スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 蝶々バラバラ事件

2007-08-25

私がうんと小さかった時の印象的な出来事を書きたいと思います。

姉が幼稚園ぐらい…だとしたら私が3つか4つ。もしかしたら5つだったかも知れない。まだ走る足元が十分しっかりしていない頃のことです。
近所の住宅地の中には小さな公園が点在していました。
子供の頃は十分広い野原のように感じましたが、中学に上がる頃にはその公園は家一軒分ぐらいの広さしかなかったと記憶しています。
他にも本当は公園ではなく家を建てる予定の空き地とかも記憶の中では道に区切られた野原という感じで残っていました。
そんな中を姉を先頭に近所の子供たちが走っていました。
私は一番後ろから、みんなを追いかけていましたが、草に足をとられて前のめりにコケてしまいました。
そのとたんに左手にヌルッとした感触。
自分の手を見て、自分が蝶々を持って走っていたことを思い出しました。
蝶々は私の手の中で握りつぶされていました。
気持ち悪くて、とっさに傍に生えている草に蝶々の残骸をふき取り、すぐにみんなの方へ走って行こうとしたら…なぜか私の足が勝手に止まり、勝手にまわれ右をしました。実際には左だったかも知れません。ただ体が勝手に自分が行こうとしてる方向とは別の方へクルリと向き直ったのです。

私の体が向いた方向には公園に隣接する家の塀が見え、塀の手前に生えている何本かの木が、葉を穏やかな風に揺らせながら立っている。
そして草や花が風に揺れている。
春か初夏の眩しい日差しの中の野原のいつもの光景でした。
でも、私は自分から少し離れた所に誰かが立って、自分をじっと見つめているのを感じました。

その人は姿は見えない。
でも私が暗い押入れの中に隠れても、その押入れの中の小さな箱の中で、たとえ息をひそめても…その人からは丸見えで、こうして心の中で思うことも、その人から隠すことはできないのだ…と思いました。
そう思ったとたんフワッと体が自由になり、私はあわててみんなの方へ走って行きました。心の中ではなぜか『神さま、ごめんなさい!蝶々さん、ごめんなさい!』とつぶやいていました。

そしてみんなの所へ追いついたとき、近所の子の一人が意地悪そうに言いました。「あんた、蝶々つぶしたやろ!」
私はドギマギしながら「つぶしてへんよ!」と語気強く言いました。
その子は私の語気の強さにびっくりしてそれ以上追及はしてきませんでした。
そのときまた『こうして、こういう人(姿の見える人)には嘘も通るけど、さっきの人(姿の見えない人)には通用しないんだ…』と思いました。

その時の姿の見えない人から流れてくるというか、感じたものは、厳しさと包み込むような温かさ。
それは不思議な感じでした。相反するものが同時に伝わってきていたのでした。
rapis.jpg
その後しばらくの間、嘘をつけなくなったのは言うまでもありません

虹の写真は徒然主婦日記のラピスさんからいただきました。
この話にピッタリな写真がないなと思っていた時、ラピスさんのブログでこれを見て『これしかない!』と思いました。とてもきれいで、めずらしい形の虹です。



banner_02.gif面白いなと思ったらぽちっとお願いします
f_03.gifもちろんこちらも

more...

スポンサーサイト

 野菜の名前が湧いてくる☆

2007-08-26

これもまた子供の頃の話です。
子供でも子供なりに悩み事や問題にぶち当たって、心が追い詰められたりするんですよね。最近はいじめ問題が社会問題として認知されていますから『当たり前じゃん』と思われると思いますが、私の子供の頃の大人は子供が悩むなんて知らなかったんじゃないかしら…と思ったりします。
確かに大人の目から見れば子供の悩んでいる問題は、すぐに解決できてしまうような問題ではあるんですけどね。
言わば小学1年生が17+15を解けなくて悩んでいるのを大学生が見て(簡単なのに…)と、思ったりするのに似ているでしょう。(今はそんな人いないか)

もう何でそんなに追い詰められていたのかは覚えていません。
ただ追い詰められて『もうダメだー!おしまいだー!』と、人生や何もかもが終わってしまうような追い詰められた、張りつめた気分に陥って苦しくてたまらない気持ちは覚えているんです。
そんなときです。

か~ぼちゃ、なすび~、トマト、きゅうり、れんこん………


勝手に心の中に湧いてくるんですよ。野菜の名前が…
切羽詰って、まったく余裕のない心の中に…
でも、それに一瞬気を取られて自分でクスッと笑ってしまう。
そしたら(ああ、まだ笑えるから大丈夫だ…)と思って、なんとか苦しさに耐えられたのです。

