スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 白い猫

2007-01-14

逆単で故郷に戻ってくる前、私は東京で働いていましたが、その職場の近くにいつも白い猫がいました。出会ったときは、まだ生後一年経つか経たないかぐらいだったのではないかと思います。
その猫は民家と民家の間の家一軒分ぐらいの空き地を住処とする基本はノラのようでしたが、空き地の隣に住むお婆さんが朝晩のエサの面倒をみていたのでした。
気難しい猫のようで、あまり人に懐かず、毎日エサをくれるお婆さんにすら、めったに触らせない猫だったようです。
お婆さんによると『猫嫌いな人間もいるから、虐められたりしたんじゃないかね』ということでした。その辺りに来たときもケガしていたそうで、最初はもっと凶暴だったということでした。



そのお婆さんの愛情もすごくて、触らせてくれない猫なのに毎日のエサを欠かさず、冬には外に置いたダンボール箱の中に毛布を入れ、その下にはカイロを入れて猫が寒くないように工夫をしているのでした。
しかも雨の日のことも考えて段ボール箱はビニールでくるみ、なるべく雨が入り込まないように入り口もビニールをかぶせる…といった具合でした。そればかりか大きな災害があったときのために、猫のエサまで外の物置にストックしていると言っていました。

20070114165148.jpeg
これは姉の家のネコ



私は道で猫を見かけると素通りできない人間で、つい声をかけてしまうのですが、大抵のノラ猫は警戒心とともにこちらの様子をうかがい、一定の距離を保って、それ以上近づくことはできません。
しかしその猫は毎日見かけるものだから、ついつい立ち止まって声をかけるのでした。すると猫の気分によって、触らせてくれるときと近づいてもこない時があることに気づきました。
触らせてくれるときでも、抱こうとするとパッと逃げてしまう警戒心の強いコです。きっと、過去によほどひどいことをされたんだろうと思い、私は無理強いしないようにとは心がけておりました。



ある日、その時も猫は触らせてくれる気分だったようで、何日かぶりに猫の背中をなでることができました。
気持ち良くなってくると他の猫同様、ゴロンと横になりお腹をさすることもできます。が、お腹をさすっているとき、いきなり怖いことでも思い出したのかどうか、猫は私の手を両手で抱え込みガブッと噛んだのでした。深くは入らなかったけど、かなり痛かったです。
が、私は噛まれた手をいきなり動かせば、また猫が怖がると思って、あいた方の手で『ああ、怖かったんだね~』と言って、猫の頭を撫でたのでした。そのとき一瞬猫の目がハッと見開いたような気がしました。



それからです。その猫は私が呼ぶと必ずどこからともなく出てくるようになり、いつでも触らせてくれるようになったのです。
それ以前にも、その付近に住む人やおばあさんに『シロはお姉さんのことを気に入ってるようだよ』とは言われていたのですが、信じることは出来ませんでした。
でも呼んだだけで出てきてくれるようになって、ようやく友達として認めてもらえたんだな…という自信がでてきました。
しかし、その後も抱っこしたいのはガマンしていたのです。
決して無理強いしないと決めていましたから。
毎日会社の行きかえりに、ほんの一時、シロと触れ合うのが楽しみでした。



ところがです、ある仕事帰りにまたシロを撫でていたときのこと、シロが何だかジッと私を見ながら体を寄せてくるのです。
私は(どうして欲しいのかな?)と思いつつ(もももも、もしかして抱っこして欲しいのかな…?)と半信半疑ながら、シロを持ち上げ抱っこしました。無抵抗です!
シロは私のひざの上で気持ちよさそうにゴロゴロとのどを鳴らしています。天にも昇る心地でした。
人間不信だった猫が、ここまで心を開いてくれるということがどういうことか、その重さにクラクラもしました。
このまま持って帰りたいとさえ思いましたが、何の見返りも望まずシロの世話をするおばあさんのことを思うと、それは出来ません。
それからは朝晩に必ずシロを抱っこして、つかの間のふれ合いを楽しんだのでした。
スポンサーサイト

 猫の集会

2007-01-28

また猫の話です。



むか~しむかし私は実家を離れ、姉の住む町に移り住みました。
姉はその町の大阪の人以外にはわかりにくい文化住宅(東京だと単にアパートという表現にしかならない)という形態の家に住んでいて、私はそのすぐそばのオンボロアパートに住んでいました。
その近辺には野良猫が沢山いて、もともとはどこかからフラリとやってきた長毛種の白猫(水色と緑色のオッドアイ)が、その猫たちのルーツだそうです。姉はその白猫を『10万円』と呼んでいて、最初はなかなかなつかなかったそうです。じっとしていれば逃げないけど、ちょっとでも近づこうとするとサッと逃げてしまう。
まだ家にいた頃、その猫の話を聞いていましたが、私が行った頃には『10万円』の子供や孫の代になっていたように思います。
『10万円』がどうなったのかは知らないのですが、その子孫たちは立派な野良猫で、姉が毎日エサをあげていたけれど、たとえば骨付きのから揚げでもバリバリ噛み砕いて食べる、たくましい猫たちになっていました。



私も動物は好きですから、姉がエサをあげるときに一緒に猫たちと交流していたので、顔は覚えていてくれたようでした。
私の住んでいたアパートは本当にボロボロで、アパートの入り口の扉のガラスはずっと割れたままになっていて、猫たちも勝手に入ってくることが出来るのでした。
アパートは風呂なしでトイレも共同だったのですが、かなり暗くて怖い場所だったのです。でもいつの間にか私がトイレに行くとき、猫たちがついてきて(多いときで5~6匹)、私が個室に入っている間も外で待っていてくれるようになりました。
それがどんなに心強かったことか。
薄暗い明かりしかないけど、すぐそばに猫の気配があるので、本当にありがたかったのです。
だから冬の寒い日、風をひいて鼻水たらしてるコがいたら、夜だけ私の部屋で泊めてあげることもありました。



そんな風に交流があって、どれくらい経った頃でしょうか、夜中に私の部屋のドアの前で鳴くコがいました。
ボロアパートだけど、他にも住民がいるので私はヒヤヒヤしながらドアを開けます。
中に入りたいのかなと思ったのですが、猫は私を見ると階段のあるところまで行ってこちらを見るのです。
どうしたのかなと思いながら、パジャマに上着をはおって外へ出ると(冬だったんです)猫は階段を下りていって、また私を見上げる。
(何なんだ?)と思いながら猫についていくと、猫はアパートの横手にある駐車場へ入っていくのでした。
そこはきれいに舗装された駐車場ではなく、土とジャリの駐車場で、その隣は空き地で草ぼうぼう。
夜中なので人の気配がまるでないのに、なぜか猫が沢山いるのです。
ふだん、姉が世話しているのではない猫もいて10匹以上はいたと思います。
猫は一同に集まってはいるけど、みんなてんてばらばらのことをしていました。取っ組み合っているのもいれば、草にじゃれているコ、ただじっとうずくまっているコ等々。
私を部屋から連れ出した猫は、そこへ入ってすぐに他の猫たちとまざってしまいました。
私は(なんだ、これは?)というのと(寒い!)というのがあるばかり。
でも、猫たちが一ヶ所にこんな風に集まっているのが面白くて、しばらくはガタガタ震えながら猫たちと、そして空をみていました。
明け方近いのか遠くの空が色を変え始めている。きれいな空だなと思って見ていました。でも寒くてもうたまらんと部屋に戻ったのでした。
長く感じたけど5~10分ぐらいしか居なかったと思います。



