瞭然です。
彼等は真正直に生きているからでしょうね。
その正直さが大変面白いのです

more...

最近のトラックバック

C-PREVIEW

Powered by FCafe

ブログ内検索

RSSフィード

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
★★お願いします★★
ペットショップ廃業に伴い保護されていた犬猫たちもボランティアさんの尽力で病院で治療を受け、引き取り先が見つかり、残るは2匹ということですが、その後も色んな不幸な動物たちを保護して活動されています。 単に「好きだから」では出来ないことだと思っています。 良かったら応援してあげてください。 http://ameblo.jp/inunekodaisuki/ それから、これも…
同盟バナー猫ミニ動
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ONE Click 募金
ワンクリックであなたも募金が出来る!(厳密にはTWO Click←笑)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
☆☆ お知らせ ☆☆
当ブログでは、コメント欄への本文と関係のない文・広告等を禁止しております。アダルトサイトへのURLと思しきものが記載されているコメントやトラックバックは、見つけ次第当方にて削除致します。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
左サイドにワンクリック募金を設置しています。良かったらご協力ください★★★★★下の方でブログペットのyukiが、遊んでほしがっています。お時間があったら相手してやってください。覚えた言葉を披露するのが好きなようです。たまに俳句をひねります(笑)★★★★★もう一つブログをやっています。(リンクの中のspring outです)通常の記事は物語。メンバーになると限定記事が読めます。限定記事は主に………ウヒャヒャヒャヒャ(*⌒ヮ⌒*)ゞ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


プロフィール

celesty

Author:celesty
精神年齢5才と17才と35才を駆使して生きてる半端者です。

うっき~☆おみくじ
『おみくじを引く』をクリックしてください。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミュ~&マオは今いくつ?
ミューの誕生日は2008年9月17日♡マオの誕生日は2009年5月17日
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキング

人気blogランキングへbanner_02.gif

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。