これは小学1年生ぐらいから時々ありました。
なぜ野菜の名前なのかナゾですが、語感が確かに面白いんですよね。
先頭が必ず『かぼちゃ』でした(笑)
小さいうちは、勝手にどこからか湧いてきたのですが、小学5~6年ぐらいになると、気持ちが追い詰められたときに自分で心の中で『か~ぼちゃ、なすび…』とやってみて、それが出来るなら私はまだ大丈夫だと考えたりしたのでした。
そうする余裕もなくなったら、きっとその時こそオシマイに違いないと…。

子供の時はごく普通のことして、別段疑問にも思わず通り過ぎてきましたが、30も過ぎてから「ちょっと待て!」と思ったのでした。
もう守護霊の存在はわかっていましたから、あれってもしかして追い詰められて汲々としていた私を誰かがあやしてくれていたみたいだな…と思ったのでした。
私は他にもアレレ?と思うことがいくつかあるので、守護霊を思わずにはいられませんでした。

そう思うようになってから、実はみんなこんなちょっとした経験があって、しかしあまりにもさりげなく通り過ぎてしまうので気づかないだけかも知れない…と思うようになりました。


P1000430_20070826174017.jpg
いや、一応この子たちも野菜の名前(パセリ、セロリ)だし…



banner_02.gif
面白いなと思ったらぽちっとお願いします
f_03.gif
こちらもヨロシク♪

more...

 自分の中の他人・1

2007-09-17

あなたは自分の中に別人の存在を感じたことはあるでしょうか?
私は時々あります。
それは不思議なことなんだろうか…と思います。
みんな、気づかないだけではないだろうか…と思います。

これは多重人格とかの話ではありません。
今はだいたいの予想はついていますが、それを言うと変な人になってしまうかな…と思います。
でも、ひょっとしたら、同じような経験のある人もいるだろうと思うのです。
信じられない人もいるとは思いますが、お付き合いください

more...

 夢枕

2007-12-03

はい、久々に『プチ不思議の部屋』です。
今回はオカルト体験話ですが、怖い話ではありません。

l1.jpg

今回もNight Seaの海月さんから画像を借りてきました。(この画像は海月さんが運営されてるHPから拝借させて頂きました)
特に桜とは関係のない話なのですが、海月さんの夜桜の写真を拝見した時、この静けさと優しさは、あの時私が感じたものに通じる気がしました。
その感じをうまく文章で書ける自信がなくて、ちゃんと伝わるか心配ですが…。

more...

 本に話しかけられた話

2008-01-26

久々にプチ不思議話です。
シャイドリーマーさんのブログで、ある本のタイトルを目にし『ああ、この話も紹介するつもりでいたんだ!』と思い出しました?

本当のところは本ではなく自分の守護霊なのかな…と思ったり、よくは分からないのですが、ちょっと面白いし、ちょっと不思議…と思うのです。


オカルトや科学で説明できない話が嫌いな方はスルーしてくださいね

more...

 自分の口が勝手に喋ったことありますか?(前編)

2008-03-10

え~、久々に「プチ不思議の部屋」です。
例によってオカルト話・非現実的な話が苦手な方は、ご遠慮くださいね。

今回の話に進む前にカミングアウトしてしまいますが、私はバツイチなのです。(何でこんな言い方するのかと思ったこともありましたが、のど元過ぎると、一言でおおまかな説明ができる便利な言葉だなと思います・笑)
その辺のところから書いていかないと、状況がわかりにくいかな?と思いますので白状することにしました(爆)

メインの話は後半になりますが、前編にも若干のプチ不思議は出てきます。

more...

 自分の口が勝手に喋ったことありますか?(後編)

2008-03-10

今回は下書きしていましたので早いですよ(笑)

今回はプチ不思議の方向から書きましたが、また別な時に別な方向から、この頃のことを書きたいなと思っているんです。
メッセージというほどのものを書けるとは思っていませんが、あの頃の悩みや迷い、戸惑いといったもの、そこからどうやって抜け出したか、誰かの参考にはなるかも知れないと考えます。
そのうち新しいカテゴリーを立てて、また更に重たい話など書くだろうと思います。

今回は『プチ不思議の部屋』ですので、不思議に焦点を当てた文章です。
他の余分なものは排除してしまっているので、読む方も『不思議』部分に意識が集中してしまうかもしれませんが、これを書こうと思った意図は『あなたが気付かないだけかもしれませんよ』というところにあります。

ですので、オカルト話・非現実的な話は苦手だという方はご遠慮くださいね。

more...