後に猫の集会という言葉に出会い、(ああ、あれだな…)と思いました。
あとで思ったことですが、私も野良仲間の数のうちに入っていて『一度くらい集会に顔見せときなよ』ということで、呼ばれたのかも知れません。



P1000039.jpg

これは姉の猫(レタス・女の子)

 犬の話

2007-04-07

え~~~~~、犬ブルセラ感染症のことやなんか調べていて、なんか色んなことが頭をぐるぐるしてしまいまして眠れません。
休みだからいいんですけど、心が整理できない。
で、犬にまつわるエピソードでも書いて心を静めるか…という感じで一日に3つも別々のネタ書く馬鹿です。

記憶に残っている犬は野良犬だったんですけどね。
子供のころの話です。うちの近所に一匹の野良犬がいまして、その犬は野良だけどかしこい犬だったんです。
うちも隣で生まれた子犬をもらって飼っていたのですが、この子犬がよく脱走を図ったんです。子犬でも犬ですから走ったら人間では追いつけません。すると、その野良犬がどこかから走ってきて子犬をつかまえて抑え込み、人間が追いつくまで離さなかったそうです。
私はうる覚えですが、その犬が人間と仲良しだったことや私たちとよく遊んだことなんかは覚えています。
近所の大人たちもその犬だけは受け入れていたというか、誰もがかしこい犬だと認めていたのでした。飼い主はいなかったけど、なんとなく大人も子供もその犬を隣人として認めていたような気がします。
その町内では食べることにはそんなに困らなかっただろうと思います。でも、その犬は暖かい寝床を持っていなかった。
これはハッキリ覚えているのですが、ある寒い朝、その犬はみんながよく遊ぶ空き地で死んでいるのが見つかったのです。
お産の途中だったのです。二匹産み、三匹目を産む途中で力尽きてしまったようでした。子供心にとても悲しかったのでした。
その犬がいつもどこで寝ているのか私たちは知りませんでした。
ただ、いつも気がついたら私たちと一緒になって走り回ったり、ときにはどこかで食べ物をもらっているのを見かけたり、子供の目線からは人間と対等の存在だったのです。
近くの男の人が空き地の隅に深い穴を掘り、その犬と一緒に死んでしまった子犬を埋め、私たちは野の花をお墓に飾りました。
あの時の感じは仲間を失った悲しみ…に近い感覚でした。
でも今だと『なんとか救うことはできなかったのか』とか『誰も犬に関心がなかったのか』とかになってしまうんでしょうか?
それが私の記憶する最後の野良犬だったのです。


もう一つは十代後半のころの話です。
私は家の近くの焼き肉店でアルバイトをしていました。
家が近いので夜遅くまで働いて帰りは自転車でした。
自転車ならほんの2~3分の距離でしたが深夜の歩きは危険なので自転車を使っていたのでした。
その頃、野犬に襲われた人がいるという噂話は耳にしていました。
中には乗っていた自転車を倒され噛まれたという話もあり『まさか』と思っていたのでした。
しかし、ある晩私が追いかけられてしまいました。
5~6匹の団体さんでした。
その頃には野良犬なんてまったく見かけなくなっていましたから、そんな数の犬が徒党を組んでうろついているなんて、どんなに話では聞いていても信じきれないものがありました。
それに私の知る野良犬は『単独生活者?犬?』で、徒党を組む犬というのは考えられなかったのでした。(今なら犬は社会的な動物だとわかりますけどね。知らなかったんですよ)
バイト先から出たところに1匹の犬がいたので迷子かなと思って気軽に声をかけたのでした。
そしたら、その犬がまったく友好的でない『ヴゥウ~~~』という唸り声を発し、牙むき出しで吠えたと思ったら物陰からわらわらと犬たちが私めがけて走ってきたのです。
とっさに自転車に飛び乗り逃げましたが、犬は足が速い。
いつの間にかハンドルを狙って両脇から噛みついてくるんですね。
しかも、自転車の前に出てきて止めようとするのもいる!
人間あんなとき、普段より冷静になるらしく、一匹一匹の役割が見えたのでした。
普段はトロい私ですがあのときだけ思考の速度がマッハにでもなっていたのか、周りが本当によく見えました。
前に一匹、左右に一匹ずつ、そして後ろから二~三匹で私を囲んで走っているのです。ボスは一番後ろの一匹。
それだけではなく「助けてー」と言いながら走る私の声に、まだ電気のついている民家の窓に人が立つのも見えていましたが、助けてもらえそうにありません。
とっさに考えたのは『こうなったら殺るか、殺られるかだ!』
何もない時なら人間以外の動物は人間がいたわるべきものと考えるのですが、今この瞬間、この連中と自分は対等だと思いました。
結果はあとで受け入れるとして、とにかく今はこっちも対等にさせてもらうと決めました。
わたしがやったのはスラローム走行しながら(両脇の犬の牽制)、前に出てくる犬をめがけて突っ込んでいくこと。
(多分、噂で聞いた自転車を倒された人というのは、犬を轢きそうになってスピードを緩めたか何かしたのだろうと後で考えましたが、このときにはそこまで考える余裕はありませんでした)
もし怪我をさせてしまったら後で看てやるけど、今は遠慮なくやらせてもらう!と思っていました。
私が前の犬めがけてスピードアップすると犬はちゃんとよけるのでした。そしてスピードが緩む瞬間また出てくる。そこへまた突っ込む。
店を出てからしばらくは直線コースなのですが、その道が本当に長く感じられたのでした。そしていよいよ家に近づいてきて(このまま追いかけられたら家を通り過ぎないといけなくなる)と思いつつ猛スピードで左折したら、なんと犬たちはそこからは追ってこなかったのでした。
どんだけ安堵したことか…。

家にたどりついてから、何度もさっき起こったことを考えていましたが、私が一番驚いたのは自分の冷静さでした。
パニックになるどころか普段よりも状況の一つ一つがハッキリ見えてクリアな感じになっていた。それは初めての感覚でした。
犬たちについては別に腹も立たないし、どこかに通報して捕まえてもらうという気も起りませんでした。
なぜなら犬たちをあんな風にしたのは人間だとハッキリわかっていたから。
最初から人間不信の犬などいません。
最初から人間を憎む犬もいません。
年食っても、その考えだけは変わりません。

more...

 ニャ、ニャンコ☆

2007-06-30

昨日(あ、もう一昨日です)お昼頃うちの部長が弁当買いに行くならついでに牛乳も買ってきてくれと言うので『なんだべ?』と思っていたら、うちの工場隣の民家の二階ベランダから子猫が落ちてきたと申しました。
飼いネコの子ではなく、ノラが勝手にそのベランダで育児していたようです。(その家の人は気付いていなかったのかな?)
落ちて足がどうかなっているみたいだと言うので見に行ったら、まだとっても小さいニャンコで、下手したらまだ離乳前ってぐらいに見えました。私がみたところ足をさわっても特に痛がる様子はないので大丈夫だろうと思いました。

本当は動物に牛乳は飲ませない方がいいのですが、お腹をすかせているなら少しくらい間に合わせで飲ませてもいいだろうと、牛乳を買ってきましたが容器からは飲みませんでした。
まだ足もとのおぼつかない赤ちゃんニャンコですから、これはやはり哺乳瓶と犬猫用ミルクだなと、用事で昼ごろ出社した姉がホームセンターに走り調達してきました…が、これも飲みません。
で、姉が仔猫用の缶詰をあけたところ食べ始めたので、離乳がはじまったぐらいかな、生後一か月弱ってところかなと見当をつけました。
姉は他に猫の蚤取りシャンプーも買ってきており、仕事が終わった後猫をお風呂に入れたのでした。

実は姉は子猫を欲しがっていて、家の近くにもノラの子猫がいるので手懐けようと頑張っているところだったのです。
だから、やる気満々モードきらーん
家にレタスという猫がいるので、この子はトマトにすると、名前まで決めていました。
…で、この時点では名前はトマトでした。

トマトは突然天地がひっくり返って、親とも兄弟ともはぐれてしまい、ただただ不安そうにしていました。
鳴く声もか細くて、震えていました。
もちろん姉が飼うのですが、姉は帰りに今度の現場で必要になる靴を買いに行ったりする用事があるため、昨日は私が預かることにしました。

そして一夜明けたときの写真がこれ。

P1000645.jpg


P1000663.jpg

昨日連れて帰ったところ、しばらくは死んでるんじゃないかと思うほど静かで、でも夜が更けると起きて鳴くかも知れないので、その前にとっととハムとカメの世話を済ませようと奮闘しました。
昨日、工場の方にネットで注文していたHB-101が届いたので早速1000倍に薄めたものをハムの給水器に入れ、銀の腫瘍にも擦り込もうとしましたが、今まで銀は散歩ぐせのあった豆やケイほどにはふれ合えていなかったので仰向けにすると暴れてうまくいきませんでした。
ま、そんなこんなで忙しい夜でした。

しばらくはトマトが起きるのを待っていましたが、私も寝なければいけないのでトマトを箱から出し、持ってきた仔猫用缶詰を食べさせました。
まだまだ不安そうでどうしたらいいのかわからない感じ。
鳴き声も本当にか細くて大丈夫かなと思うのでした。
そしてトマトにもハムと同じ水を飲ませようとしましたが、水はぜんぜん飲まないのでした。
工場でもまったく飲んでいないので、おしっこもなし。
トマトをまた箱に戻して寝ました。

P1000682.jpg


今日(もう昨日ですが便宜上)は6時前に鳴き声で起こされました。
仕方なく箱から出して新しい缶詰を開けて食べさせました。
お腹がすいていたのか昨日の倍ほど食べました。
私はまだ眠いのでトマトを箱に戻して寝ようとしました。
ちょっとしてまたトマトが鳴くので箱から出そうとしたら箱の中がおしっこで濡れていました。
仕方なくトマトをフトンの中に入れ、指先でいろいろちょっかいを出していたら、トマトもだんだん寛いできて遊ぶようになりました。
それとともに表情も声の出方も変わりました。


P1000649.jpg

P1000710.jpg

トマトを工場へ連れていくと、昨日とまるで表情が違うので、みんなが驚いていました。

P1000708.jpg

P1000694.jpg

不安そうなとろんとしていた目もハッキリクッキリ。
写真を撮りまくってしまいましたうふふ

more...

 猫が来て思ったこと

2007-07-01

久しぶりに子猫とふれ合って、あの天真爛漫ぶりにちょっとヤラレました(笑)
以前は犬派?猫派?と聞かれると犬猫派と答えたものですが、厳密には猫派になるのでしょう。なにしろ猫の気持ちはよくわかるなと思ってましたから。元は犬派の姉が猫に傾いていったのは10万円と姉が呼んでいた猫がキッカケでしたが、その10万円を手懐ける方法を教えたのは私でした。

P1000692.jpg


犬は実家でも飼っていたけど、だいたいは姉に懐いていて姉の言うことは聞いても私の言うことは聞いてくれませんでしたから、やっぱり『ちょっとわからん』と思うのでした。
過去に迷い犬に懐かれたこともありましたが、どうしてやったらいいのかよくわからず、その犬が前脚に怪我しているようだったので手当だけして家には入れなかったのですが(猫がいたので)、しばらくの間うちの部屋の前で横になっていて、その後どこかへ行ってしまったのです。
もし猫がいなかったら家の中で休憩させて、そのまま居付いたかも知れません。その時が唯一の犬を知るチャンスだったかも。
あの時、沢山人がいた中でなぜか犬が私にだけまとわりついてくるので近所の人が不思議がっていたんですが、私もなぜ私に懐いてくるのかわからず戸惑ってしまったのです。犬の気持ちがわからなかったんですね。
嫌いではないしラブラドールやゴールデンレトリーバーぐいらいの大型犬が好きだなと思うんですが(今思うとあの犬ラブラドールに似ていたかも)、犬の世話は大変だからと積極的に飼おうと思ったことはないのです。←昔から面倒くさがりでしたねheyham
猫は気まぐれとよく言われますが私目線では気まぐれではなく、自分と飼い主との間でバランスを取った行動をする生き物です。
犬は飼い主への依存度の高い生き物に見えます。
これはまったくの私見ですが、犬好きにはオレ様な人が多いような気がします。だから慕われるとゾッコンになるけど猫のようにそっけなくされるとさびしくなるのかな~とか。(姉もわりとオレ様です←気づいてないけど、笑。でも10万円以来猫とも親しんでいるので違うかも知れません。単に世話好きな人が多いだけかも←ハイ、私は世話好きではなく放任主義です)

P1000712.jpg

ああしかし、可愛かったなネコ。
もしマンションがペット不可でなければ(←オイ!)飼ってしまいそうでした。
はい~、ハムスターもカメもこっそり飼ってます~
でも契約が済んだ後(←!)私言ったんですよ事務員さんに。
『すみません。言うの忘れてたけどハムスターとカメが居るんですが…』
事務員さんは言いました。
『大丈夫ですよ~。みんなコッソリ飼ってますから~』

でもさすがに猫はまずいだろうと思うんです。
(ハムスターもマズかったですけどね。ユキと豆とケイが壁紙を齧った箇所が2~3ある…)
ま、あの子たち小さいので当分は工場に連れてくるだろうし、姉の家に行けば会えるんですけどね。

more...

 パセリ&セロリ

2007-07-29

え~、浮かれた記事は一週間ほど延期ですが、金曜の夜から土曜日にかけて姉の家に遊びに行ってましたのでパセリとセロリ(猫の名前です)の、その後の様子などお伝えします。

P1000430.jpg

この写真は少し前に姉が撮ったものですが、もう元気いっぱいです。
私が行った時も寝てる時と食事以外は、目まぐるしく走り回っていました。

P1000431.jpg

こちらがパセリ

P1000798.jpg

こちらがセロリです。

あれから一ヶ月経ち、だいぶ大きくなってきて性格もだんだんわかってきたそうです。
パセリは甘えっこで常に人の傍にくっついていて、セロリはパセリよりは自立心が強そうな様子。
パセリとセロリは生まれが1~2か月ほど違っていて、どうしても体の大きいパセリの方が取っ組みあった時に優勢なのにセロリは、ひるまずに向かっていくのです。
力の点でもパセリの方が先に生まれた分強いわけですが、セロリは痛くて鳴きながらもやはり向かっていくのです。
長く見ていると、パセリは姿勢をすぐに落とすのに、セロリは小さいながら自分を優勢に見せようとして背を持ち上げた姿勢を保っています。
性格もセロリの方が落ち着きがあると姉が言ってました。
パセリはどちらかと言うと脳天気なようです。
P1000795.jpg