 う~ん…

2008-03-22

昨日の銀四郎さんにコメントを頂いて、一応の返事を書いたもののスッキリしません。
なぜかというと、まるで自分に霊体験があったから信じたって感じな内容になってしまったからです
もちろん、信じた理由はそれではありません。
教えの素晴らしさ……に尽きます。
多分、この教えにたどり着くまでのアプローチとしては、私にとっては霊体験が必要だったのだと思っています。
私自身かなり疑い深い人間というか、自分で確かめたこと以外信じない傾向があります。(なかなか頑固です)
特に、私自身が昔は宗教に懐疑的であったということも、こういうアプローチになった理由ではないかなと考えています。
きっと目の前に自分の探していたものが出てきても気がつかず、通り過ぎてしまったと思うのです。

やはり本当に素晴らしい教えでも、ほんの数冊本を読んだだけでは、その真価というのはなかなかわからないものです。
自分の心に響くものがあったとしても、ただの感動だけで終わったかも知れません。
だから実のところ、この教えの本との巡り合わせもプチ不思議がらみがったりします(笑)
以前この『本に話しかけられた話の』中で「中身を確かめもせずに決めつけるのは失礼だ」と思ったというか、守護霊の言葉だったのか、あるいはその本の主張だったのか私の中ではハッキリしませんが、その本を持って帰ってからの事は また今度書く としながら書いてませんでした。
あの時は(続き書くのは限りなくヤバい!)と思っていました(爆)

何しろ『プチ不思議』を書くかどうかも相当迷ったのです。
ヘンな人と思われて誰も来なくなるのではないかと、大変ビビッておりました。
…で、霊現象だけに異様に関心を寄せる人ばかり集まるのではないかと、そっちも心配でした。
でも他方でごくさりげなくスピリチュアルな内容を書くブログの管理者さんもいまして、相談してみたり(笑)。。。。。その方に勇気をもらって書き始めたのが『プチ不思議の部屋』です。

。。。。。ということで、今回はあの続きを書くことにします。
によって、オカルト・非現実な話が苦手な方はご遠慮ください(笑)

more...

 憑依現象について

2009-02-08

前々回に憑依現象はあると書いてしまったので、これもあのまま放っておくのは無責任かも知れないなと思いました。
自分に分かる範囲でしか書けないので、しかも分かりやすく書くことが出来るか、自信はないのですが…。
はい、久々にオカルト解釈が全面的に入りますので、苦手な方はご遠慮ください。
しかも今回は内容がちょっとDEEPです(|||_|||)


more...

最近のトラックバック

C-PREVIEW

Powered by FCafe

ブログ内検索

RSSフィード

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
★★お願いします★★
ペットショップ廃業に伴い保護されていた犬猫たちもボランティアさんの尽力で病院で治療を受け、引き取り先が見つかり、残るは2匹ということですが、その後も色んな不幸な動物たちを保護して活動されています。 単に「好きだから」では出来ないことだと思っています。 良かったら応援してあげてください。 http://ameblo.jp/inunekodaisuki/ それから、これも…
同盟バナー猫ミニ動
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ONE Click 募金
ワンクリックであなたも募金が出来る!(厳密にはTWO Click←笑)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
☆☆ お知らせ ☆☆
当ブログでは、コメント欄への本文と関係のない文・広告等を禁止しております。アダルトサイトへのURLと思しきものが記載されているコメントやトラックバックは、見つけ次第当方にて削除致します。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
左サイドにワンクリック募金を設置しています。良かったらご協力ください★★★★★下の方でブログペットのyukiが、遊んでほしがっています。お時間があったら相手してやってください。覚えた言葉を披露するのが好きなようです。たまに俳句をひねります(笑)★★★★★もう一つブログをやっています。(リンクの中のspring outです)通常の記事は物語。メンバーになると限定記事が読めます。限定記事は主に………ウヒャヒャヒャヒャ(*⌒ヮ⌒*)ゞ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


プロフィール

celesty

Author:celesty
精神年齢5才と17才と35才を駆使して生きてる半端者です。

うっき~☆おみくじ
『おみくじを引く』をクリックしてください。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミュ~&マオは今いくつ?
ミューの誕生日は2008年9月17日♡マオの誕生日は2009年5月17日
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキング

人気blogランキングへbanner_02.gif

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。