P1000772.jpg

セロリは多分ノラのままだったら、きっとボスになる素質を備えているんだと思います。パセリに比べ、何か自分で考えてはんだんしているような感じがあるそうで、パセリは見たところ何も考えていないそうで…うふふ
二匹とも車に酔うらしく姉はあまり工場に連れてこなかったので久々の対面でしたが、このチビ助たちは見るもの何でもおもちゃだと思っているらしく、本当に縦横無尽に暴れていましたよ↑
今はまだ小さいので登れる高さは限られていますが、もう少し大きくなったら彼等はもっとパワフルな追いかけっこをすると思うので楽しみですすごいことになるでしょう
P1000782.jpg



banner_02.gif
可愛いなと思ったらポチっとお願いします

f_03.gif
こちらもよろしく

 ニャ、ニャンとも…

2007-09-11

P1010074.jpg

今日はパセリだけ、事務所に来ました。
パセリは最近、隙をついて外へ出るそうです。
今朝も姉が出ようとしたら、ついて出てしまったようで、一度凝りさせないとということで、そのまま車に放り込んだんだそうです。
パセリは今、好奇心の塊でどこへでも首を突っ込んでいくやんちゃ坊主真っ盛りなようです。
車に酔うらしく、運転する姉の膝や肩の上、足元…と激しく移動し、後続の車がヤバイと思ったか、かなり後ろに引いていたようです。

事務所でも最初はビクビクしていたのに、安全地帯がわかってくるとそこから足を延ばして領土拡大しようとウロウロしては安全地帯(私たちのいる島)に戻って、また冒険。
そうかと思うと工場の人が作った猫じゃらし(壊れた釣り竿利用の優れもの)で暴れまくり、じっとしていませんから午前中はほとんど猫の子守状態でした。

しかし午後は
P1010081.jpg

グテ~~~~~っと、この通り苦笑
最初寒くて私の膝の上に乗ってきて寝ていたのですが、身動き取れなくて困りました。
その後一回起きてまたひと暴れしたのち、今度は姉のイスを占領したのがこの写真。ゴツいイスなので寝心地は良さそうです(笑) ※私のイスは普通の事務用
リラックスしまくりです足あと

P1000681.jpg

拾った日はこ~んなに小さかったのに、もう3倍くらいに大きくなっています。
今日はセロリは、どうして過ごしたのでしょうね。
いつもパセリがイタズラの先頭に立ち、セロリが後ろからくっついて行って同じ悪さをするのだそうです。セロリが自ら悪さをすることはないそうです。
セロリは怒られるとピューッと逃げるそうですが、パセリは怒られているということがわかってないのか、いつもケロリとして、また同じことをするそうです。
P1000778.jpg

かわいそうなのでセロリの写真も
これはもう、少し前の写真ですからセロリも、これよりは大きくなっているでしょう。

二匹の話を聞いているとパセリセロリの関係は、子供の頃の姉と私みたいな気がしてきます(爆)
はい、私は大人しかったですからアップロードファイル

banner_02.gif
ぽちっとお願いします
f_03.gif
こちらも、お願いします

more...

 小さな命

2007-10-12

今日会社に行くと、事務所に置いているバケツの中で小さな鼠が死んでいました。
うちの会社は1階が工場、2階が事務所になっていて、必要とあらば二階にも物を吊り上げて収納できるようになっています。
物を吊り上げたり吊下げたりするために壁の一方が大きく開閉出来るようになっているのです。
その開閉部は隙間があり、鼠等は電線を伝って隙間を通り抜け、中に浸入できたりするのです

しかし、よく考えると事務所は隙間や穴がたくさんあって、もっぱらそっちから出入りするようなのです。うちはセコムしているのですが、夜中にセコムが緊急出動してきた原因の98%は鼠かイタチ、1%が夕方侵入していた猫、残りの1%が人間ということです
人間というのは別に泥棒が入ったのではなく、泊まりがある場合のセコムへの連絡を忘れたというものです。
以前からセコムにネズミ対策をするよう言われていたのですが、うちの場合は全面建て直しでもしないかぎりは防ぎようがないほど、小動物の進入口が多すぎるのです。
一応、鼠を撃退できる超音波発生装置とか昔懐かしい鼠捕りのワナとか仕掛けましたが効果はありませんでした。超音波もほんの数日だけ効き目ありかな?と思った程度でした。
結局のところ、食べ物を置かないようにするぐらいしか打つ手なしという状況なのです。

事務所には台所があって、その気になればそこで料理も作れるし、また、ほぼ毎日何だかんだとおやつを買ってきてはテーブルの上に置きっぱなしにする人もいます。姉です。
みんなに食べてもらおうと思って買ってくるのですが、以前は食べ残った分などが、そのまま置かれている状態でした。
そして鼠はなんと事務所のあちこちに別荘をこしらえ、食べ物を持ち込んで夜な夜なそこで寛いでいたようなのです。
何人かが犠牲となり、大事な書類棚から糞尿の跡が見つかったりしました。
食べ物を置きまくる姉の席の横の棚も別荘となっていました。
それで、食べ物を出しっぱなしにしないよう徹底したところ、飢えた鼠君たちはどうやら死に物狂いで食べられるものを探したようで、以前は何ともなかったキャンデーやコーヒー豆の袋も齧って、食べ物を探すという暴挙に出ていたのでした。
それでコーヒー豆が入っていた箱から中身を出して戸のある棚の中にしまう様にし、キャンデーは蓋付きの容器に入れるようにしました。
あと、カップめんなども封を開けてなくとも安心できないので、棚の中に入れるように徹底したのでした。
以前は黒いごみ袋もむき出しで置いていましたが、今は大きなポリ容器に入れ、食べられるゴミも出さない徹底ぶりです。

そうしたところ、今日、鼠捕りにも掛からなかった鼠が、ごく普通のバケツの中で死んでいたのでした。
その鼠はドブネズミとは少し違う種類のようで、まだ小さかったので子供だったのかも知れません。
あちこち食べ物を探しまわっているうちにバケツの中に落ち、出られなくて多分ショック死したのではないかなと思うのです。目が空いたまま死んでいたので、突然の心臓発作のような感じだったのかも知れません。
うちのジャンガリアンと同じか、それよりもう少し小さいぐらいの亡骸は、私にとってはうちのコが死んだときと同じに見えました。
可哀そうにな…と思いつつ、事務所の男性たちがオタオタしているので、どうしたのか聞くと「鼠の死骸をかたずけなあかん」と言いつつ、軍手をして重装備し、ビニール袋はないかとか言ってるので、私は仕方なくビニール袋を手にはめて、鼠の亡骸をつかんでそのまま袋をひっくり返したのでした。
「わー、素手やったら直接感触がわかってしまうやんか!」と騒ぐ男性陣。
「うち、ハムスターいるから平気や」と私。
もちろん、自分のハムスターならビニール袋も使いませんが、一応野生で生きてる鼠ですから、どんな所を通ってきてるかわかりませんので、素手でさわることは出来ませんでした。

でも、ふとずっと以前の自分を思い出しました。
ハムスターを飼う以前の自分や、飼い始めて初めてハムスターの鳴き声を聞いた時の自分。
見た目可愛いハムスターは声も可愛いに違いないと、どこか無意識で思いこんでいたようで、初めて聞いた声が、まるで鼠だったのでうっすらと落胆した記憶があります。
そんなことも忘れて今ではすっかり、この声も可愛~い とか思ってるわけで、いつしか鼠も愛でる対象になっていたようでした。
この死んでしまった鼠が生きたまま見つかったら連れて帰ったかも知れません。
それか、どうせ誰も殺せないと思うので、工場でエサあげたりなんかすることになったかも知れません。おそらく姉と私はそう動いてしまうことでしょう。

小さな亡骸は、人間からは害獣と忌み嫌われていますが、もしも人間が都市という名の自分たちだけの砦を作らなければ、野原や森で生息する普通の動物だったのだと思いました。
人間が自分たちの領土をどんどん広げたため(また、お手軽にエサが手に入るということもあったのでしょうが)、彼等は人間が垂れ流す汚物の中で生息せざるを得なくなってしまったのだという記事を、たまたま昨日とあるブログで読んだせいもあるのかも知れませんが、ふと彼等も最初から汚い生き物だったわけではないのだと思ったのでした。

ただバケツの中で、もがいてもどうしても出られなくて、どんなに怖かっただろう…と思いました。死ぬほどの恐さです。
そんな死ぬほどの危険を毎日冒して、彼等も必死で生きているのだなと思いました。
だからといって食べ物を置くわけではありませんが、人間はどれだけ多くの同胞(同じ地球上の生物)に支えられて存在しているか考えた方がいいと思いました。
鼠は土に還してあげました。

 最近のニャンコたち

2007-10-13

先日、東京の友達から久々にメールをもらいました。
このブログを時々のぞいてくれているということで、大変嬉しかったのでした。
私は現在も部分的筆不精というか、限定型筆不精と言いますか、大変わがままな筆不精が続行中なのです。
なぜ大変わがままかというと、季節のあいさつ限定で書けないからです。
なぜなのか、自分でもよくわかりませんが、以前は年賀状にしろ暑中見舞いにしろ、書こうと思って毎年ハガキは準備していたのです。そして、休みの日などにペンを持ち、………、ペンを持ち、………、ペンを持ち、…ハガキとにらめっこ
数年そんなことを繰り返し、今ではやさぐれてハガキも買わなくなってしまいました(ノ・_・)ノ⌒●~*
そんな私を見捨てずに毎年きれいなイラスト入りの年賀状を送ってくれる友達です。
今回は特に彼女たちへのお詫びと感謝をこめて(ネコ画像や人形画像、ハム画像に癒されているということでしたので)画像をたくさん見てもらおうと思いました。

まずは、
P1000725.jpg

只今パセリとセロリは遊びたい盛り。
この子たちにとって姉の自宅は全体が遊園地の如しで悪行を繰り返しているとのことでした。
壁登りとかもして、壁紙がボロボロになっていくので、そんなに高い所に登りたいなら…と、最近買ってきたのが、このネコ・タワーだそうです。
さすがヤンチャ盛りなだけあって、すぐに興味を示して大人気だとか
でも壁登りは続いているそうです
P1000711.jpg

だいたい騒ぎのある時、率先して悪さをしているのは、このパセリだそうです。
全身好奇心の塊で、どこへでも首を突っ込んでいく、どこか子供時代の姉を彷彿とさせる子です苦笑
P1000713.jpg

そしてセロリは比較的おとなしくて、自分からイタズラをすることはないそうです。
ただし「おにいちゃんがやるならボクもするー!」って感じでパセリの後にくっついて同じワルさをするセロリは、なぜか子供時代の私を彷彿とさせます汗
P1000694_20071013004304.jpg

大変仲が良くて、よくこんな風にくっついて寝ているそうです。
セロリはパセリのことを本当のお兄ちゃんと思っているように見えるそうです。
P1000699.jpg

大変ややこしい寝相です。
P1000723.jpg

首!絞めてる絞めてるヤベッ

banner_02.gif
可愛いなと思ったらポチっとヨロシク
f_03.gif
こちらもヨロシク

more...

 油断した…いや、忘れてた☆

2007-10-31

CA390056.jpg
本当は虹が写っていたはずの画像…汗

お久しぶりでございます
ブログペットのyukiに二連チャン更新を許してしまったミッチョンですアップロードファイル
先週末は姉の家にお泊まりに行ってきました。本当は日曜日夜には戻ってきて更新しようと思っていたのですが、諸事情によりもう一泊することになって月曜日、姉と一緒に出勤してテリトリーに戻ってきました。
姉の家は駅から遠いんですよね…。
行きも帰りも車で送迎してもらう私は運転免許持っていません
ここのところ、徒歩5分でありながら職場から戻るのは平均8時過ぎで、けっこうヘロヘロになっています。
遅い時は10時近くになったりもするので、平日の更新が思うようにいかないのです。
記事を少しずつ書きためることも考えたのですが、感性で動きがちなのか、どうなのか、どうも書き溜めるというような器用なことが出来ません。
書くぞモードになったら一気に書いてしまわないと、途中で止めると日を開けて続きって書けないのです。時間が開くと湧いてくるものも微妙に変わるというか…。
ブログ記事に感性が必要かどうかは、さておいて、そのような質でございます。
それでかな、昔マンガを描いていた時は、食う寝るを忘れる ほど没頭しまくりでした。
まだ、その後遺症が残っているようです。

さてさて、姉の家に行ったということは…はい!また、猫写真を撮ってまいりました
かなり悪行を繰り返していると聞いていましたが、今回はその現場を押さえた写真が多いのです。


CA390089.jpg
これはセロリですが、何をしているかというと新聞読む邪魔をしております。「頼むから、どいて~」と言っても…


CA390090.jpg
知らんぷり。


CA390091.jpg
挙句はパセリも乱入して、本格的に寝てしまった…。

でも、こんなのは猫としては定番ですよね。
猫ってなぜかしら、人が読んでる雑誌や新聞、本(昔は必至で描いてるマンガ原稿の上とか)などの上にドッカリと居座る んですよねニャンコ
理由はわかりません。
彼等はこんな悪さもしてました。


CA390098.jpg
キッチンも我が物顔です。
パセリとセロリは特徴がありまして、姉が調理を始めると好奇心全開で覗きに来るのがパセリで、料理が出来上がって人間が食事を始めると当然のように食卓に加わろうとするのがセロリなのだそうです。この写真は夕食の後片付けの終わった台所を探検中!?

そんな所に上がってはいかんよ、と注意しても


CA390101.jpg
は? 何か?(これは普段から怒られてないんでしょうね)←姉によると怒っても応えないらしいんですけどね(笑)

CA390086.jpg
もう、めいっぱいリラックスしまくりです苦笑
こいつとこいつが、同じ猫だとは…ダメ
CA390076.jpg



これまではパセリの写真が多かったので、今回はセロリ多めです(笑)
セロリは人のぬくもりが好きなようで、抱っこするとすぐにゴロゴロと喉を鳴らします。
パセリはレタスほどには抱っこ拒否しませんが、やはり逃げようとします。
レタスは抱っこ大嫌いなので、抱こうとするとものすごい勢いで逃げますし、しつこく追うと威嚇してきます。(もともとレタスは女王様気質)
そんなレタスの定位置は常にここです。
CA390096.jpg
ソファに陣取ってひたすら寝る




banner_02.gif
ポチっとよろしくお願いします
f_03.gif
こちらもついでにうふふ


写真で撮れてない悪行としましては、夜中に運動会を始めまして、私は顔の上を3往復されました。
頭からフトンかぶる癖がなかったら、顔に爪痕ぐらい残っていたことでしょう


 あのチェーンメールの真相

2008-03-30

二週間ほど前に悪質なチェーンメールだったということが発覚したかに見えたのその後の報告をしなくてはなりません。
この記事の後で発信者のひとり さんが『このメールは本当なんです』というコメントをくださいましたが、信じませんでした。
その後、いえいえさんという方も『この件は終わっていません』というコメントをされましたが、またまた信用しませんでした。
…が、昨日記事をアップした折にコメントの管理画面をのぞくといえいえさんより再度のコメントが入っておりました。(鍵コメで)
そこにはURLが記されており、早速その先を訪問したところ、あのチェーンメールのもとになった事件にたどりつけたようでした。

以前、私が検索した時には行き付けなかったサイトでした。
私が検索して得たものは『普通ペットショップが倒産するときには、動物たちはブリーダーに差し戻されたり、ペット業者間の横のつながりでペットを保護したりするので、あのチェーンメールのようなやり方はあり得ないし、そんな話も伝わってなく、倒産したというペットショップも特定できない』という、一ペットショップオーナーの意見でした。
だから悪質なイタズラだったと断定したのですが………不幸な犬猫たちが実際に存在していましたうぅっっ。。。
いえ、実際にはあのチェーンメールが本当に嘘だったとしても、人間のせいで不幸になっている犬猫が日本だけでも年間何十万頭もいるのですが…。

あのチェーンメールの内容も少し違っていたようです。
チェーンメールを発信したのは、そのショップをやめた人たちであったようですが、メールが回るうちに少し内容が変わってしまったようです。
実際に残っているのは状態の悪い子や繁殖に使われていた老犬や老猫たち(これも状態悪い)でした。
衛生管理が全然できていなかったように見受けます。
チェーンメールではペットショップとなっていましたが、繁殖も行っているショップだったのでしょうか?
今は個人ボランティアの方々が大変懸命に活動され、保護しているもののまだまだ問題が山積み状態な様子です。


以前何かで偶然みた記事ではアメリカの繁殖業者の実態として、店頭にはきれいで可愛い動物の赤ちゃんが展示されていますが、その子たちの親(つまり繁殖用の動物)は、かなり劣悪な環境で飼われているというものでした。
今回、こちらで見た写真と大差ない状態で、人間の罪深さを感じずにはいられませんでした。
10万20万出して買う動物の親が、病気になっても医者にも見てもらえないどころか、散歩もままならない状態で繁殖マシーンにされている図を、あなたは想像できるでしょうか?
そのことも考え合わせてココをご覧になってください。

出来るだけ犬猫を、そしてボランティアの方を助けてあげたいと思います。
微々たることしか出来ないですが………


CA390182.jpg
この子たちはノラで、片や二階から落ちてきて、片や油まみれで溝に落ちていたのですが、繁殖用に使われていた犬猫よりはすっと幸せだろうと思います。

CA390187.jpg
この子もレタスと書かれた段ボール箱の中に産み落とされていたノラの子でしたが、繁殖用の犬猫に比べたら本当にかなり幸せだろうと思います。


more...

 ひえ~ぇ!ニャンコベビー(⌒▽⌒;)

2008-07-03

micchon1.jpg

ま、まさか今年も見つけてしまうとは~~~~~げ
去年パセリが隣家の二階ベランダから落ちてきて、セロリが溝にはまってて…こ、今度は。。。
うちの事務補助の女性が駐車場に落ちてるベビーを発見してしまいましたアップロードファイル
しかもですよ…

CA390261.jpg

CA390262.jpg

CA390263.jpg


う、生まれたてホヤホヤです

Nちゃん(事務補助の女性)は、落ちてたと言ってましたが、私が想像するに駐車場でお産してた時に何かに驚いた母親が逃げちゃったのでしょう。
しかも…ヘタすると脅かしたのはNちゃんの車かも知れませんマジですか
呼ばれて駐車場に行ったら二匹の生まれたてのニャンコベビーが熱いコンクリートの上に転がってまして、片方はなんと胎盤付。。。。。yellowpoint.14

仕方なく速攻で回収し、また猫ミルクと哺乳瓶を買いに走り、哺乳瓶の吸い口部分が大きすぎたので急きょハムスターに流動食食べさせるときに使ってた注射器(の形してるもの)を取りに帰り、走り回ったのでした。
あんな熱いコンクリートの上にいたにもかかわらず、一匹は体が冷たくて、仕事そっちのけで両手で包んで温めて、姉が来てから胎盤を切り離し………本日、まともに仕事に取り掛かったのは夕方くらいでしたか(爆)
ベビーたちも姉が連れて帰りましたが、すでにレタス、パセリ、セロリの三匹がいますから飼えないと言ってました。
でも放置するわけにもいかず、せっかく生まれた命だし、とりあえず育てようということになりました。
生れたてにしては大きいかな…と思いました。
大昔に私はこれの2/3ぐらいの子猫を5匹も拾ってしまったことがあります。ごみ箱の中に捨てられていた、明らかに人が捨てたとわかる状態でした。
今度の子は、工場周辺に生息するノラの子だと思われます。

姉は今夜は眠れないでしょう(笑)
で、明日から当分仕事にならんでしょう(爆)

本当の本当は、これが今日のメインになるはずでした羅琉 泣き

more...

 ナスビよ、安らかに…

2008-07-08

7月3日に駐車場で拾ってきたベビーニャンの片方が昨日の朝、天国へ召されました。
密かに野菜つながりでナスビ、メロン(野菜じゃないけど)と仮の名前を付けたのですが、ナスビは当初からミルクを飲む力が弱かったのです。

CA390264.jpg

最初は鳴く力もあったけど、どんどん衰弱していったようでした。
たった4日で早々と天国に還って行ってしまいました涙
『絶対に助けよう!』と頑張っていた姉は、朝、電話の向こうで泣いていました。
飲む量が少ないのは分かっていたのだから、もっと時間をかけてたくさん飲ませてやったらよかった…と言っていました。

でも、仮に母親が逃げることなく産んだ子の世話をしっかりやっていたとしても、ナスビは同じ運命をたどった気がします。
自力で吸い込む力がないから、無理やり口に哺乳瓶の乳首をふくませ、哺乳瓶の方を押してミルクを少量ずつ口に流し込んでいましたから。
これは仕方がないと思いました。
野生ではそんな子もたくさんいるのだと思います。
そういった子たちは多分、他の生命を生かすために生まれてきたのだと思っています。
自然の中でのバランスを保つための、大切な役割なのかも知れないと考えたりします。
ちなみに今日聞いた話ですが、駐車場のところにある溝の中でもう一匹のベビーニャンの亡骸があったそうです。
昨日、工場の人が見つけたそうです。
その子は私たちが行った時、もう死んでいたのかも知れません。
ナスビとメロン以外の鳴き声はしませんでした。
他にもいるんじゃないかと一応探したのですが、溝は私たちの膝ぐらいの高さに積まれたブロックの向こう側なので確かめなかったのでした。

残ったのはメロンだけです。
CA390265.jpg

CA390266.jpg


なぜメロンかというと、体の縞模様がハッキリ分かるからで、最初は『シマ』『スイカ』と案が出たのです。
でも可愛いのがいいからと、姉の独断でメロン。

これは今日の写真です。
CA390270.jpg

CA390268.jpg

CA390267.jpg


メロンは食欲旺盛で吸う力も強いです。
お腹がすいてミルクを飲みだすと、満足するまで何度でも乳首に吸い付こうとします。(近所のホームセンターで買った哺乳瓶の乳首部分はすぐ空気が入ってミルクが出なくなるので、何度も空気を抜いて飲めるようにしてあげないといけない)
生きようとする力強さを感じます。

ナスビの分までいや、他の兄弟の分まで頑張って大きくなってほしいです。

 メロンもダメかも…

2008-07-10

メロンもダメかも…(ノ_-。)
今、10日になって間もなくの午前二時…さっき、姉からの電話で動物の救急病院に来ていると言っていました。
夜11時頃に、ぐったりしているメロンに気づいて病院に走ったそうです。
先生は発育不全だと言っていたそうです…。
母親からの初乳を貰ってないことが、やはり大きいのだそうです。
初乳によって抵抗力をつけるというのは知っていましたが、あんなに一生懸命に生きようとしているから大丈夫だと思っていました。
生まれてから一週間が山だとも言っていたそうです。そして生まれてから二週間生きれば育つ…とも。
今日で一週間目。。。
電話で話していた時は点滴を受けている最中でした。
姉が先生に呼ばれて、話は中断しました。

 Cherry-発育中(=^▽^=)

2008-08-23

更新が大幅に遅れました~(;^_^A
前の日曜日には更新するつもりだったのですが、肝心のカメラがどこ行ったか分からなくなってしまい、写真なしではな~~~と思っていました。
その後、仕事がやたらめったら忙しくなり訪問もままならない感じで焦っていたところ、カメラはいつも私が座っている場所の前方左45°方向に普通に置いてあったことが発覚
何やってるだ、私~!!! …と思いつつも忙しさにまぎれて、ブログうっちゃらかしでございました苦笑

子猫の成長は早いですよね(話を強引にそっちへ引っ張ってる…かな?)
一週間前と今現在では、我らがチェリーちゃんもま~ったく違っているんですよね
でも写真はほとんど一週間前のしかありません。

more...

 腕白らしい ( ̄○ ̄;)

2008-09-13

お久しぶりでございます♪(*^ ・^)ノ⌒☆
昼間の暑さもゆるんできて過ごしやすくなりました。
私は相変わらず仕事が忙しく、これまでは土日祝、めいっぱい休んでいましたが今は土日のどちらかは仕事に出ています。
今回は3連休なので久々にゆっくりできそうです♪
本当は明日も予定が入っていたのですが、なしになったのでラッキー

P1020432.jpg

さてさて、この子ですが何だかとっても腕白になってしまっているそうです;
(このキャリーは前に使っていたハムスター用のキャリーと色は同じですが、実はネコ用の大きなものです。大きくなった…)
あまりの腕白さに連れて来てもおちおち仕事ができなくなるということで、この週は会社に連れてきてもらえませんでした。
確かに先週あたりから好奇心が強まったのか、私たちのブースの外へ出るようになり、危なっかしくて目が離せなくなっていました。
事務所とは言っても、いざとなれば倉庫代わりにも使われる所なので、子猫にとっては危険が一杯なのです。

私たちのブース内でも、このように…P1020413.jpg

足場の悪い所に好んで上る…

P1020435.jpg

上る…

P1020437.jpg

上る…

P1020465.jpg

あ、これは大したことないですね(=^▽^=)

まだ周辺にいてくれる分には安心なのですが、この付近から外に出るとどこに入り込んで出られなくなるかもわからず、姉はとうとう強制的に留守番させることに決めたのでした。

これらの写真は先週の前半に撮ったものですから、今はもう少し大きくなっているはずです。

P1020438.jpg

タマゴしか食べなかったチェリーも、ほぼ強制的に(お腹がすけば食べるだろうと放っておかれて)ちゃんと離乳用の猫缶詰を食べるようになっていましたw

この週はチェリーの姿は見ていませんが、来るたびに姉がチェリーの話をします。
それによると、チェリーの悪行がひどくて今はレタスどころか、パセリやセロリからも相手にされなくなっているとか………∑( ̄口 ̄)
傍若無人な振る舞いが目立つようで、姉をして「こんなネコ初めてや…。」と、言わしめました
どうも猫なりに空気を読まないというか、押しが強すぎるらしいのです(-"-;)猫ってけっこう空気読むんですよ(*^-^)b

レタスもパセリもセロリも、同じノラ出身です。
ただ違うところがあると言えば、生後1~3日で親に捨てられてか、炎天下放置されていたことです。
鳴いてることに気づいていた人間は何人かいましたが、「放っとけばそのうち静かになる。」と何時間も無視されて、ずっと鳴き続けていたことです。
その経験がチェリーの中に残って影響しているんだろうな…と思いました。
チェリーのどこかに、主張し続けなければならないという強迫観念があるような気がしました。
姉はそんな赤ん坊の時のことが残ったりするのかと言いましたが、残ります。
人間の赤ん坊でも同じことが起こります。
赤ん坊の時に赤ん坊でも辛いと感じられるような体験があれば、体験したこと自体を忘れても、その時の衝撃は心に刻まれて何らかの形で出てくるのです。
レタスやパセリ、セロリには理解させてやるのは不可能ですが、人間ならば理解することはできます。
姉が上手にチェリーの心の傷を癒してくれることを祈ります。

P1020453.jpg

 Cherry骨折(|||_|||)

2008-10-15

P1020486.jpg

だれ、これΣ(・ω・;) ………耳が長くて、えらく尖がってる。目が顔の大きさに比してデカいチェリー…?

シーサーには似てないけど、これまで私がネコと認識していたものから若干外れているような…。
って、実は痩せてるんですね。
久々に会社に来たのでキョトキョトしてます(*^_^*)
なぜ会社に来たかというと、この三連休の間に左足大腿部骨折したそうです。
姉がお友達と遊びに出掛けている間に何かあったようです

昨日までは痛がって、体のどこをさわっても怒っていたらしいですが、今日は足さえ触らなければ怒りませんでした。
チェリーはまだお子ちゃまで、先住猫たちとも体の大きさや体重差(特にパセリがデカい。パセリはネコというより犬に近い感じがします)もけっこうあるのに、先住猫が遊んでいると混ざりたがって突進していくそうです。
パセリとセロリのバトルまがいの運動会に巻き込まれたか、階段から落ちたか…姉が帰ってきたとき玄関でへたばっていたそうです(´;ω;`) 
立てなかったし、体のどこをさわっても痛がるので、腰をやってしまったのではないかと焦ったそうです。
とにかく医者に連れて行ってレントゲンを撮ったら何も映らない。
チェリーの骨は普通より細くて映らなかったらしく、二回目でようやく骨折個所が分かったそうです哀

P1010041.jpg
で、あまり動き回らないようにケージにぶち込んでおくようにと、お医者様より仰せつかったそうで、これがチェリー御殿の中のようです。
他の猫とも接触させないように言われたらしいですが

P1010046.jpg
なんか…
P1010040.jpg
セロリは
P1010051.jpg
気になるようで、常にチェリー御殿のそばにいるそうです。
パセリはというと、
P1010048.jpg
『いつもの小っこくてウルサイのが大人しい…』ぐらいは思っているのでしょうか(^^ゞ

とにかく当分ごはんも水もトイレも自力では無理ということで、今日から当分、また姉と一緒に通勤してきます。
P1010065.jpg
立てないので、このポーズで移動しようとするため家では へび少女(@楳図かずお)と呼ばれ始めたらしいですげろげろー!

P1020503.jpg
妙ちくりんな座り方をして毛繕いしてます(`・ω・´)
子供だから回復は早いと思うのです。

P1020501.jpg
君々、その座り方は痛くはないのかね?
P1020511.jpgなにが?

どうやら痛くないようですε- (´ー`*)

P1020508.jpg
いででで~!!

骨折以外はメチャメチャ元気です(=^▽^=)

見ているうちにふと、魔女の宅○便の黒猫ジジに似てないか?。。。と、思いました(笑)



 緊急お知らせ!

2009-01-18

初島というところでまたまた動物がらみの大変なことが起こっているようです。
先日この記事を読み、うちでもアップしようと思っていたのに今朝起きたときウッカリ忘れていました
詳細はこちらへ訪問していただくと、より分かりやすいかと思います。
チョコママさんも今回は後方支援という形であるそうですが、手足を切断されたネコちゃんや、ペットショップ崩壊後の行き場のない犬猫たちを保護し、飼い主を見つけるなど個人で活動されている方です。
私には到底できないと思いつつ、チョコママさんのしていることは馬鹿なこととも無駄なこととも思えず、密かに応援したくなります。

初島で起こっていることの感想をちょっと書きますと……利用できるときは利用しておいて、邪魔になったら害獣扱いというのは、あんまりじゃないかと思いました。
たとえ島にネコを持ち込んだのが先祖であって自分たちではないとしても、先祖を救った猫たちの働きが、今の自分たちの存在へと繋がっていると思うのです。
感謝どころか恩を仇で返す行為。
人間対ネコで考えたらそういうことだなと思います。
こういう話を聞くにつけ映画『宇宙戦争』のワンシーンが浮かんできます。
宇宙から飛来し、地球を占領した宇宙人が人間を情け容赦なく駆除していくんです。
駆除されても文句言う資格のない人間がいる…と思ってしまいます。
人間の命だけが特別だと考えるのは間違っていると、私は思うんですが…。
こちら『時歌の日記』でも、より詳しい内容がわかります。

でもチョコママさんのところでネコに優しい島の紹介もされていてちょっとホッとしました。





以下にはチョコママさんのところからコピペした文があります。
もしも何か出来ることがあったら、力になってあげてください(-人-)
もちろん私も何かさせていただきます。




more...

 生命

2009-03-21

あなたは、毛皮は好きですか?
私はどちらかと言えば好きでした。
手触りがよく、何より、温かいから。
でも最近とある事実を知ってから、毛皮で出来たものを買うのは断固よそうと思いました。
私たちが単純に「着心地がいい」「温かい」「お洒落だ」として身につけていたものの影にとんでもない犠牲があったことを知ったからです。
もう、喜んで毛皮を身につけることはないでしょう。
もちろん、その事実を知る前も、毛皮とは動物の皮を剥いだものであるという認識は持っていました。
ただ、あんな風になされていたことは知りませんでした。
ごく単純に、たとえばエスキモーが白クマを仕留めて、その肉や皮を生活に利用するといったような範疇のこととして、漠然と考えていたのです。
しかし、現在の毛皮産業では………とても言葉では言えない残酷なことが行われていたのでした (ノ_-。) 
人間以外の生き物にも命があります。
感情もあれば、考えることもします。
人間だけが特別な存在ではない。
ただ、人間に限らず生命の存続には他の生命の犠牲が常に伴っているという事実はあります。
私たちは常に他の生命を殺して、自分の命をつないでいます。
それはすべての生命に言えることです。
必要なものを必要なだけ他からいただいて生きている。(植物にも命があります)
その事実を否定したら、どの生命も生きていくことはできません。
しかし毛皮の採り方に関して言うと、「必要なものを必要なだけ」という範疇には容れ難い。
ただただ人間の欲望の具現された姿と、その被害にあっている生命が存在するだけです。
人間の技術は向上しており、毛皮でなくとも暖かい衣類を作り出しています。
必要ない。少なくとも、あんな奪い方で作られたものなど必要ない。
そう思いました。
もう、毛皮で作られたものは、どんなものも買いません。

この事実を見るには勇気が必要です。
Vivifier ☆せっちゃん&viviちゃん☆(こちらの上から三つ目の記事になります)にて『画像を見たくない人は文章だけでも…』と紹介されていましたが、訪問した段階で再生される映像もあり、私は見てしまいましたが、とても最後まで見ることのできない映像が含まれています。
すぐに逃げ出したにもかかわらず、見てしまった映像が何度も甦ってきて、思い出すたびに苦しくなります。
だから、気持ちの強い人だけに見てもらいたいと思います。(心臓疾患・過呼吸等ある方には、お勧めできません)
こちらです。

今現在、毛皮で作られた製品を持っている方は、それを大切にしてほしいと思います。
「こんなやり方で作られたものなんか、いらない!」…では、それこそ死んでいった動物たちが浮かばれない気がします。
私も(小物ばかりですが)いくつか持っています。
今では見るたびに映像がちらつきますが、このために死んでいった動物がいること、肝に銘じて大切に使わせていただこうと思います。
そして今後は一切、ファー製品は買わないと思います。





more...

最近のトラックバック

C-PREVIEW

Powered by FCafe

ブログ内検索

RSSフィード

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
★★お願いします★★
ペットショップ廃業に伴い保護されていた犬猫たちもボランティアさんの尽力で病院で治療を受け、引き取り先が見つかり、残るは2匹ということですが、その後も色んな不幸な動物たちを保護して活動されています。 単に「好きだから」では出来ないことだと思っています。 良かったら応援してあげてください。 http://ameblo.jp/inunekodaisuki/ それから、これも…
同盟バナー猫ミニ動
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ONE Click 募金
ワンクリックであなたも募金が出来る!(厳密にはTWO Click←笑)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
☆☆ お知らせ ☆☆
当ブログでは、コメント欄への本文と関係のない文・広告等を禁止しております。アダルトサイトへのURLと思しきものが記載されているコメントやトラックバックは、見つけ次第当方にて削除致します。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
左サイドにワンクリック募金を設置しています。良かったらご協力ください★★★★★下の方でブログペットのyukiが、遊んでほしがっています。お時間があったら相手してやってください。覚えた言葉を披露するのが好きなようです。たまに俳句をひねります(笑)★★★★★もう一つブログをやっています。(リンクの中のspring outです)通常の記事は物語。メンバーになると限定記事が読めます。限定記事は主に………ウヒャヒャヒャヒャ(*⌒ヮ⌒*)ゞ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


プロフィール

celesty

Author:celesty
精神年齢5才と17才と35才を駆使して生きてる半端者です。

うっき~☆おみくじ
『おみくじを引く』をクリックしてください。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミュ~&マオは今いくつ?
ミューの誕生日は2008年9月17日♡マオの誕生日は2009年5月17日
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキング

人気blogランキングへbanner_02.gif

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。